イダテン弐型

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
イダテン弐型
外国語表記 IDATEN type-II
登場作品
デザイン 清水栄一
初登場SRW スーパーロボット大戦L
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
正式名称 イダテン弐ノ型
分類 アルマ
所属 加藤機関
パイロット 沢渡拓郎
テンプレートを表示

イダテン弐型は『鉄のラインバレル』の登場メカ

概要[編集]

イダテンの改良型。

背部に巨大な推進機を備え、さらに飛行能力を持つ。ただし、本編で飛行した事は(標的であるマキナの大半が飛ばないためか)ほとんどない。

沢渡拓郎の能力と合わせ、最前線でJUDAの脅威となった。テルミノ・クレメンティアではツバキヒメと組んで地上の防衛を担当。戦いの中で、マキナ人間と化した中島宗美の介錯にも携わった。

原作漫画版ではこの機体も通過点。デミトリー・マガロフの復讐に燃える沢渡によって黒い迅雷と交戦し、勝利するも大破。そのデータは参ノ型に受け継がれた。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
26話「それぞれの願い」で初登場。それまでと違い空を飛べるため、一気に距離を詰めて来る。参入後は素で8プラスボーナスの1を合わせて9(五段階改造でさらに+1)と「韋駄天」の名に恥じない機動性を見せ、沢渡の「加速」と合わせ、足の遅いユニットのお伴として大活躍する。
スーパーロボット大戦UX
8話「明日への道標」で初登場。空が飛べなくなってしまった。序盤は強敵なのだがずっと沢渡はこの機体で固定なので、話が進むごとに相対的に弱く感じる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

タネガシマ改
カグツチと同じ型のマシンガン。
一閃
専用の槍。長刀の様に斬る事も出来る。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
一閃で切り払い、タネガシマ改で撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体ボーナス[編集]

L
初期:照準値+5 移動力+1 運動性+5 地形適応:空A
5段階:照準値+15 移動力+2 運動性+15 地形適応:空S
10段階:照準値+25 移動力+2 運動性+25 地形適応:空S

機体BGM[編集]

「鬼帝の剣」
『L』で採用。
「Linebarrel」
『UX』で採用。

関連機体[編集]

イダテン
改良前の姿。