「ゴーカイグリーン」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
88行目: 88行目:
 
:第27話。行動隊長レガエルとの戦闘で身体をルカと入れ替えられるも、ルカの方はお構いなしにと外出を楽しんでいた。挙句、ルカの効き目に目を付けた宝石店のスカウトに追いかけられ、隣のビルに飛び移って撒こうと考えるも、ルカの身体を気遣い止める。
 
:第27話。行動隊長レガエルとの戦闘で身体をルカと入れ替えられるも、ルカの方はお構いなしにと外出を楽しんでいた。挙句、ルカの効き目に目を付けた宝石店のスカウトに追いかけられ、隣のビルに飛び移って撒こうと考えるも、ルカの身体を気遣い止める。
 
:止めた理由を聞いたルカは気遣いへの感謝と調子に乗っていた謝罪を込めて'''「ありがとう…ごめんね」'''と返すのだった。
 
:止めた理由を聞いたルカは気遣いへの感謝と調子に乗っていた謝罪を込めて'''「ありがとう…ごめんね」'''と返すのだった。
 +
;「決めつけるなよ!駄目だなんて…全部やりきるまでゆうな!!やろう!」
 +
:第32話。バスコへの停滞敗戦を受けて自ら新武器開発に勤しむハカセ。しかし、行動隊長シールドンの防御能力に苦戦を強いられ、更にハカセ渾身の連結式ゴーカイガンも失敗してしまう。気落ちする彼に依然知り合ったサッカー少年がレギュラーから外されて諦めていた時に言った激励。普段気弱な彼が練習に付き合う。普段から気弱な面が多い彼が珍しく見せた叱咤でハカセは新兵器開発のためある決意を見せに向かう。
 +
;「オーレバズーカ…そうだ!!オーレンジャーだ!!ナイスだよ鎧!!」
 +
:同じく32話。みんなの力を合わせた新武器開発のため頭を下げて全員の武器を借りることになったハカセ。武器なしにシールドンに挑むもいまだ完成の決め手がつかない。そんな中、鎧が開発中の武器を見て「オーレバズーカ<ref>「超力戦隊オーレンジャー」に登場した必殺武器。奇しくもこの前の回はオーレンジャー回でありオーレバズーカこそオーレンジャーの大いなる力だった。</ref>に似ている。」と漏らしたことを聞きこれと前回会った吾郎と桃のアドバイスを思い出しえオーレンジャーの大いなる力を使いゴーカイガレオンバスターを完成させる。
  
 
== 迷台詞 ==
 
== 迷台詞 ==

2020年8月2日 (日) 17:02時点における最新版

ゴーカイグリーン
外国語表記 Gokai Green
登場作品 海賊戦隊ゴーカイジャー
俳優 清水一希
竹内康博(スーツアクター)
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
本名 ドン・ドッゴイヤー
愛称 ハカセ
種族 宇宙人
性別
所属 海賊戦隊ゴーカイジャー
役職 メカニック
主な搭乗機 ゴーカイオー
テンプレートを表示

ゴーカイグリーンは『海賊戦隊ゴーカイジャー』の登場人物。

概要[編集]

ドン・ドッゴイヤーが豪快チェンジした姿。ザンギャックからかけられた懸賞金は100ザギン→1,000ザキン→5,000ザギン→5万ザギン→30万ザギン。

メカニック担当で、愛称は「ハカセ」[1]。他メンバーに比べて圧倒的に少ない懸賞金からも分かる通り、ザンギャックからは取るに足らない存在として扱われているのだが、実力が他の5人に劣るわけでもなく、ゴーカイジャーの後半の主力必殺武器「ゴーカイガレオンバスター」の開発などなくてはならない存在である。

彼が加入するまではマーベラス、ジョー、ルカの三人は艦内を散らかし放題にしていたため(この時にはまだアイムは居ない事もあり)、ゴーカイジャーの家事を担当する事も多い。 現在でも料理担当であり、腕はもとよりメンバーの体調に合わせた料理を作るようにしているがその事は全くひけらかしてない(当初この事実を知っていた事はアイムとナビィのみ)。このため彼がゴーカイガレオンバスター開発に注力していた時期は弁当生活となり、他のメンバーは不満を述べていた。

