2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンステイド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンステイド
外国語表記 Gunstaid
登場作品 蒼き流星SPTレイズナー
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 マルチフォーム
生産形態 量産機
型式番号 MF-GS-54C
全長 9.68 m
重量 10.8 t
エンジン出力 194 PU
ロケット推力 20,300 kg
アポジモーター 4基
装甲厚
胸部
110 mm
センサー感度 -51.6 dB
所属 グラドス軍
主なパイロット グラドス兵
テンプレートを表示

ガンステイドは『蒼き流星SPTレイズナー』の登場メカ

概要[編集]

物語の終盤に登場する量産型MF(ただしなぜかバックパックは装備されている)。

火力増強を目的に設計されており、外装(アーマー)に多大な砲撃システムを搭載するが、この外装を強制排除すると白兵戦もこなせる。シモーヌ・ルフラン曰く「グラドスの着せ替え人形」。

小説『刻印2000』では、レイズナーザカール以外のSPTで唯一名前が出ている(それ以外のSPTは、どれもただ「SPT」としか書かれていない)。ただし「ガンステード」と表記されている。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
原作では最終回しか出番が無かった鬱憤を晴らすかのように、中盤以降のグラドス軍のザコとして何度も登場する。今作では外装を外すことが出来ないため白兵戦が出来ず(格闘武器が無い)、射撃戦特化型の機体となっている。捕獲して自軍で運用することも可能で、射程が短い機体の多いレイズナー系の中ではそれなりに長射程の武器を有しているが、攻撃力や移動力に難があり、改造や強化パーツでの底上げをしないと辛い。
『XO』最終話ではラスボスのアラウンザーの左右に無限に出現する。パイロットのUNKNOWNは援護レベル+1、機体は三次元レーダー、高性能照準器、学習型CPをもれなく装備しており、敵フェイズ時はアラウンザーより先に行動することでアラウンザーの援護を発動させ、味方フェイズ時にはアラウンザーを何回も援護防御する嫌らしい敵。幸いアラウンザーは援護防御をしないので面倒だろうが逐次撃破しておきたい。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ナックルショット
ショルダー・ミサイル
火炎放射器
レーザード・ビーム砲
レーザード・ライフル

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

S

余談[編集]

  • その機体名とデザインは番組開始当初から発表されており、プラモデルも発売されていたのだが、アニメにはなかなか登場せず、最終回でようやく姿を見せた。そのため、雑誌『月刊OUT』では「ガンステイドは実在したのか!」とネタにされていた。