ガル・ディッツ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガル・ディッツ
外国語表記 Gull Deitz
登場作品 宇宙戦艦ヤマト2199
声優 堀勝之祐
デザイン 結城信輝
初登場SRW スーパーロボット大戦V
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ガミラス人
性別
年齢 55歳相当
髪型 オールバック
所属 大ガミラス帝星
役職 航宙艦隊総司令官
テンプレートを表示

ガル・ディッツは『宇宙戦艦ヤマト2199』の登場人物。

概要[編集]

大ガミラス帝星の航宙艦隊総司令官。メルダ・ディッツの父。

右目に大きな傷跡があり、モミアゲと口髭が一体化している。髪型はオールバック。

艦隊運営の最高責任者で、艦隊運用の指揮権によって軍に指示を出している。正確には、外洋作戦に投入される外洋艦隊の最高責任者であり、ドメル将軍の第6空間機甲師団やフラーケンの次元潜航艦UX-01等がその一例である。ただし、ヘルム・ゼーリックの内惑星守備艦隊、ハイドム・ギムレー指揮下の航宙親衛艦隊などはディッツの指揮外にある。

ガミラスの中では良識的な人物で、帝国の版図拡大に積極的なゼーリックや、傍若無人な親衛隊を統括するギムレーとは折り合いが悪く、互いに反感を抱いている。

ドメル将軍やヴェルテ・タランとは良好な関係にあり、娘のメルダに手を焼いている事をタランに揶揄われる面もある。

物語中盤、総統暗殺(未遂)事件が発生した際にドメルと共に首謀者の嫌疑をかけられ、惑星レプタポーダへ収容される。事件収束後も収容され続け、暴動の発生と共に現れたメルダの導きで脱獄。そのまま反政府勢力の指揮を執ることとなる。

デスラー失脚後は残存艦隊に招集命令を出したが、総統派の艦隊が従わない事を先読みしており、UX-01を差し向けていた。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。原作通りの役回り。

人間関係[編集]

アベルト・デスラー
総統。小説版の設定では、デスラーがディッツの軍人としての実績と能力が高く評価して自分の陣営に招き入れたとされており、そこからガミラス統一に貢献して艦隊運営の最高責任者になったという。
メルダ・ディッツ
娘。猛将と呼ばれるディッツも年頃の娘には手を焼いている。
ヘルム・ゼーリックハイドム・ギムレー
彼等とは折り合いが悪い。ゼーリックのことは「揉み上げゼーリック」と呼び、ギムレーを筆頭とする親衛隊の傍若無人ぶりには怒りを見せている。
グレムト・ゲール
彼のことは「ゼーリックの腰巾着」と呼んで忌避している。
エルク・ドメルヴェルテ・タラン
彼等とは良好な関係にある。
ヴォルフ・フラーケン
部下。

余談[編集]

名前の由来は、ナチス最高幹部にして、ドイツ国最後の大統領を務めた「カール・デーニッツ」。