2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

エヴォリュダー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

エヴォリュダー(Evoluder)[編集]

勇者王ガオガイガーFINAL』に登場する用語。

機界新種に物質昇華されかけた獅子王凱が、浄解の果てに生まれ変わった生機融合体のこと。一見生身の体であるが、その実体は全身の隅々までGストーンと融合した肉体であり、有機と無機との結合という点では以前のサイボーグと同様であるが、嘗て機械と生身の軋轢による不調に悩まされたりすることはなく、直接ハイパーコンピューターと精神や肉体を接続したり真空の宇宙で活動したりするなど人知を超えた能力を持つ。

しかし、融合した物こそ違えどゾンダー人間ゾンダリアンと同義であり、地球人とは異なる生物になってしまったとも云える。

ノベライズでは、当初人間に戻ったと誤認し喜んだが、検査の結果これまで敵として戦ってきたゾンダリアンと自分自身が同じ生物になってしまっていたことに凱自身が驚き悩んでいた事が語られている。凱は決して悩まない人間ではないが、誰かにその苦しみをぶつけることなく自身の中で悩みと戦い昇華し、勇者として生きる道を選んだのは当人の強さである。 OVA本編においてこの苦悩は描かれていないが、主題歌の一節にその片鱗が伺える。

エヴォリュダーの命名はゾンダー人間やゾンダリアンと異なってほしいというGGGスタッフの願いの現れである。

凱以外では、ゾヌーダとして凱と共に奇跡の浄解を受けた命もセミ・エヴォリュダーとなっている。超常的な身体能力は持たないが、機界新種が取りついていた神経組織は凱以上の進化を遂げている。

関連する用語[編集]

ゾンダリアン
同じく生機融合体だが、方向性は真逆。

メモ[編集]

綴りはイバリューダーと同一。

リンク[編集]