戦闘ではゴーカイブルーと武器を交換して二丁拳銃を使ったトリッキーな戦闘が主で、豪快チェンジの際は主に歴代のグリーン戦士に、グリーン戦士が登場しない戦隊の場合は歴代のブラック戦士になるのだが、基本的にこれらの色はクール系や熱血系といったハカセとは真逆のキャラが多いため、ハカセの戦い方も相まって原作キャラとの剥離が凄まじい。更には全員でレジェンド戦隊に変身して名乗りを上げる際は、他のメンバーが原典にほぼ忠実なのに対してハカセだけは珍妙なポーズをとっていることが多い。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2019年4月のイベント「激突!宇宙海賊×地獄」から登場。ゴーカイオーサブパイロット

人間関係[編集]

ゴーカイレッド / キャプテン・マーベラス
仲間。彼の技術力を買って[2]無理やり仲間にした。普段はぞんざいな扱いだがなんだかんだ頼りにされている。
ゴーカイブルー / ジョー・ギブケン
仲間。彼の剣の腕を頼りにしている。
ゴーカイイエロー / ルカ・ミルフィ
仲間。弟分のような扱いをされている。
ゴーカイピンク / アイム・ド・ファミーユ
仲間。似たような立ち位置。
ゴーカイシルバー / 伊狩鎧
仲間。彼からは唯一本名である「ドンさん」と呼ばれている。加入当初は彼に強い嫉妬心を抱いていたものの、上記の料理の件で純粋に尊敬された事もあり彼とも仲良くなる。なお彼の考えるスーパー戦隊のイメージでは何故かハブられた。
参謀長ダマラス
初めて手配書を見た時、「こいつはどうでもいいか。」とはぶられていたが、後に彼の行動がダマラス打倒のきっかけとなった。

宇宙海賊[編集]

バスコ・タ・ジョロキア
彼の圧倒的な強さに対抗するべく、ゴーカイガレオンバスターを開発する。肝心のバスコには通用せず弾かれてしまうという何とも言えない展開となった。

レジェンド戦隊[編集]

オーレッド / 星野 吾郎、オーピンク / 丸尾 桃
『超力戦隊オーレンジャー』のレッドとピンク。バスコに敗れた後、彼らのアドバイスと二人から授けられた大いなる力によって、ゴーカイガレオンバスターを完成させた。
マジレッド / 小津魁
『魔法戦隊マジレンジャー』のレッドであり、ゴーカイジャーが初めて出会ったレジェンド戦隊。崖から落ちそうになったマーベラスを救うために出した勇気を認められ、大いなる力を授けられた。
ゲキレッド / 漢堂ジャン
『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のレッド。武器の通用しない敵と戦うために彼に弟子入りし、修行の心得と共に獣拳を伝授される。
ゴセイブルー / ハイド
前年の戦隊『天装戦隊ゴセイジャー』のブルー。頭脳派なことが似ている。黒十字の冥府神ダゴンの攻撃を受けて、崖に墜とされかけるが、偶然手に取って、彼を助け、一時休戦を取ることを決める。そして彼の力でダゴン打倒の切っ掛けを作る。
ゴセイブラック / アグリ
同じく『ゴセイジャー』のブラックで、『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』で共闘。他の4人と唯一対応メンバーの色が異なり、他のメンバーが同じ色同士で真っ当な連携で戦う中、アグリがハカセをジャイアントスイングしながら、ハカセがゴーカイガンを乱射するという珍妙な連携プレイをしていた。

その他[編集]

山崎 由佳
ザンギャックの艦隊に敗れ、「宇宙最大のお宝」を使うかどうか悩みながら、ジョーと一緒に他のメンバーとの合流を目指している最中に出会った、マジレッド / 小津魁の想い人の女性。
天知 秀一郎
ゴセイジャー5人の下宿先であり、彼らの正体を知ってからも協力を続けた天文学者。由佳とともに元スーパー戦隊の関係者として絶望する人たちを励ましながら避難活動を続けていた。希望を捨てない二人との出会いで、ハカセとジョーは宇宙最大のお宝の扱いを決める事になる。
バイオハンター シルバ
『超電子バイオマン』の敵幹部。『スーパーヒーロー大戦』にてマーベラスの命令でスーパー戦隊を倒して回っていたのだが、ハカセはシルバにスーパー戦隊だと認識されなかった。

名台詞[編集]

