リンカージェル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

リンカージェル(Linker-gel)とは、『ベターマン』に登場した物質。

1990年代に発見されたピンクのジェル状物質であり、調査の結果「シムゾニア」と呼ばれる古細菌がジェル化したものであるという事が分かっている。他の生命体と接触した際にエネルギーを生み出す性質を持ち、この事から新種の埋蔵生物資源として注目を集めた。

ニューロノイドの動力源として使用できる事から、少量でかなり膨大なエネルギーを生み出す事が可能であると思われ、しかも透析する事によって再利用ができる。また、同用法から、エネルギーを放出する際に何らかの化学反応を起こし、不純物を生成する事が分かる。

古代から「生命の源」として扱われてきたものであるらしく、太古の人々はこれから「知識」を得ていたとされている。実際に膨大な情報が蓄積されている事は確かな様であるが、それを利用しようとした人間の驕りが惨事を招く事となる…

関連する用語[編集]

ダイブインスペクション
本物質を利用し、不老の肉体を構成しようとした取組。
モーディワープ
地下に採掘場と保管庫がある。
ニューロノイド
本物質を動力源としたマシン。
カンケル
成果。

関連する人物[編集]

ロリエ・ノワール
リンカージェル研究の第一人者。既に死去しているが、後続に与えた影響は大きい。