ネタバレ/第3次Z天獄篇

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

公式公開情報[編集]









































































































































































































参戦作品[編集]

  • 新規および復帰参戦組の扱いはどんな感じ?

復帰組は基本的に主役級の機体のみが参加します。アクエリオンは長くソーラーのままだったため、マーズ、ルナへの変形不可でパイロットもアポロ、シリウス、シルヴィアで固定。フリーデンクルーやハリー、神ファミリーは登場こそするもののNPCです。敵勢力に関しては、メガノイドは第3次αにおけるバラオのように天獄篇本編開始前に万丈が倒していたことになっており、PVで登場したバンドックはZのものとは別個体で、ガバール星を制圧していたという設定です。Zでリベンジを匂わせていたフロスト兄弟が久々に登場しますが、敵ではなく、最終盤でZ-BLUEが留守にしている地球を御使いの勢力から守るべく戦う者達の一員という立場です(ただしNPC)。

  • 既存参戦組の扱いはどんな感じ?

ヱヴァ組は破の終盤再現の後別世界に飛ばされ、Qのシナリオが展開されていたことになっており、原作終盤の段階に来たところで第3次Zの世界に戻って来るという経緯で加入するため、事前告知された通りのいるだけ参戦です。インパルス(ルナマリア)とZ以来の登場となるレジェンド(レイ)はデスティニーの、インフィニットジャスティス(アスラン)はストライクフリーダムの、オーガスⅡ(オルソン)はオーガスの武装演出での登場に留まっています(第2次Zのリック・ディアスやカプルと同じ疑似合体攻撃要員)。なお、今回リストラされた作品の面々は翠の地球の中央大陸南部におり、レジスタンスとして戦っているという設定です。獣戦機隊は「獣の血」を目覚めさせる先導者の役割であり、チームDの覚醒で役目が終わったため別の世界に飛び、そこで戦っているようです。

  • フルメタ小説版の再現はどんな感じ?

次元力を絡ませる形でストーリーに組み込まれ、カットされた部分も多いものの、大半が再現されます。主要シーンはアニメ風に書き降ろしたイベント用顔グラが用意され、DVEつきの豪華仕様となっています。原作再現は分岐ルートで行われ、終盤に差し掛かる辺りで完全決着となります。最終話「ずっと、スタンド・バイ・ミー」の部分は共通ルートとなります。全体的に原作と異なる結末を迎えるキャラクターが多く、原作とは違い死亡するキャラが少ない、ウィスパードの呪いは解け、宗介がどうやってか学生に復帰するなど、原作とは違いハッピーエンド寄りのストーリーに改変されています。

  • トップをねらえ2!、ガルガンティアの再現については?

ほぼ完全再現で、トップ2についてはノリコ達との関係性もそのままです。ガルガンティアも完全再現ですが、ストライカーとの決着はマクロスFに組み込まれました。また、ガルガンティア世界については残されの海にあったヒディアーズの巣からチェインバーが真相のデータをサルベージし、それによって原作同様ヒディアーズが宇宙に適応しようとした人間の成れの果てであったことと、ガルガンティア世界が「シャアがアクシズを落とした」UCWの未来であったこと、ヒディアーズとなったイボルバー達がクロノ改革派に賛同する勢力であったことが判明しました。ヒカリムシは∀ガンダムの月光蝶に使用されているナノマシンの源流という設定になっています。

  • マリーダの「プロト・プル・トゥエルブ」については?

一年戦争以前、ジオン共和国が兵力増強と兵員育成の問題を一挙に解決しようとして造り上げた、優秀な遺伝子から生まれた史上最初の強化人間の素体クローン「プロト・プル・シリーズ」の12号体、という設定です。開戦からの推移が早すぎたため戦場には立てませんでしたが、ニュータイプ能力を付与され、ア・バオア・クーでアムロのガンダムの戦いを見て、それを敵だと刻み付けられました。

  • フル・フロンタルの正体は?

基本的にはOVAに準じていますが、一部小説の設定が混じっています。今回のフロンタルは、UCWのジオニズム信奉の一派が、「赤い彗星」の絶対的カリスマを求めて作り上げたクローンの一人です。新世時空振動で並行世界のシャアの意識が流れ込んでいました。

オリジナル[編集]

  • オリジナルの勢力・機体・人物ってどんなものなの?