「ど~んと行くよ!」
ゴーカイジャーの決め台詞である「派手にいくぜ!」のハカセバージョン。
彼の名前の由来である「どんと来いや!」に由来している。
「オール○○!」
全員が同色の戦士にチェンジする時の台詞。ダマラスとの決戦で全員緑系の戦士にチェンジしたことに初めて発言し、それ以降だと「動物戦隊ジュウオウジャー」でマーベラス以外の5人が全員レッドにチェンジした際にも発言した。
「僕にも拳法教えてください! 何にもしなかったら僕は置いていかれるだけだ…でも…今からでも始めたのなら僕も変われるかも知れない!」
第7話。ゲキレッド / 漢道ジャンと偶然出くわし、強くなるために拳法を学ばせて欲しいと懇願するアイムだが今更強くなれないと一度は断ってしまう。しかし、船内で密かに努力を続けるマーベラスたち3人の姿を見て考えを改め再度懇願する。
「好きだよ、僕。この星も、この星に住んでる人も。それに、きっと…」
劇場版『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』にて、一連の戦いが終わった後の〆を飾る一言。そして、近くにはゴーカイガレオンを見つめる銀色の戦士の姿が…。
「そりゃあビビるよ。着地でも失敗したら大変じゃない…ルカが」
ルカ「えっ? ハカセ…アタシを守ろうとしてたの?」
「当たり前だろ…今は僕がルカの体を預かってるんだ」
第27話。行動隊長レガエルとの戦闘で身体をルカと入れ替えられるも、ルカの方はお構いなしにと外出を楽しんでいた。挙句、ルカの効き目に目を付けた宝石店のスカウトに追いかけられ、隣のビルに飛び移って撒こうと考えるも、ルカの身体を気遣い止める。
止めた理由を聞いたルカは気遣いへの感謝と調子に乗っていた謝罪を込めて「ありがとう…ごめんね」と返すのだった。
「決めつけるなよ!駄目だなんて…全部やりきるまでゆうな!!やろう!」
第32話。バスコへの停滞敗戦を受けて自ら新武器開発に勤しむハカセ。しかし、行動隊長シールドンの防御能力に苦戦を強いられ、更にハカセ渾身の連結式ゴーカイガンも失敗してしまう。気落ちする彼に依然知り合ったサッカー少年がレギュラーから外されて諦めていた時に言った激励。普段気弱な彼が練習に付き合う。普段から気弱な面が多い彼が珍しく見せた叱咤でハカセは新兵器開発のためある決意を見せに向かう。
「オーレバズーカ…そうだ!!オーレンジャーだ!!ナイスだよ鎧!!」
同じく32話。みんなの力を合わせた新武器開発のため頭を下げて全員の武器を借りることになったハカセ。武器なしにシールドンに挑むもいまだ完成の決め手がつかない。そんな中、鎧が開発中の武器を見て「オーレバズーカ[3]に似ている。」と漏らしたことを聞きこれと前回会った吾郎と桃のアドバイスを思い出しえオーレンジャーの大いなる力を使いゴーカイガレオンバスターを完成させる。

迷台詞[編集]

