シー・カプリス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
シー・カプリス
外国語表記 Ci Caprice
登場作品 サクラ大戦
声優 かないみか
デザイン 松原秀典
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 サポートユニット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(フランス人)
性別
生年月日 1909年2月4日
年齢 17歳(3)
18歳(4)
出身 フランス・レンヌ
身長 154 cm
体重 48 kg
髪色 赤色
瞳の色 青色
血液型 O型
所属 巴里華撃団
役職 巴里華撃団・オペレーター
テンプレートを表示

シー・カプリスは『サクラ大戦』シリーズのサブキャラクター。

概要[編集]

パティシエを目指して15歳で巴里の親戚の家に転がり込んだ。勉強の為に巴里中のお菓子を食べ歩き、体重が3キロも増えた。危機感を覚えた彼女は有名ホテルやレストランの門を叩くも、知識や経験が一切ない人間を雇うはずもなく、門前払いの日々が続いた。ソルボンヌ大学の講義を無断で受けていたのも退屈しのぎであり、メル・レゾンとはそこで知り合った。色々な意味で全く共通点がなかった2人だが、これがどういう訳か馬が合い、共同生活が始まった。この後、シーはシャノワールのパティシエとして内定するがすぐに未経験である事が発覚、グラン・マとひと悶着起こす。だが、逆にその度量を買われ秘書として採用、メルにグラン・マを紹介し共に同じ職場で働くに至った。

上記の経歴の通り、その性格は子供っぽくミーハー。ただし、本人としてはこれでも真面目のつもりであり、どこか憎めない愛嬌さも働いて、周囲とは良好な人間関係を築いている。また、パティシエの夢は諦めておらず、独学で修行に励んでいるらしい。メルと共にグラン・マの個人的な秘書、巴里華撃団のオペレーター、シャノワールのショーの司会を担当している。これらの仕事以外にシャノワールの売店を任せられている。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初参戦作品。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

特殊技能[編集]

X-Ω(サポートアビリティ)
ヒューヒュー(WAVEが進むごとにHP回復)

人間関係[編集]

メル・レゾン
同僚。大学時代からの友人。人見知りの激しいメルをリードしている。
グラン・マ
上司。シーの性分なのか、節度は弁えつつも砕けた話し方は彼女の前でも変わらない。グラン・マ本人も気にしてはいないが。
大神一郎
メルとは違いすぐに打ち解けた。お使いなどの雑用を頼む事も。

余談[編集]

  • 紐育華撃団・星組隊員のダイアナ・カプリスと、日本語読みでも外国語表記でも苗字が同じな為、2人は親族関係なのかとファンの間でもよく話題になるが、実際に2人が共演した『君あるがため』を含め、両者の関係は明確にされていない。
  • バンダイナムコゲームス、カプコン、セガゲームスの3社のキャラクターが一堂に会する『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』、このゲームでアイテムを販売するショップ店員はセガゲームス以外の2社のキャラクターが担当しているが、企画当初はシーも担当する予定だった。ただ、『サクラ』は既にペアユニットとして登場が決まっていた為、結局実現しなかった[1]

脚注[編集]