ダロルド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ダロルド
登場作品 宇宙戦艦ヤマト2199
分類 ゲルバデス級航宙戦闘母艦
全長 390 m
推進機関 ゲシュ=タム機関
所属 大ガミラス帝星
デザイン 石津泰志
テンプレートを表示

概要[編集]

原作の「戦闘空母」をリファインしたもので、ゲルバデス級の試作第1号艦。艦長はドーラ・バレク。

戦艦と空母の機能を併せ持った戦闘艦として開発され、通商破壊戦などに投入される予定であった。しかし、戦艦としても空母としても中途半端な性能が災いして実戦への投入が見送られていた。 このような欠陥品が開発された背景には、デスラーへのご機嫌取りという側面が強かった為と考えられる。

試作艦として製造され長らくドック入りしていたところをドメル機動部隊の一隻として再稼働され、七色星団海戦に参加。

「空間重爆撃機DBG88 ガルント」を搭載し、ヤマトの波動砲の発射孔にドリルミサイルを打ち込んで動きを封じ、その隙に一斉射撃を仕掛ける。 しかし、ヤマトのクルーによってドリルが反転されバレクの判断の遅れたことで退避が間に合わず、ドリルの爆発に巻き込まれて沈んだ。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。原作とは違いヴェム・ハイデルンが搭乗する。なお、ガミラス艦にしていは珍しく艦隊一斉射を持っていない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

3連装陽電子カノン砲塔
艦橋直下に装備された砲塔。旧作では、基本的にこの武装しか使用していない。
一斉射撃
飛行甲板を半回転させて、裏側に装備された火砲を露出した後に砲撃する。複雑な構造が祟って同クラスのコスト増に繋がっている。

特殊能力[編集]

指揮系統中枢

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

2L


関連機体[編集]

空間重爆撃機DBG88 ガルント
旧作の「重爆撃機」をリファインしたもので、ドリルミサイルを装備する。元々はドリルミサイルも含めて隕石破砕を請け負う民生機で、対ヤマト戦に際して急遽、戦闘用に登録された。