そのキャラクター性故に迷台詞には事欠かない。

「お、重い……」
『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』でゴセイブラックのランディックアックスを持ち上げられずに。ちなみにゴセイジャーに豪快チェンジする場合彼がゴセイブラック担当である。
またこの描写から豪快チェンジすると変身したレジェンド戦士に合わせて身体能力にも相応の補正がかかる事が伺える。
「やられ、た……」
同上。敵に倒された……のではなく、ゴセイブラックに振り回された挙句地面に落とされて。最後に「ガクッ」と効果音がつきそうなポーズつき。
そもそも二人が上記のジャイアントスイングのコンビネーションをする羽目になったのは、追い詰められたハカセがゴセイブラックの方に飛びついたせいで、彼の武器であるゴセイテンソードを落としてしまった状態で襲われたため、半分以上ハカセのせいである。
「仮にも元カーレンジャーの人が他人を盾にするなんて! 自分で避けてください!」
恭介「しょうがないだろ!? もう戦う力を失ってしまった体なんですから…」
「それはそうですけども…」
第14話。ジェラシットの攻撃を受ける際に激走戦隊カーレンジャーのレッドレーサー / 陣内恭介から咄嗟に盾にされてしまった事でのツッコミ。この時二人して体育座りするなど妙に馴染んでいた。
「やっぱりここはこれでしょ!」
同話、この台詞と共に『激走戦隊カーレンジャー』へのゴーカイチェンジ…と思ったら、同じ車モチーフ戦隊である『高速戦隊ターボレンジャー』へゴーカイチェンジした。
言うまでもなく恭介からは「おい!それじゃない!」と突っ込まれる。
「ウオッウオッウオッウキィ~!」
第16話。バスコに捕まり牢屋に入れられた際にサリーの興味を引き仲間と思い込ませようとして猿真似を披露する…が、案の定信じてもらえずバナナの皮を顔にぶつけられた。しかも直後にバナナの皮を踏んで転んでしまうというベタなオチも見せてくれる。
ルカ「変過ぎ」
アイム「申し訳ありませんが、私もそう思います」
「そうだよ! 大体僕のこと忘れてるし!」
第17話。伊狩凱の考える『「素晴らしいスーパー戦隊」となったゴーカイジャー』のイメージを見せられて。
ちなみにそのイメージ内ではグリーンの立ち位置に鎧が納まっていた。
「やっぱり恐竜はいつの時代も強いなー」
18話。豪獣レックスの活躍を見て。言っている事は何もおかしくないのだが、ドンさんは宇宙人である。ゴーカイジャーの世界観では、某光の巨人が登場するシリーズのように宇宙恐竜がいるのだろうか?
「……ない!」
43話。ダマラスに捕まったマーベラスを救出し、彼から「次の作戦は?」と聞かれてどや顔で返した返答。これにはマーベラスも愕然するが、「僕はできる事をやったから次はマーベラスの番」と予備の武器を手渡され、マーベラスも不敵な笑みで返した。
「僕はそんなおしっこの後ハンカチを忘れてズボンで拭くポーズなんかしてないよー!!!」
物語終盤、バスコにレンジャーキーを奪われ自身が変身するゴーカイグリーンと対峙した際に彼の決めポーズを見ての感想。ドンさん、残念ながら毎度のようにしてます。当然他のメンバーからも突っ込まれた。尚、このポーズはグリーンのスーツアクターを務めた竹内康博氏が自身が待機の際に寒くて太ももを擦っていたことが発想の切っ掛けらしい。
『X-Ω』初参戦時には毎日公式Twitterにて1枚ずつゴーカイジャーメンバーの立ち絵の一部が少しずつ公開されていたのだが、他メンバーがそれぞれのカラーがはっきりとわかるようになっているのに対し、グリーンは色が全く入っておらず、下半身のみが映るこのポーズが切り取られていた。
「あいたたたた!!」
最終話、デカマスター(ジョー)の武器になるために、豪快チェンジした大剣人ズバーン(『轟轟戦隊ボウケンジャー』)の聖剣モードに変身するも(おそらく関節が変な方向に曲がる)激痛に悲鳴をあげて。元に戻った時には外れた関節をはめるような動きをしていた。
本家のズバーンは人型と聖剣モードを自由に切り替えられる生命体のため痛みを感じている様子はなく、彼のモードチェンジのバンクでハカセの悲鳴が入るというシュールな図となっていた。

搭乗機体[編集]

ゴーカイオー
5台のゴーカイマシンが合体した巨大ロボット。

余談[編集]

  • 本名の由来は「ドンと来いや!」からで、名前負けしている設定とのこと。
  • 映画『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』の企画当初はまだハカセの過去が判明していなかったこともあり、名前のドン繋がりでマクー首領ドン・ホラーの孫という設定が考えられていたが、尺の都合と設定の複雑さから没になってしまった。
  • 全体的にコミカルな動きが目立つが、これはスーツアクターを務めた竹内康博氏のアドリブによるものが大きい。竹内氏自身がトリッキーかつコミカルなアクションを得意としているが、前年の『天装戦隊ゴセイジャー』でゴセイレッドのスーツアクターを務めた際に真面目な役でコミカルさを出せなかったため、その分の皺寄せがゴーカイグリーンに反映されてしまったらしい。
    • 竹内氏によると演技のイメージは「ジャッキー・チェンが演じるへなちょこキャラ」らしく、スタッフ側からもグリーンは何をやっても良いと認識されるようになってからコミカルさに拍車が掛かるようになったようである。

脚注[編集]

  1. OPのクレジットでは「ドン・ドッゴイヤー(ハカセ) / ゴーカイグリーン」と表記されている
  2. ガレオンの修理を頼まれた際ハカセが散らかし放題のガレオンに耐え兼ね、無償で掃除したうえで料理まで用意したため、技術力以上に家事能力の高さを気にった感じすらある
  3. 「超力戦隊オーレンジャー」に登場した必殺武器。奇しくもこの前の回はオーレンジャー回でありオーレバズーカこそオーレンジャーの大いなる力だった。