ロシュ・ラビンスク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ロシュ・ラビンスク
登場作品

バンプレストオリジナル

種族 ウルス人(ノーザンブライト共和国人)
性別
年齢 46歳
身長 192 cm
体重 73 kg
所属 ノーザンブライト軍
役職 リーフ基地司令官 ⇒ 解任(ルート次第)
テンプレートを表示

概要[編集]

ノーザンブライト共和国の辺境近くにある「リーフ基地」の司令官。

頬骨の目立つ痩せ顔の男性で、既婚者。軍の幹部ではあるが、裏では敵国であるアズロニアの軍と密通している。

ヒステリックな性格で格下の者には威張り散らすが上官には露骨に怯えるという、典型的な小悪党。

デュプリケートを禁じられているシャア・アズナブルを転写し、更にデュプリケーターをも爆破したシルバラード隊を叱責するが、参謀長ラズロ・ファーエデンの命令でムジカ・ファーエデンを急遽隊長に任命する。

登場作品と役柄[編集]

リアルロボット戦線
シナリオ初期の会話シーンに登場。殆どのルートではそれきり出番は無いが、ロシュルートでのみ大ボスとして再登場する。
グレンとジョージーを従えてムジカらにシャアアムロの引き渡しを要求し、更には自らクァイア・アームドに乗り込み戦場に現れる…が、パイロット能力は凄まじく低く、乗機も他ルートの大ボス達より遥かにHPが低い。

パイロットBGM[編集]

「QUEEN」

人間関係[編集]

ムジカ・ファーエデン
参謀長の娘である彼女に強く出る事が出来ない。彼女に戦時特令による隊長就任を伝える。
ウォロン・メロウズ
シャアを転写しデュプリケーターを爆破、更には敵部隊を基地に案内したと叱責した。
グレン・ドーキンスジョージー・ジョージ
ロシュルートで彼らを従え、ムジカらの前に立ちはだかる。しかし威嚇発砲で脅されるなど、完全に舐められている。
マロウ・デクリード
敵国との密通を見抜かれており、基地司令官を解任される。
ラルフ・クオルド
ロシュルートで撃墜されると、彼に「機体が優秀でも乗る人間がクズでは」と呆れられる。

版権作品との人間関係[編集]

シャア・アズナブルパプテマス・シロッコハマーン・カーンアマンダラ・カマンダラ
他ルートの大ボス達。そうそうたる面々である。当然彼らに実力は遠く及ばず、1人だけ極端に弱い大ボスとなってしまっている。
とはいえ「ボスさえ倒せばクリア」である彼らと違って、ロシュはザコ敵も全滅させないとクリアにならないというハンデがあるが。

迷台詞[編集]

「私は○○で終わる男ではない」
キャラクター事典によると、これが口癖らしい。そして今際のセリフでもある。
「ひ、ひい」
怯えの声。頻繁に口走る。

搭乗機体[編集]

クァイア・アームド
ロシュルートで大ボスとして立ちはだかる際に搭乗。しかしラズロが乗る同名の機体より遥かに弱く設定されている。