Another Century's Episode 3 THE FINAL

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
  • 発売日:2007年9月6日発売
  • 機種:プレイステーション2
  • 開発:フロムソフトウェア
  • 販売:バンプレスト
  • 定価:7329円(税込)
  • CERO区分:全年齢(A)

目次

概要[編集]

フロム・ソフトウェアとバンプレストの共同制作リアルロボットアクションゲームのシリーズ第3弾にしてPS2最終作。リアルロボットと言っておきながら『真ゲッターロボ』が参戦しているところが『THE FINAL』に相応しいと言えるのかも知れない。

ストーリーは前作『Another Century's Episode 2』の続き(しばしば小ネタが挟まれるだけで知らなくてもプレイに障らない)。ある事件がきっかけでそれぞれ別の次元に存在する2つの地球が繋がってしまい、2つの地球を舞台に新たな戦いが繰り広げられる。

参戦作品[編集]

★印のマークはACEシリーズ初参戦。

今回は多くの参戦作品がシナリオに参加しない。『キングゲイナー』『エウレカセブン』、前作に続いて『リーンの翼』がSRWに先駆けて参戦している。また、『真ゲッターロボ』は『第2次スーパーロボット大戦Z破界篇』より早く声付き参戦を果たしている。

A.C.E.オリジナルキャラクター[編集]

バレル・オーランド
本作の主人公。平凡な学生だったが、抗体コーラリアンに襲われた際にフェイに救われ、そのままなし崩し的にイクスブラウのパイロットとなり、戦いに巻き込まれていく。
フェイ・ロシュナンテ
地球連邦軍に所属するパイロットで、本作のヒロイン。イクスブラウの正式なパイロットで、バレルと共にイクスヴラウに搭乗する。実は、元々「もう一つの地球」での新連邦の軍人であり、バルドナからイクスブラウを託されて、こちらの世界にやって来た。
ベルクト
新地球連邦の幹部で、ブラッドアークのパイロット。主にゲッター線真ドラゴンを探索する任務を請け負っている。本作の争乱の黒幕であり、二つの時空を繋げた張本人。常に仮面を被っているが、その素顔はバレルそのもの。その正体は、二つの世界が分岐した際に生まれたもう一人のバレルであり、自分の存在そのものを世界に否定された事で世界そのものに絶望、憎悪し、二つの世界の滅亡を企てる(その設定は、本作にも登場している『機動新世紀ガンダムX』のフロスト兄弟や、登場作品は参戦しているものの本人は本作に登場しない『機動戦士ガンダムSEED』のラウ・ル・クルーゼを彷彿させる)。後半にグレイブアークへと乗り換え、最後は、プレイヤーも想像できなかった衝撃的な機体(ただし発売前から普通にゲーム雑誌でネタバレが出ていた)に搭乗し、ラスボスとして立ちはだかる。
アンジェ・レイバー
ベルクトの部下で、エリゴル、エリゴルカスタムのパイロット。最期はベルクトに粛清され、落命する。
ジル・バルドナ
「バルドナ・ドライブ」の開発者で、バレルの実の父親。劇中には名前のみの登場。既に故人で、ベルクトに殺害されている。
マリナ・カーソン
前作『Another Century's Episode 2』のヒロインで、引き続き本作に登場。中盤に仲間に加わる。今作では「ガーディアン」の機能を取り除いた状態のガンアークに搭乗(おそらく前作でのタックの搭乗機と同一機と思われる)。残念ながら2の主人公のタックは登場しない。
ちなみに彼女は上司を「締め上げて」ガンアークを基地から持ち出したらしいのだが、スタッフの間では締め上げられた上司はタックであるという説が半ば公認化されているという裏話がある。

世界観[編集]

主人公のいる地球[編集]

数年前に旧UCEとプレイヤー部隊デラーズ・フリートギガノス帝国木連ゼントラーディと戦った世界(『ACE2』の出来事)。しかし、一部の地球人至上主義の特権階級者によるスペースノイドの弾圧は続いており、ネオ・ジオン、ギガノス残党、火星の後継者が武装隆起している。一方、連邦は次世代機開発の一環に「スーパーノヴァ計画」を発動し、YF-19YF-21を競争させている。

もう一つの地球[編集]

別の宇宙に存在するもう一つの地球で、新連邦によって統治されている。抗体コーラリアンインベーダーといった生命体の襲撃に悩まされている。

用語・独自設定[編集]

