グレちゃん

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレちゃん
登場作品 ロボットガールズZ
声優 水瀬いのり
モチーフ グレートマジンガー
デザイン 川上哲也
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
性別
誕生日 9月8日
所属 光子力研究所
ロボットガールズ チームZ→チームZ EX
役職 キャンペーンガール
テンプレートを表示

グレちゃんは『ロボットガールズZ』の登場人物。

概要[編集]

「ロボットガールズ チームZ」の一人。グレートマジンガーの擬人化キャラクター。

チームの中では最年少であり、口数が少なくて皮肉屋な性格。一人称は「ボク」。常にゲーム機を片手にしており、Zちゃんには「ゲームのプロ」とも呼ばれている。本来は引きこもりがちで、ロボットガールズのスーパーヒロイン然とした活動には羞恥心と面倒臭さを感じているが、敵に対しては容赦が無い。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2017年8月のイベント「集結!ロボットガールズ」にて期間限定参戦。
SSRシューター。大器型(◇付)も入手できた。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

グレートブーメラン
胸部放熱板を外して投げ付ける。
『X-Ω』では通常攻撃として採用。
マジンガーブレード
サンダーブレーク
雷撃を発射する。
『X-Ω』では必殺スキルとして採用。
グレートタイフーン

特殊装備[編集]

スクランブルダッシュ
背中に内蔵した翼。原作通り背中が弱い。
グレートブースター
Zちゃんとグレンダさんの追加装備で予算を使い果たしたため、本作ではジェットスクランダーの改造品。
背中に装着される原典とは異なり、スーツのデザイン自体が大幅に変化する強化形態のような扱い。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

X-Ω
不屈加速熱血

人間関係[編集]

Zちゃん
チームZのメンバー。彼女の体育会系の暑苦しいノリに辟易しつつも密かな想いを寄せており、ミネルバXに対して激しく嫉妬しているほか、ベルガスV5の歌で正気を失った際には押し倒していかがわしい行為に及んでいる。
グレンダさん
チームZのメンバー。
ミネルバX
Zちゃんを巡り互いに敵視している。

他作品との人間関係[編集]

剣鉄也
元ネタの一人。『X-Ω』では彼と入れ替わる形で『マジンガーZ』の世界に召喚される。
ニヒルな物言いや兜甲児への愛憎入り混じった感情、お菓子が好きな点等がグレちゃんの性格のモチーフとなっている。
炎ジュン
元ネタの一人。グレちゃんの髪型はジュンがモチーフ。ただし低身長・青白い肌・貧乳とヘアスタイル以外の容姿はほぼ正反対。

名台詞[編集]

「ボクは涙を流さない。容赦はないから、無慈悲だから。ファイヤー・オン」
変身時の口上。「涙を流さない」の意味が真逆になっている。彼女に燃える友情がわかるかどうかは定かではない。

迷台詞[編集]

「誰に雇われてると思ってる、無駄口叩かず時給分研究所のため働け、バーカバーカ」
「って弓先生が言ってた」
初登場時の台詞。仕事内容に悪態をつくZちゃんに辛辣な言葉を浴びせ、あろう事かその場にいない弓先生になすり付ける。
「大人パンツ…ごくり」
あしゅら男爵の性別を確認すべく、何の躊躇もなく彼女のスカートを捲りあげる。
「ボク、Zちゃんにパイルダーオンしたい…!」
地下帝国の陰謀でZちゃんと共に洗脳された際の台詞。この後場面転換したが、再びスポットが当たった際はZちゃんとレズセックスに興じていた。