ストレイト・クーガー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストレイト・クーガー
外国語表記 Straight Cougar
登場作品 スクライド
声優 津久井教生
デザイン 平井久司
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 21歳
所属 ホーリー
アルター能力 ラディカル・グッドスピード
テンプレートを表示

ストレイト・クーガーは『スクライド』の登場人物

概要[編集]

対アルター能力者特殊部隊ホーリーに所属する元ネイティブアルターの青年。

かつてカズマと共同生活を送っていた事があり、彼の戦いの師匠でもある。「速さ」に異常なこだわりを見せるスピード狂で、普段はそれほどでもないがテンションが上がると饒舌かつ早口になり、戦闘においても圧倒的スピードで相手を翻弄し、ネイティブアルター時代は最強と呼ばれていた。ただ、面倒見は良く意外と常識人な面も持ち合わせている。また、基本的に前に突き進むことしかしないカズマや劉鳳と異なり、周囲にも気を配り状況をコントロールするクレバーさも合わせ持つ。文化的生活を愛し、文学的な本を愛読するのが趣味。

常にピンク色のサングラスを愛用しており、普段は額に引っかけて能力を使うときにかける[1]。親しい人物に限りわざと名前を間違えるという癖を持つ。

過去に本土送りにされて精製を受けており、その影響で余命幾ばくもない。

ラディカル・グッドスピード[編集]

クーガーのアルター能力。何でも乗り物を再構成して速くできる具現型。一方、自身の身体に融合する事も可能な融合装着型でもある。

融合時には装備部位を限定する事も可能で、作中では脚部限定として脚部だけ融合して戦闘する姿を披露している。

蹴りを主体とした戦闘スタイルで、圧倒的な速度から繰り出される一撃はカズマや劉鳳でも避けきれない。何故なら動いた時には既に命中しているのだから。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2019年9月のイベント「我道」の期間限定ユニット。生身ユニットであり、機体としては「ラディカル・グッドスピード(脚部限定)」名義となる。大器型SSRファイター。特筆すべきはアリーナ性能にあり、前代未聞の「行動力10000」のアビリティを所持する。パイロットパーツは残念ながらボイス無し…なのだが、ライブカットインは対応しており、画面を横切るように走った後で正面に来るというある意味クーガーらしい演出となっている。
また、会話シーンでは3行丸々使ってなお収まりきらないという表現で彼の多弁さを演出している。
2020年6月のイベント「神に抗う者たち」にて大器型SSRディフェンダーが追加。

装備・機能[編集]

キック
格闘攻撃。『X-Ω』での通常攻撃。

武装・必殺武器[編集]

ヒール・アンド・トウ
ハイジャンプからの飛び蹴り。名前の元ネタは車の運転技術の名前。
衝撃のファースト・ブリット
装甲を展開し、ピストンの圧力で加速、弾丸の如き勢いで放つ飛び蹴り。発動から命中まで1秒かからない上、カズマの初撃を上回る威力をもつ超速絶技。最初(ファースト)と速さ(ファスト)のダブルミーニング。
『X-Ω』では必殺スキル。
壊滅のセカンド・ブリット
設定のみでアニメ未使用。己を超速回転させ、ミサイルのように落着する破壊技。
瞬殺のファイナル・ブリット
コマのように高速回転しながら敵に突撃する。無常との戦闘で放ったが不発に終わった。

特殊能力[編集]

世界を縮める『速さ』、誰も知覚できない『速さ』、この世の理とは即ち『速さ』、情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ『速さ』
『X-Ω』のアビリティ。ある意味さすがのラインナップ。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

X-Ω
加速追風神速
速さを求める彼らしいもので全て埋められている。
パイロットパーツ装備時
覚醒激闘再動

人間関係[編集]

