ヴァルケ・シュルツ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァルケ・シュルツ
外国語表記 Valke Shultz
登場作品 宇宙戦艦ヤマト2199
声優 島香裕
デザイン 結城信輝
初登場SRW スーパーロボット大戦V
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ザルツ人
性別
所属 大ガミラス帝星
役職 冥王星前線基地司令官
軍階級 大佐
テンプレートを表示

ヴァルケ・シュルツは『宇宙戦艦ヤマト2199』の登場人物。

概要[編集]

大ガミラス帝星の軍人で、二等臣民(ザルツ人)。冥王星前線基地の司令官。

地球に遊星爆弾を落としていた張本人。ヤマトが抜錨する前からその存在と危険性を認知しており、出航する前に撃沈するため惑星間弾道弾を発射したり、木星ラーレタに命じて撃沈させようとするなどの知略を見せる。

当初こそヤマトが何をするのか見極めようとしていたが、ラーレタが浮遊大陸ごと蒸発し、ヤマトが冥王星に向かっていることを察知して迎撃を決定。遊星爆弾の発射に使用していた反射衛星砲を攻撃に転用し、一度はヤマトを冥王星の海中に沈めることに成功する。しかし、この撃沈は沖田艦長の作戦であり、沈む前に発進させていた航空隊によって基地を発見された上に反射衛星砲を破壊され、基地の戦力もほとんどを失ってしまう。

後がなくなったシュルツはデスラー総統の命により、エネルギーを食って増殖するガス生命体を封じた「デスラー魚雷」を使ってヤマトを襲撃し、近くにあった恒星に追い込むことに成功する。だが、今度は恒星の莫大なエネルギーでガス生命体を焼き尽くされ、プロミネンスを波動砲で撃ち抜くという奇策の前に取り逃がしてしまい、自身は艦と共にプロミネンスに呑まれて戦死した。

妻子のためにガミラスでのザルツ人の地位を上げようと必死になっており、手柄を横取りされないために上官であるゲールを通さず直接デスラーにヤマト撃沈の報告をしたことで進退窮まってしまったと同時に、デスラーがヤマトに興味を持つ切っ掛けを作った。

なお、最後の戦いでは彼を含む戦死者全員がデスラーから二階級特進を申し渡され、遺族には名誉ガミラス臣民の権利が与えられた。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。原作通りの役回り。本編では第6話・第7話のみしか戦闘機会がないが、ボーナスシナリオ「激戦のバトルフィールド」にて再登場。担当声優の島香裕氏は『GC』以来、13年ぶりの新録。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

V
根性必中努力突撃鉄壁、????
ザルツ人の地位を向上させる為に苦労してきたシュルツらしいラインナップである。4つ目の突撃は、旧作でヤマトに特攻した事がネタになっている模様。5つ目はボーナスシナリオ「激戦のバトルフィールド」にて参照可能。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

V
指揮官L3、底力L3、援護攻撃L2、ガードL2、、気力+(DEF)

固有エースボーナス[編集]

マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
V』で採用。

人間関係[編集]

大ガミラス帝星[編集]

ライザ・シュルツ
妻。SRW未登場。
ヒルデ・シュルツ
愛娘。溺愛していたらしく、最後の作戦の前にも、彼女から送られてきたビデオレターを見ていた。
ゲルフ・ガンツ
副官。
ヴォル・ヤレトラー
作戦参謀。彼が殿を務めたことで無事脱出するが…。
サレルヤ・ラーレタ
木星浮遊大陸基地を預けている部下。
エルク・ドメル
尊敬する元上官。
グレムト・ゲール
上官。二等臣民を見下す彼を嫌っている。
アベルト・デスラー
ガミラスの永世総統。彼の作戦で死地に赴いた。

ヤマトのクルー[編集]

沖田十三
彼の作戦を見抜けず、敗北。

名台詞[編集]

「いや、様子を見る」
「太陽系すら出ることをままならぬ劣等種族が、たった一隻で何を企むのか…それを見極めるのだ」
第3話「木星圏脱出」より。惑星間弾道弾すら迎撃してみせたヤマトの目的を見定めようとする。
「何も分かっておらん…」
第4話「氷原の墓標」より。ゲールとの通信を終え、その楽観主義さに呆れて吐き捨てた。
「問題はこれだ。どうしたらこんな事が出来る…? 何を使ったら、こんな真似が出来るのだ」
そして、波動砲で蒸発した木星浮遊大陸のあった場所を見ながら疑問に思う。
「発想の転換だよ。戦場では常に臨機応変さが求められるのだ」
第5話「死角なき罠」より。反射衛星砲を武器に転用することで、尊敬する上官から教わった戦い方を実践してみせる。
「そんな…馬鹿な…」
第6話「冥王の落日」より。反射衛星砲を破壊され、愕然とする。
「総統は我らに、戦って死ねと仰せられた…。すまない、ヒルデ」
「まさか…本当か!?」
第8話「星に願いを」より。最後の戦いを前に、愛娘からのビデオレターを見ながら。観念したような表情で呟くが、直後、支援物資(デスラー魚雷)が届いたことで表情を輝かせる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「我らの前に勇士は無く、我らの後に勇士は無し」
戦闘時の台詞。元ネタは旧作でヤマトに特攻する直前に部下達に感謝の言葉を伝える演説を行ったときのもので、部下思いのシュルツを象徴する台詞である。

搭乗機体[編集]

シュバリエル
座乗艦。