SDバトル大相撲 平成ヒーロー場所

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
  • 発売日:1990年4月20日
  • 機種:ファミリーコンピュータ
  • ジャンル:アクションゲーム
  • 発売:バンプレスト
  • 定価:6,300円

概要[編集]

バンプレストがはじめて製作した「異なる企業が版権を持つキャラクター達を共演させるゲーム」。玩具関連で各版権元と繋がりがあった杉浦幸昌のバンプレスト初代社長就任へのご祝儀として企画された作品。版権元が異なるキャラクター同士の共演は当時の業界では不可能とされていたため、キャラクタービジネスの世界では記念碑的作品として名を残している。

1作限りのお祝い企画の筈だったが「コンパチヒーローシリーズ」としてシリーズ展開していくこととなり、後に初代スーパーロボット大戦も輩出する。

Gサンダーゲートの元ネタになったグレート雷門の初登場作品。

システム[編集]

攻撃アクションは、張り手、投げ、吊り、寄りの4種類。攻撃すると相手の体力が減り自分の体力が回復する。また気力ゲージがあり、気力があるほど大ダメージを与える。相手の体力が低い状態で攻撃すると技が決まり勝利になる。技を決めた攻撃の種類により「押し出し」「上手投げ」「吊り出し」「寄り切り」がある。なおウルトラマンは3分経過で腰砕けならぬ「エネルギー砕け」で敗北してしまう。

土俵際で投げた場合は親方から物言いが付いたりするが、ただの演出で判定通りになる。また勝負途中で水入があったりもする。

体力が減って相手と間合いが開いていれば必殺技を使用可能。また一部のキャラは変身も可能。 必殺技の性能は、切り払い、飛び道具、体当たり、跳び蹴り、必殺技反射、の5種類に大別できる。

各キャラに能力差や場所の得手不得手なども一応存在している。

エンディングの条件は横綱になることではなく、1000勝すること。部屋ごとにエンディング画像が異なるので全エンディングを見ようとするとさらに気が遠くなる作業が求められる。

登場キャラクター[編集]

M78部屋[編集]

  • 親方:円谷皐
  • ウルトラマン(必殺技:スペシウム投げ)
  • ウルトラセブン(必殺技:アイスラッガー切り倒し)
  • ウルトラマンタロウ(必殺技:)
  • ウルトラマンエース(必殺技:スペースQ出し)
  • バルタン星人(必殺技:スペルゲン返し)

ライダー部屋[編集]

  • 親方:石ノ森章太郎
  • ライダー1号(必殺技:きりもみ蹴り倒し)
  • ライダー2号(必殺技:ライダー蹴り倒し)
  • ライダーV3(必殺技:ハリケーン蹴り倒し)
  • ライダーRX(必殺技:リボルケイン倒し) → ロボライダー(必殺技:) or バイオライダー(必殺技:)
  • シャドームーン(必殺技:サタン切り出し)

MS部屋[編集]

戦隊部屋[編集]

  • 親方:渡辺亮徳
  • ターボロボ(必殺技:高速切り返し)
  • フラッシュキング(必殺技:コスモソード突き出し)
  • グレート5(必殺技:光電子ライザー突き出し)
  • ライブロボ(必殺技:超獣切り倒し) → スーパーライブロボ(必殺技:)
  • シルバ(必殺技:バイバスター突き出し) → バルジオン(必殺技:)

バンプレストオリジナル[編集]

  • 親方兼行司:山科誠
  • バンプレキッド(必殺技:ロケットぶちかまし)
  • G.雷門(ぐれーと かみなりもん) (必殺技:ターミネサンダー)