カズマ
彼の師匠であり兄貴分。「カズヤ」と間違える。
桐生水守
彼女に恋するが、たびたび車に乗せては涙目にさせている。「みのり」と間違える。実は脚本の黒田氏のタイプミス(キーボードの「N」と「M」は隣であるため)をそのまま採用されていたりする。
劉鳳シェリス・アジャーニ
同僚。
瓜核
同僚。クーガーの車に乗っても全く酔わない剛の者。時たまスイカの種を車内に吹き出して怒られている。
橘あすか
同僚。後にホーリーを離脱して運送業者を立ち上げる。特にわだかまりもなく、(水守が働いていることもあって)度々訪れては自身が得た情報を流している。離脱以来は敬意を込めて『社長』と呼んでいる。
来夏月夾
同僚。しかし、自らにとって都合の良い女達(常夏三姉妹)をアルターとして生成しプレイボーイを気取っているというイタ過ぎる彼を心底嫌悪していた模様。後に彼が保身の為に無常矜持側に寝返った挙句、自らのアルターを否定した上で逃走した際は、「殺す価値も無い」と唾棄している。
マーティン・ジグマール
ホーリー隊長。立場としては上司と部下だが、実態は協力関係に近いもので、時には彼の命令に従わずに自分の道を貫く行動を取っていた。
それ故に時々対立することもあるが、クーガーを「切り札」として見込んでいる。

名台詞[編集]

「この世の理はすなわち速さだと思いませんか?物事を速く成し遂げればその分時間が有効に使えます。遅いことなら誰でもできる、20年かければバカでも傑作小説が書ける、有能なのは月刊漫画家より週刊漫画家、週刊よりも日刊です!つまり速さこそ有能なのが文化の基本法則、そして俺の持論でさーーーーーーァァ!」
「ああ…2分20秒…また2秒、世界を縮めたぁ…」
初登場時。水守を車で送る際、とてつもない速度でかっ飛ばして悦に浸る。ちなみに車の速度は270km/h前後。要するに一般道でF1級のレーシングマシンをかっ飛ばしているレベルである。
また上記の台詞はそこそこの長台詞であるにもかかわらず、最初から最後までを約17秒で言い終わっており声優を務めた津久井氏の実力が光る。実は尺が余ってしまったため、ブレーキ音も発声していた。(以降も速い長台詞は度々登場するが、これが度重なる長台詞の呼び水となってしまい、尺が余るたびに一行増やされるという声優泣かせの事態が起きてしまうことに。しかし津久井氏は健気に完璧にこなすのであった)
「おわかりですか? 本土にいる常人のあなたとロストグラウンドにいるアルター使いの決定的な違いというものが。悪いことは言いません、明日にでも本土に戻った方がいい。お嬢様のセンチメンタリズムだけで生きていける場所じゃない。ここはそういう土地なんですよ」
水守にロストグラウンドの光景を見せながら諭す。力を持たない人間が関われば必ず最悪の展開に直面してしまう。クーガーは彼女を慮る故に、現実を見せたのである。
「愚問ですなァ、隊長」
「俺は俺の味方です!」
ジグマールに独断で水守を助けたことを咎められた際の返答。ホーリーに所属してはいるが、最優先で従うのは自身の信念・ルールであるというスタンスを端的に表した言葉である。
「ああ、お前は強い。そりゃあもうなかなかのもんだ。けどな、腹が減ったらどうする?飯は?服は?寝床は?全て力で奪うのか?それとも全部独り占めしようとしてテメェを見せつけるか?へへっ、消えて無くなるぞ。なにもかも」
カズマの回想の中でクーガーの幻影が語った言葉。ロストグラウンドでは常識となっているルールを真っ向から否定する。
「これが『向こう側』を見たお前の力か!」
「だが、まだ足りない! 足ぁりないぞぉぉぉ!!」
「お前に足りないものは! それは! 情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ! そして何よりもぉぉぉぉぉ!!」
速さが足りない!
カズマとの戦闘にて。ネット上ではクーガーを象徴する台詞として有名。この時のクーガーは速い。とにかく速い。速すぎる。
「自分に都合のいい女性を捏造し、悦に入っているだけの傲慢な男に、誰も振り向いたりはしないのさ」
「人形しか愛でる事の出来ない男か、倒す価値すらない…!」
19話。自分に都合の良い女達としてアルターの力で生成していた常夏三姉妹を散々道具の様にこき使った挙句、最後には自分で「否定」した来夏月夾には、クーガーも心底から嫌悪しており、「傲慢」と断じて痛烈な批判をした。そして隙を見て彼が逃走した際も、もはや倒すどころか相手にする価値も無いと見なしている。
事実この直後、クーガーの「価値の無い」と言う言葉を表すかの様に来夏月はアルターが使えなくなってしまい、上司となっていた無常にも「自分を否定した人間にアルターは使えない」と唾棄される形で殺され、吸収される末路を迎えている。
「そうもいかねえ!あの無鉄砲で劉鳳にぞっこんな彼女が、俺はお気に入りなのさ!」
「強い人だ!ほれがいがある!残りの命を賭けるに値するほど!」
「そうだ!俺は遂に見つけた!文化の真髄を!」
23話。水守を先に行かせ、無常と対峙するクーガーは真の力を解き放つ。それにより精製により数少ない寿命が縮むことになっても。だがクーガーは躊躇しない。愛する女への想いが報われなくても、それでもクーガーは『劉鳳を愛する桐生水守』を好きになり、愛したのだから。余談だが、この時の無常との会話でクーガーを演じた津久井氏は『イヤラシイ口調で馬鹿にしやがって。目にもの見せてやる』とマジギレしてアフレコしていた。[2]
無常「嗚呼それでも、貴方の思いは届かない!」
クーガー「ンなこたぁ判ってんだよ、こぉの蛇野郎が!」
上記の続き。その想いが無駄であると無常に嘲弄されるが、百も承知とばかりに罵倒交じりで切り返す。これにはさすがの無常も笑みを消し、「聞き捨てなりませんね」と怒りを露わにした。
「俺が遅い!?俺がスロウリィ!?冗ぉ談じゃねえ!!」
さらに上記から続く無常との戦闘時。全身にアルターを纏った自分の攻撃を軽々と回避した挙句、「遅い」と嘲る無常に対して。下記の迷台詞と同じフレーズだが、込められている感情や場面は正反対である。
無常側はかなみの能力でクーガーの思考を読んでいたというカラクリはあったのだが。

