ATフライ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ATフライ
登場作品

ボトムズシリーズ

分類 中型ヘリコプター
型式番号 TH-32-AT
所属 ギルガメス連合軍
主なパイロット バニラ・バートラー
テンプレートを表示

概要[編集]

AT空輸用に使用する中型ヘリ。

ATの肩のフックをワイヤーの爪に引っかけるものと、磁力式のものがある。また単座だけでなく複座のものもある。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
第5章から使用可能になる。キリコスコープドッグRSC及びル・シャッコベルゼルガWPとグループ編成されており、TVシリーズのクメン編を意識した構成といえる(尤も本作ではクメン編以降の再現はないのだが)。
高い移動力を生かして、修理・補給役に回すか、グループ時に高速で移動したいときに使うのが主目的。
ヘリだけに回避値は高いものの、HPはAT並、防御値に至ってはAT以下なので、一発被弾するだけでも非常に危険。HPを補強し、キリコやル・シャッコの精神コマンドでリスクを減らすようサポートしておきたい。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

マシンガン
ヒット&アウェイ」「エスケープ」特性付。
修理
OE』では特殊能力ではなく武器として採用。武器改造度に応じて回復量増加。基本値が2000、最大でHP4000回復になる。
補給
『OE』では特殊能力ではなく武器として採用。武器改造度に応じて回復量増加。基本値が50、最大でEN150回復になる。

特殊能力[編集]

グループ (GR)
スコープドッグRSCベルゼルガWPとグループ出撃可能。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

SSまたは1

機体BGM[編集]

「炎のさだめ」
OP曲。基本の戦闘BGM