アルギュレ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルギュレ
外国語表記 Argyre
登場作品 アルドノア・ゼロ
初登場SRW スーパーロボット大戦DD
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 カタフラクト
頭頂高 16.5m
動力 アルドノアドライブ
所属 ヴァース帝国
パイロット ブラド
テンプレートを表示

アルギュレは『アルドノア・ゼロ』の登場メカ

概要[編集]

火星騎士のブラドの専用機。

ヴァース帝国製のカタフラクトは全てに「アルドノアドライブ」が搭載されており、本機はその固有能力でビームサーベルを発生できる。反面、ブラドの拘りからそれ以外の武装は装備されていない。このビームサーベルはその維持の為に発振器からかなりの熱量を発しており[1]、何らかの原因でビームサーベルが爆発すると機体への大ダメージはおろか、最悪破壊される危険性がある諸刃の剣でもある。

特殊な防御兵装は無いが、機体を覆う装甲は地球側カタフラクトのマシンガン程度ではびくともしない。更に機体各部に搭載されたスラスターにより、敵の懐へ瞬時に飛び込むことを可能にするほど機動力も高い。脚部は細く、他の部位と比較して装甲が薄くなっているが、これは機体バランスをわざと崩す事で機動性を向上させる狙いがある。

マシンガンの弾すら切り払うブラドの技量と相まって地球連合軍のカタフラクト部隊を一方的に追い詰めるが、界塚伊奈帆達との初戦ではガントリークレーンを利用した策によって頭部を損傷し、また連合軍の揚陸艦「わだつみ」が救援に来たことで撤退する。次戦では頭部を予備の物に換装し、二刀流で出撃。わだつみの甲板上での戦闘となったが、伊奈帆の策に翻弄されて海中に落下させられた結果、出力を上げていた自身のビームサーベルの膨大な熱量によって水蒸気爆発が発生。パイロットも巻きこんで爆散した。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦DD
初登場作品。序章ワールド5より登場するエネミーユニット。攻撃防御タイプ。
本作の初戦では「高熱エネルギーに超高熱エネルギーをぶつけて熱伝導でオーバーロードさせる」という伊奈帆の策により、グレンダイザーのスペースサンダーを受けたことで機体の撃墜には至らなかったものの、腕とビームサーベルがオーバーロードしたために撤退した。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ビームサーベル
本機の固有能力。発振器を二基装備する。斬撃以外にも、マシンガンの弾を切り払うなど防御にも使われており、その際はコンピュータ制御ではなくブラドの技量のみで迫り来る弾丸を全て切り払っている[2]。なお、機体からのエネルギー供給式では無いようで、艦のブリッジに投擲したこともあるが刀身は消えること無く突き刺さっていた。
『DD』では斬撃属性の通常攻撃として採用。左手のサーベルで切り抜ける。

必殺技[編集]

ダブルビームサーベル
ビームサーベル二刀流で連続攻撃を行う。原作第5話で披露。
『DD』では必殺技で斬撃属性。

サイズ[編集]

M

脚注[編集]

  1. AP弾を切り払った際にライデンフロスト現象(ざっと説明すると熱量が高過ぎて蒸発が追いつかない現象。本当にざっとなので詳細は外部ページで)を発生させ、弾丸の弾道が逸れる程。
  2. I-IV Twitter