バルドナ・ドライブ
ジル・バルドナが開発した装置。地球ともう一つの地球を繋ぐ鍵となっている存在。
地球連邦政府
前作から引き続き登場する地球の統一政府UCE、木連、ゼントラーディ軍が新たに結成した地球政府。主力機はドラグーン
新連邦
もう一つの地球の地球統一政府で、正式名称は「新地球連邦政府」。基本的な設定は『ガンダムX』の新地球連邦と同じだが、『エウレカセブン』の塔州連邦も組み込まれている。また、『キングゲイナー』のシベ鉄は新連邦傘下の組織である。
バルチャー同盟
もう一つの地球でジャミル・ニートゲイン・ビジョウホランド・ノヴァク神隼人が結成している同盟で、共に新連邦に対抗している。
バイストン・ウェル
エイサップ・鈴木アムロ・レイの発言から、本作のバイストン・ウェルは、前作のとは別物である可能性が高い。バルドナ・ドライブの影響が推測されるが詳細は不明。
フィフス・ルナ
原作同様にシャア率いるネオ・ジオン軍によってラサへと向けて投下されるが、シンジロウ・サコミズがリーンの翼を発動させ、自らの命と引き換えにフィフス・ルナの落下を阻止する、という展開になる。サコミズの最期の流れも併せて、フィフス・ルナが『リーンの翼』原作において東京に投下された核弾頭の代わりも兼ねている。
抗体コーラリアンインベーダーの関係
今作ではインベーダーの正体は「ゲッター線を浴びて異常進化を遂げた抗体コーラリアン」という衝撃的なクロスオーバーが成された。ちなみに、インベーダー側のメインキャラクターであったコーウェンスティンガーは本作では未登場となっている。

使用可能機体[編集]

オーバーマン キングゲイナー[編集]

ブレンパワード[編集]

聖戦士ダンバイン[編集]

リーンの翼[編集]

機甲戦記ドラグナー[編集]

機動戦士ガンダム[編集]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア[編集]

機動武闘伝Gガンダム[編集]

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz[編集]

機動新世紀ガンダムX[編集]

∀ガンダム[編集]

機動戦士ガンダムSEED[編集]

真ゲッターロボ 世界最後の日[編集]

劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-[編集]

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか[編集]

マクロスプラス[編集]

交響詩篇エウレカセブン[編集]

A.C.E.オリジナル[編集]

  • イクスブラウ
  • イクスブラウ form-B
  • イクスブラウ form-G
  • イクスブラウ form-H
  • イクスブラウ form-T
  • ブラッドアーク
  • グレイブアーク
  • グレイブアーク・ファントム
  • ガンアーク

登場キャラクター一覧[編集]

オーバーマン キングゲイナー[編集]

ブレンパワード[編集]

全員シナリオ未登場

聖戦士ダンバイン[編集]

全員シナリオ未登場

リーンの翼[編集]

機甲戦記ドラグナー[編集]

機動戦士ガンダム[編集]

全員シナリオ未登場

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア[編集]

本作の製作時、既に鈴置洋孝氏は亡くなられていたので、ブライトはライブラリー出演。

機動武闘伝Gガンダム[編集]

全員シナリオ未登場

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz[編集]

機動新世紀ガンダムX[編集]

∀ガンダム[編集]

全員シナリオ未登場

機動戦士ガンダムSEED[編集]

全員シナリオ未登場

真ゲッターロボ 世界最後の日[編集]

劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-[編集]

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか[編集]

マクロスプラス[編集]

交響詩篇エウレカセブン[編集]

名前・設定のみの登場キャラクター[編集]

『Z』との共通点[編集]

本作は後に発売された『スーパーロボット大戦Z』との共通点が多く、シナリオに参加している作品のうち『キングゲイナー』、『ガンダムX』、『エウレカセブン』が共通していることが大きい。意気投合して親友同士となるガロード・ランゲイナー・サンガレントン・サーストンの三人。加えて自軍部隊ZEUTH(特にアウトサイダー組)の中心であり、個人同士でも親交の厚いジャミル・ニートゲイン・ビジョウホランド・ノヴァクの三人が代表的。はたまた『Z』と同じキャラ同士の絡みでも、関係性が違うのも興味深い。例としては仲の悪いフロスト兄弟ドミニク・ソレルシンシア・レーンアネモネなど。

世界そのものが融合したわけではないので、その点『Z』とは微妙に異なる。SRWシリーズにおいて世界観設定が一番近い作品は、地球がもう一つ存在しているのと、惑星衝突の危機がクライマックスに展開されるスーパーロボット大戦Kである。

主題歌[編集]

「深紅」
主題歌。
(作詞:長瀬弘樹、作曲:柳沢英樹、編曲:中野雄太、歌:島谷ひとみ)
「愛の詩」
エンディングテーマ。
(作詞・作曲・編曲:BULGE、歌:島谷ひとみ)