オリジナルの新規敵勢力であるサイデリアル側のスフィア・リアクターとして前作から続投の尸空のほか、以下の面々が登場します。
ヴィルダーク:「立ち上がる射手」のリアクターであり次元将の一人。素性を隠しアウストラリスを名乗って新地球皇国皇帝の座についている。
バルビエル・ザ・ニードル:「怨嗟の魔蠍」のリアクター。乗機はアン・アーレス。
エルーナルーナ・バーンストラウス:「欲深な金牛」のリアクター。戦艦プレイアデス・タウラに搭乗。
アサキムが所有している最後のスフィアはうお座で「夢見る双魚」です。サイデリアル幹部の3人は最終的にバルビエルはヴィルダークに処刑され、エルーナルーナと尸空は御使いと戦う力になるため自らスフィアを託して死亡しました。

  • ヒビキ周辺の伏線消化はどんな感じ? また「裏のスズネ」の正体は?

前作でヒビキと関係を持っていた柏葉真紀は大方の予想通りアドヴェント配下の女性隊員「コード:ホワイト」(声優はのぐちゆり氏)と同一人物です。カオス・コスモスの戦いで人格崩壊を起こし、「いがみ合う双子」の力で記憶を消され、元の世界に戻されました。裏スズネことアムブリエルはジ・エーデルの一人であり、バルビエルのスフィアにより涼音から主人格の座を奪い取り、ジェミニアを駆りヒビキと敵対しますが最終的には涼音が主人格として人格統合を果たし、復帰と共にジェミニオン・レイ(ジェニオンの第3形態)の最強技が解禁されます。さらに、そのステージではなんとガドライトが再登場。スフィアはありませんが「ラスト・デイ」同様の全開モードです。なお、時獄篇でガドライトが唐突にヒビキの母親のことを持ち出したのは、スフィアが奪われる瞬間に記憶がリンクし、ヒビキの中にあるメグミの一件を垣間見たからです。その母親についてですが、名前はメグミ・ラクナルド。超次元科学の研究者でしたが、独自に御使いの存在に気づきかけたためアドヴェントに罰され、絶望に心を呑まれてヒビキと心中しかけました。しかし、それを振り切ってヒビキを殺す前に自殺して彼を守りましたが、この件がヒビキの中に絶望として残っていました。

  • 終末予言の意味とシンカについては?

終末予言が示していたあの言葉はシンカへの道筋です。「獣の血」は「生きるための原初の闘争本能」であり、受け継がれていく「ダンクーガ」が証です。「水の交わり」は「異なる存在同士が融け合い澄んでいく」、つまり融和のことで、その名を持つ「アクエリオン」がその証です。「風の行き先」は「一所に留まらず、常に先を、上を目指し進んでいく螺旋の力」のことで、それを引き出すガンメンが証です。「火の文明」は少々複雑で、「人間が作り上げた文明とその産物たるマシンを駆り、未来へ進むために戦う行為」そのものです。中でもガンバスターやガンダムのように、「ガン」の名を持つマシンはその証であると同時に導き手であり、乗り手の道を切り拓き、シンカへと導いていきます。それはクアンタやνのみならず、∀やDXも同様です。ガンバスターはガンダムがその役目に満たなかった場合の保険として12000年前から呼ばれた存在でした。本当に簡単に言うと、「獣の血」は争うことで進化し、「水の交わり」は融和することで進化し、「風の行き先」は開拓によって進化し、「火の文明」は自ら生み出したものによって進化し、わかりあうことによってさらに進化し、「太陽の輝き」に至ります。「太陽の輝き」はシンカそのもので、高次元生命体へと昇華することを言います。劇中では「生き、出会い、旅立ち、築き、その先に見つける未来」と形容されています。シンカは「真化」と書き、すべての存在に宿る「意志」と同調し、己の肉体の「意志」を支配することで高次元生命体となることです。パイロットが肉体ではなくマシンに対してこれを行うことを「真化融合」と言います。

  • 次元力って結局何?根源的な災厄とは?バアルの正体は?

次元力は霊子を意志の力で動かすことによる事象制御のエネルギーですが、ポイントは生物のみならず物体、無機物、果ては原子にさえ意志が宿っているという点です。水素と酸素の化合で水ができるのは原子の意志であり、地球が回るのは地球の意志です。この意志、すなわち霊子を己の意志で統御・制御することがオリジン・ローの本質であり、それをできるのが「神」と呼ばれる高次元生命体です。そして、宇宙には物質の意志による「存在しようとする力」こと「生命の力」と、「消滅しようとする力」こと「死の力」があります。この「生命の力」は生きているもの全てが持っており、これが理の改変を拒む限り、次元力でも事象制御はできません。時空修復のために人々の意志を集める必要があるのはそのためです。「根源的な災厄」とは、この「生命の力」と「死の力」のぶつかり合いによる全並行宇宙の消滅であり、「生まれ変わるために死にたい」と願う宇宙の「意志」が起こしたものです。前述の理由により、宇宙に生命が満ちている限りそれは果たされないため、「生命の力」を削り取って己の事象を制御・消滅させるために宇宙が「死の力」によって生み出す「生命体の天敵」がバアルです。「御使い」はこのバアルを消滅させようとしていますが、彼らは間違った進化を歩んだと判断した銀河を次から次へ破壊する=生命の力を削っている=宇宙を死に向かわせているため、広義では彼らもバアルの一種です。

