スーパーヒーロー作戦 ダイダルの野望

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
スーパーヒーロー作戦
ダイダルの野望
シリーズ コンパチヒーローシリーズ
前作 スーパーヒーロー作戦
開発元 日本メディアプログラミング
発売元 バンプレスト
対応機種 プレイステーション
プロデューサー 寺田貴信
ディレクター 咲山智尚
シナリオ 山部康男
咲山智尚
柴原英洋
キャラクターデザイン 余語慶一
音楽 新保茂行
発売日 2000年11月22日
価格 6800円
テンプレートを表示

スーパーヒーロー作戦 ダイダルの野望』は「コンパチヒーローシリーズ」のゲーム作品。

概要[編集]

特撮ヒーローRPG『スーパーヒーロー作戦』の続編。だが、前作とのストーリーに繋がりはなく、主に新規に登場したキャラクターがストーリーの軸となっている。また、前作に登場したガンダムシリーズバンプレストオリジナルのロボット枠は外されている。

参戦作品や当時の宣伝内容から、スパロボのような各作品の世界観をミックスして再構築したクロスオーバーを期待しがちだが、この作品はシリーズごとに章が別れているため、独立した(様な印象を受ける)各世界をプレイして最終章で初めて集結するという形式をとっているため、クロスオーバーの面白さを堪能できない。

参戦作品[編集]

  • ウルトラマンガイア
  • ウルトラマン
  • ウルトラセブン
  • 帰ってきたウルトラマン
  • 仮面ライダー
  • 仮面ライダーV3
  • 仮面ライダーBLACK
  • 仮面ライダーBLACK RX
  • 人造人間キカイダー
  • キカイダー01
  • イナズマン
  • 宇宙刑事ギャバン
  • 宇宙刑事シャリバン
  • 宇宙刑事シャイダー
  • 快傑ズバット
  • 星雲仮面マシンマン

世界観[編集]

基本的に『ウルトラマンガイア』の世界観の地球。しかし根源的破滅招来体の力によって部分的に別次元の要素が融合した「混在世界」になってしまっている。後にその力は帝王ダイダスのものとなり、世界はさらに混迷を極めていく。

あらすじ[編集]

本作は「ウルトラマンガイアの章」⇒「仮面ライダーの章」⇒「キカイダーの章」⇒「帝国決戦の章」の4部構成になっている。

ウルトラマンガイアの章
原作のストーリーに沿ってシナリオが進行する。
仮面ライダーの章
「ウルトラマンガイアの章」終了から1年後という設定。こちらも「ショッカー編」⇒「デストロン編」⇒「ゴルゴム編」の順に、原作に沿ったシナリオが続く。
キカイダーの章
「キカイダー01」と「イナズマン」のシナリオが同時進行する。
帝国決戦の章
ヒーロー達が集結して、ダイダル帝国を壊滅させるべく戦う。

主な登場人物[編集]

高山我夢/ウルトラマンガイア
藤宮博也/ウルトラマンアグル
ハヤタ(ハヤタ・シン)/ウルトラマン
「帝国決戦の章」にて登場、ガイアセイバーズの隊長となる。
モロボシ・ダン/ウルトラセブン
「帝国決戦の章」にて登場。
郷秀樹/ウルトラマンジャック
「帝国決戦の章」にて登場
本郷猛/仮面ライダー1号
TV本編とは違い、再改造されることなく旧1号の状態で戦う。なお、2号ライダー救出の際に右足を負傷する場面があるが、これは本郷猛役の藤岡弘、氏が撮影中に負傷して一時期降板せざるを得なかったエピソードから。
一文字隼人/仮面ライダー2号
TV本編とは違い、再改造されることなく旧2号の状態で戦う
風見志郎/仮面ライダーV3
早川に「噂通りの男前だな」と褒められる場面がある。風見役と早川役が同じ宮内洋氏だから実現できたイベントだといえる。
結城丈二/ライダーマン
プルトンロケットと運命を共にし、V3から「仮面ライダー4号」の称号を与えられるが、イナズマンに助けられデストロン最終決戦に参加する。
南光太郎/仮面ライダーBLACK
『BLACK』本編では実現しなかった1号らとの共闘シチュエーションが実現する。ただし、ゲーム本編では仮面ライダーX~仮面ライダーZXまでの先輩ライダーが存在しないため、彼が「仮面ライダー5号」として扱われる。特定のレベルに達するとイベントが発生、仮面ライダーBLACK RXに進化する。なお、BLACK第二のマシンであるロードセクターと光の車ライドロンは登場しない。
イチロー/キカイダー01
ジロー/キカイダー
マリ/ビジンダー
渡五郎/イナズマン
キカイダー達と同じ次元の地球の存在だが、互いに知らないためそのことには気付いていない。
一条寺烈/宇宙刑事ギャバン
「ガイアの章」序盤、XIGの地上特捜チーム・リザードの一員として登場。我夢の良き協力者となる。
伊賀電/宇宙刑事シャリバン
とある事件を際に記憶喪失となり、山奥の村で「リバ」という青年として暮らしていた。
沢村大/宇宙刑事シャイダー
早川健/快傑ズバット
「キカイダーの章」を除く全ての章に登場し、ヒーロー達を手助けする。ストーリーにはあまり関わらない所謂ゲストキャラ。
ゲーム内での発言から、スーパーヒーロー作戦』の早川健と同一人物であることが示唆されている。
高瀬健/星雲仮面マシンマン
「仮面ライダーの章」で登場する隠しキャラ。条件を満たせば、「帝国決戦の章」で仲間になる。
『星雲仮面マシンマン』はマシンロボの派生作品として企画されたという経緯があり、主人公の愛機であるマシンドルフィンは、玩具のみロボット形態に変形するギミックが搭載されている。
帝王ダイダス

用語[編集]

ガイアセイバーズ
本作では「帝国決戦の章」で、ギャバンたち数人を編成した「チームセイバー」を解散して結成される、ヒーローたち全員が所属する独立遊撃部隊の名称を指す。組織上は「G.U.A.R.D」(対根源的破滅地球防衛連合, Geocentric Universal Alliance against the Radical Destruction)の管轄下だがGUARDの特捜チームである「XIG」(シグ, eXpanded Interceptive Guardians)と違って、一切の制限を受けることなく独自権限で自由に活動可能な広域機動特務部隊である。XIGの石室コマンダーが命名した。元の次元での科学特捜隊での実績を鑑みてハヤタが戦闘指揮に任命された(ちなみに前作のTDF第二独立遊撃部隊ガイアセイバーズでも、ハヤタが隊長を務めた)。ズバットが前作の記憶からか、この部隊名に反応している。