ラヴバレル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ラヴバレル
外国語表記 ROVEBARREL
登場作品 鉄のラインバレル (原作漫画版)
初登場SRW スーパーロボット大戦Card Chronicle
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 マキナ/自律機械
頭頂高 18.62 m
全高 19.2 m
重量 39.5 t
エネルギー 不明
装甲材質 ニューロカーボン・ナノセラミック/不明
意匠 右四つ巴(加藤機関加入後に本人の希望で頭部に意匠を入れた)
開発 ヒトマキナ
所属 ヒトマキナ → 加藤機関
パイロット 大場真来梓
テンプレートを表示

ラヴバレルは『鉄のラインバレル』の登場メカ

概要[編集]

ヒトマキナである大場真来梓の操るマキナ

当初は加藤はラヴバレルを「存在が許されない13番目のマキナ」とも称しているが、実際は真来梓はこれを「戦闘用外骨格」と称しており、事実彼女を電脳とするため電脳を搭載していない。これは図らずも、真のファクター=電脳である現在のラインバレル早瀬浩一の関係と同様。そのためラヴバレルそのものは「マキナを模した戦闘マシン」とでも言うべき存在である。機体名称にバレルの文字があるが、城崎天児が作成した一連のバレルシリーズ(ラインバレル・ロストバレルヴァーダント等)とは異なり純然たるヒトマキナによって作られた機体である。

打撃武器として使用可能な尾部を持つ他、掌にビームの転送装置を持つ。基本構造はヒトマキナ乙型に準じているが、一方で天児の設計した「バレルシリーズ」のヒトマキナによる模倣の側面も見られる。

なお、顔面部は実はマスクであり、デウス以外では唯一人型の顔が存在する。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
初登場作品。イベント「聖バレンタインの騒乱」におけるランキング上位報酬として登場した。
スーパーロボット大戦X-Ω
2019年7月のイベント「希望が導いた想像」期間限定ユニット。大器型SSRブラスター。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ボウスタビライザー
高出力のビーム使用時に展開させるスタビライザー。通常は高速移動時の機体制御用スタビライザーとして使うほか、転送システムの補助を担っている。
『X-Ω』では通常攻撃として使用。
アルティメットDEATHビーム
掌の転送装置から高出力のビームを放つ。発振器がどこにあるかは不明。射出時にはボウスタビライザーを展開する。なお、この名称は「キバイダー」から拝借している。
『CC』『X-Ω』では必殺スキルとして採用。

関連機体[編集]

ロストバレル
「バレルシリーズ」のプロトタイプであり、全てのマキナの祖とも言える機体。
ラインバレル
「バレルシリーズ」の試作型。
ヴァーダント
「バレルシリーズ」の量産型。
ヒトマキナ乙型
天児の進めていた次世代量産型マキナと同様の設計を持ち、恐らくはラヴバレルの素体と思われる。