  • セツコやクロウ達歴代Zシリーズ登場人物の扱いはどんな感じ?

旧主人公は比較的序盤から参入します。味方オリジナル戦艦として「ソーラリアン」が登場し、メイン、サブパイロットのトライアとAGにもボイスが実装されました。声優はトライアが久川綾氏、AGが平川大輔氏です。旧作で味方ユニット化した事のあるツィーネ、デンゼル、トビー、マルグリットが再加入し、ソーラリアンの武装演出で出番があります。エスターは当初仮死状態であり、ソーラリアンの生体ジェネレーター的存在となっています。また、選択肢によってはガイオウの次元将としての名前が明らかになります。

  • クロノ保守派メンバーの正体は?

キングの正体はカルロスの父であるカルロス・アクシオン。クィーンは予告の時点でほぼ確定していましたが、ツィーネその人です。ちなみに改革派の方には破嵐創造博士の他にもクライン家の祖先がおり、コーディネイターは新人類の誕生を人工的に試みつつ、いずれ生まれる真の新人類を守るために生み出されたものでした。コーディネイターがナチュラルを敵視していたのは、彼らの祖先と言える改革派の敵が地球にいる保守派であったためで、プラントが戦争に動いていたのは、クライン派がその理念に立ち返って保守派≒ナチュラルを倒そうとしているからでした。

  • カルロスが破界事変時にインペリウムを立ち上げた理由って何だったの?

父が最高権力者を務めるクロノによって支配された世界を破壊するためでした。

  • ファイヤバグは最終的にどうなったの?

火星での戦いでクロウ達と共にサイデリアルを撃退した後、クロウの手によってアクシオ・バーグラーを全て破壊されましたが、アークセイバー団員たちに勧誘されたのとマリリンの遺言もあり、インサラウムのために働く事になりました。なお、この顛末はDLシナリオ「聖王国の明日」で見ることができます。

  • AGの正体は?

前作から散々予想されていたのと声優が平川氏という点で察しが付くでしょうが、ジ・エーデルです。より正確に言えば「平行世界のジ・エーデル」の集合体で、AGとは「All Gathered」の略です。主人格はジエーが担当し、エルガンがその補佐役という立場になっています。カイメラ隊員の搭乗機はもともとスフィア奪取のために作られたもので、それぞれの奪取対象はカオス・レオーが「傷だらけの獅子」、カオス・カペルが「知りたがる山羊」、カオス・アングィスが実在する可能性を疑われていた蛇使い座のスフィア(実際には存在しない)です。ジェニオンも「いがみ合う双子」を奪い取り自身がそのリアクターとなるべくジ・エーデルが開発した機体で、その目的を果たすために平行世界の同一人物であるアムブリエル(の人格を宿す涼音)をパイロットにする予定でした。最終主人公機であるジェミニオン・レイはジ・エーデルの構想から外れた形態であり、本来想定されていたジェミニオンはカオス・レムレースの小型版ともいうべきコンセプトでした(SRXとエグゼクスバインの関係に近い)。

  • アドヴェントの正体は?

ヒビキが追っていた「テンシ」であり、元・御使い「喜びのアドヴェント」です。ガイオウも以前言及していた御使いの正体は、異世界の地球である惑星エス・テランの全ての生命が、オリジン・ローによって融合・転生・分離した喜怒哀楽の感情を司る4人組の事で、他の3人は怒りのドクトリン、哀しみのサクリファイ、楽しみのテンプティと言います。テンプティは一時期「ティティ」という名前でZ-BLUEと接触しました。アスクレプスはアドヴェントが御使いの座を追われた際に最後の慈悲として与えられた神器と呼ばれる機体「ヘリオース」の仮の姿で、オリジン・ローを制御すべく作り出された「至高神ソル」が12のスフィアと黒の英知に砕けた際残ったコアから生み出されたものです。ちなみに、時獄篇のあの謎の呟きはサクリファイのものでした。

  • アサキムの正体は?

