EI-11

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
EI-11
登場作品 勇者王ガオガイガー
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ゾンダーロボ
装甲材質 ゾンダーメタル
開発者 ペンチノン
所属 ゾンダー
融合者 艇長に選ばれなかった船員
テンプレートを表示

EI-11は『勇者王ガオガイガー』の登場メカ。

概要[編集]

第10話「光届かぬ世界」に登場。

新型の深海潜航艇「りゅうぐう9000」の艇長に選ばれなかった潜水艇船長の兵頭がペンチノンの手によりゾンダー化し、りゅうぐう9000と融合して誕生したゾンダーロボ天海護初野華を艦内に乗せたままマリアナ海溝を目指し、途中で自衛隊の潜水艦も取り込んでさらに巨大化し、魚雷による攻撃能力を得た。

絶対圧1001気圧の水圧がかかる10000mの深海という条件で救出作戦を行うために、ガオガイガーはディバイディングドライバーの空間湾曲のためのエネルギーを用いて潜水を行い、EI-11はヘル・アンド・ヘヴンで撃破される。直後に、ディバイディングドライバーのエネルギーが尽きてしまうも、護の底力で辛うじて、圧壊を免れ、ガオガイガーたちは超竜神に引き上げられた。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
ザコ敵として登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

魚雷
クロー

特殊能力[編集]

ゾンダーバリア
HP回復
EN回復

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M