迷台詞[編集]

「俺が遅い!? 俺がスロウリィ!? そんなぁ…! これでは文化的二枚目半…!!何故だ!キャラが濃すぎるのか!!いやいやそんなはずは(以下略)」
水守を口説こうとするも、あとから来た劉鳳にするっと掻っ攫われて。後ろで聞いていた瓜核もスイカを齧りながら「冴えねえなあ、クーガー」と苦笑い。
「何のことかわかりかねますよ。マーティン・ジグマール隊長?」
ジグマールによって捕らわれの身となった水守を単独で救援した翌日の査問における出来事。万物を知覚するアルターを完全無視するほどの速度で助けに行ったのが原因でバレてしまったのだった(つまり、速すぎてバレた)。こればかりは完全にすっとぼけても知覚するよりも速く動けるのが、最速を誇るクーガーしかいないという有様では反論のしようもない。そのため自身も「(それだと自分が犯人に)なりますか」と問い返していた。
「俺にはこの物語は、悲しすぎる」
カズマや劉鳳達と合流後、読んでいた本を閉じて呟く。字面だけなら普通なのだが、修羅場になりかける劉鳳、水守、シェリスを横目にカズマに足4の字を極めながら呟く上に読んでいた本のタイトルが「ウサギとカメの一生」とツッコミどころ満載。
「愛車に乗って気ままな一人旅を続けてきた俺なんだがな、道中か弱い女性がアーレーなんて悲鳴を上げつついわゆるヤラレ役みたいな奴らに追いかけられてるのを見たんで俺の中にある正義感がふつふつとわき上がってきたしか弱い女性を助けたら精神的にも肉体的にもお礼があるかなーと思って最速で登場したわけだ、何せ俺はグッドスピードだからな!それでヤラレ役の男達が何か言おうとしてきたんだが最速であることを信条としている俺は会話もせずに奴らを蹴り飛ばして最速で女性を助けることに成功したのさ、そしたらか弱い女性が俺にお礼を言ってチュッのひとつでもしてくれるのかと思ったらいきなり怒り出してよ、良く聞いてみたらヤラレ役の男達は彼女の使用人で鬼ごっこをして遊んでたらしい!っておいおいそんな誤解を招くような遊びをしてるんじゃないと思ったけど最速を信条としている俺は即座に謝り即座にトンズラしたわけだがその女性の兄貴がなんとアルター使いでな、仲間のアルター使いを集めて俺を追いかけてきたもんだからさぁ大変!食うや食わずの逃亡劇が始まって早3日!まぁそんなこんなしてる途中で今ここにいるわけだアッハッハ!」
ドラマCDより。これだけの長台詞にも関わらず、言い終わるまでの所要時間は約41秒。これで抑揚をつけて演技を交えている上に聞き取れるのだから脱帽である。