彼の正体はシュロウガが欠けた搭乗者の存在を補完すべく生み出したイメージ体で、そもそもシュロウガは因果律を制御するシステムにして異世界の至高神にあたる存在です。不死の呪いをかけスフィア収集を命じた張本人である御使いを打倒し、スフィアの力で呪いから解放される事を最終目的としています。アドヴェントの手によりZONEから解放され、最終決戦で至高神Zを生み出すための生贄として捧げられますが、生還・解呪を果たし、最後に「熱風!疾風!サイバスター」の歌い出しのフレーズを呟いて異世界へと旅立っていきます。新たな旅先がOGシリーズの世界であるとすれば、そこで今回も謎のまま終わったマサキとの関連性が明かされるかもしれません。

  • イドムの正体は?

最後まで明言されませんが、御使いの使役する霊魂であると思われます。

  • ラスボスはどんなの?

ヘリオース、ソルの抜け殻から生み出されたプロディキウム、黒い太陽という3つの「神器」に、アサキムとサイデリアルが所有するスフィア8つ、足りない残り4つのスフィアを補うための生贄として御使い3人+アサキムを捧げてアドヴェントが産みだした「至高神Z」です。アドヴェントはこれを使い、宇宙崩壊の因果を乗り越え全てがゼロになったところに理想の世界を創る事を目論んでいます。

  • スフィアの謎は全て明かされるの?

名前と力の発動キーはすべて明らかになりましたが、「夢見る双魚」「尽きぬ水瓶」「立ち上がる射手」のスフィア・アクトは詳細不明のまま終わりました。太極の正体はオリジン・ローの制御システム「至高神ソル」で、12のスフィアはソルの心、黒の英知はソルの記憶の欠片です。中でも「いがみ合う双子」は、矛盾を抱えながら生きる人間のあり方自体を力としているため、陰陽の概念から成り、意志を持っていた太極のミニチュアという側面を持っており、12のスフィアの統率者として機能します。

  • クロウの借金はどうなるの?

エンディングでリ・ブラスタTの修理費用がかさみ、破界篇開始時の100万Gに逆戻りします。結局クロウと借金は切っても切れない関係にあるという事です。

シナリオ[編集]

  • 時獄篇のどちらのルートの続き?

シュレードとジンは生存しており、運命抵抗ルートが正史扱いとなります。

  • 時獄篇における要フラグ生存キャラクターはどうなったの?

先述の通りシュレードとジンは生存。2週目以降は強制生存だったダグザは残念ながら登場しません。またグーラも生存し、正式に味方として使用できます。さらにゼウス神も無条件で参入します。

  • 再世篇以前の要フラグ生存キャラクターはどうなったの?

Z組は、フォウ・ステラ・レイは生存。逆にサラは死亡し、他のキャラに関しては言及なし(破界篇の時点で生存が言及されたアキ含む)。第2次Z組は基本的に全員生存しているものの、ギアス周りはシャーリー死亡、ゼロレクイエムルートを通った模様でロロなどは死亡しています。なお、キャラクターではないが隠し要素だったGビットは第2次Z以前に破棄された模様。

  • 原作で死んだキャラクターは生き残れるの?

前作で原作再現後も生き延びたゲイツはレーバテイン初登場回にて死亡し、カン・ユーもエクルビスが爆発してMIAとなりました。また、ズール皇帝、宇宙魔王、ハーデス神が再登場し、最後の版権敵勢力となります。フィアナはキリコを従わせようとしたワイズマンに蘇生されており、NPCですが生存します。細かいところでは、フルメタのナミ、サックス中尉も生存します。グラハムとマリーダは条件を満たさないと原作どおり死亡します。

  • 今作のラプラスの箱の中身は?

原作と同じです。フロンタルが予告で口にしていた「神の存在」はクロノの教義とその背後にいるサイデリアルの存在についてでした。

  • 破界篇の頃から続いたアルトの三角関係の方はどうなったの?

今作でちゃんと決着がつきます。αの輝よろしく、シェリルではなくランカを選ぶことも可能です。

  • ifルートはある?

終盤に意味深な選択肢はありますが、ステージの分岐で、所謂ifルートと言えるような大きな分岐はありません。エンディングでのジェニオンとスフィアの状況が少し変わるだけです。

  • 連獄篇ってどんな内容?

大まかに言えば、アドヴェントとクロノ改革派がミドリの星に転移したクロウ、セツコ、ランドを探索し、その後サイデリアルの基地を制圧するストーリーです。