辞世の句

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

辞世の句(Phrase Of Last Words)[編集]

一種の風習。自分の死の前にし、生前の世界への別れとして「言葉」を言い残すことを指す。日本においては平安時代から「和歌」として残して残すことが多いため、著有名人の句は歴史に残りやすい。

なお、ノンフィクションにおける扱いでもキャラクターの死の直前に台詞を喋ることがあり、そのセリフの中には自分が想う「何か」を伝えるため、非常に説得力がある。なお、逆の意味合いに「断末魔」もあるが、これは唐突に死を迎えた人物の最期のセリフであり、抽象的な言葉でしか喋らない。

なお、スパロボでは数多いキャラクターが死の直前に喋るセリフが、「辞世の句」なのか、「断末魔」なのか、或いは「何かの意思表示」かで分かれる。説得力は十二分にあるが、その捉え方は人それぞれの価値観なのは言うまでもない。

資料リンク[編集]