余談[編集]

  • クーガーは本作最強最速という設定で、初アフレコ時に監督から告げられた津久井氏はたいそう喜んだ逸話がある。本編ではそんなクーガーを縛るかのような展開で強さを全て発揮するには至らなかったが、速さに関しては最速だった。数々の名言や愛を貫いた生き様は本作において最多のファンを持つ。
  • クーガーと言えば上記のような早口が代名詞となっているが、何より凄いのはこの速度の早口であってもちゃんと聞き取れる&抑揚をつけて演技をしているということである。津久井氏の滑舌と技量のすさまじさが理解できるだろう。とてつもない練習を重ねた賜物で、津久井氏がパーソナリティを務めていたラジオでかなりの反響のお手紙が届いたという。ドラマCDでは機械で編集したのではないかという程の超光速の早口言葉を披露し、津久井氏は最速で駆け抜けたのだった……
    • 上記のこともあってか、ドラマCDの津久井氏のキャストコメントでは「酸素を下さい」と言うコメントを残している。
    • ちなみに、スクライドが放送された2001年は、津久井氏自身も仕事で足の甲に錘が直撃するという大怪我をしてしまい、新年早々から車椅子生活を余儀なくされ、『スクライド』の収録現場では松葉杖を付きつつ片足で立ちながらクーガーを演じていたという。その際、車椅子は緑川氏に引いてもらって交流を深めた。なので、2011年に公開された劇場版『スクライド』二部作では、ちゃんと両足で立ってクーガーを演じる事が出来て感激したと振り返っている。
  • 漫画版では水守との関係が皆無(漫画版では水守は反ホーリー組織ロウレスに所属している)で、精製の設定もない。
    • またホーリーへの入隊理由も、インナーへの補給物資を5倍にするとジグマールが確約したためだった(実際には補給物資の配布と同時に受け取りに来たインナーからネイティブアルターを捜索し始末する目的があった)。
    • こちらではカズマと死闘を繰り広げた結果、クーガーの速度を吸収したシェルブリットの一撃に破れ、カズマと劉鳳に元凶であるジグマールを教えようとした矢先に瓜核に殺害される。その亡骸はカズマによって埋葬されている。
    • 嘗てアルター仙人から「s.CRY.ed」の継承候補として認められるも、それを拒否した経歴がありその際にカズマの存在を教えていた。

脚注[編集]

  1. 運転中に速度などが表示されているので、ヘッドマウントディスプレイとしても使っている。
  2. 無常の声は白鳥哲氏の怪演によりネットリとした口調のため。そのため脚本では負けてしまうが演技では完膚なきまでに勝利してやるという意気込みで挑んだという。ちなみに無常の声質はスパロボ的にはロイドが最も近い(というよりは無常の経験を元にロイドを演じたのだろう)。

商品情報[編集]