2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
  • 発売日:1994年1月28日
  • 機種:スーパーファミコン
  • 開発:アークシステムワークス / ティーエヌエス
  • 販売:バンプレスト
  • 定価:7800円

概要[編集]

ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス』に続く、コンパチヒーローシリーズのRPG第2作目。ヒーロー達が「同盟」を組み、敵勢力と戦ってゆくというシナリオ。「人口」「地球」メーターというシステムがあり、プレイヤーの行動次第で人口が変動し、それによってエンディングが変わるというものである。

問題点[編集]

『ガイアセイバー』は前作『ヒーロー戦記』に比べるとその知名度は高いものではなかったが、一部のユーザーにはよく知られたゲームであった。しかしそれは不幸にも「悪名」の方であり、戦闘システムやシナリオ展開など、多くの点で色々と賛否両論を呼んだゲームとして名高い。下記はその一例である。

  • 戦闘難易度がアンバランス。エンカウント率は高めであり、敵も強め。ところが、ウルトラセブンから貰えるカプセル怪獣が強力すぎる為(必ず命中、安定したダメージ、何度でも使える)戦闘ではこれさえ連発していれば良いという事態が発生している。しかも通常攻撃はランダムで出る技が決まるという理不尽な仕様で、命中率も悪い有様。さらに敵自体も殆どが単体への物理攻撃しか行わず(ボスキャラでさえも)単調さに拍車をかけている。
  • 版権キャラについても、前作が良い意味でも悪い意味でもぶっ飛びすぎていた分、今作は版権キャラが殆ど喋らず、無個性さが際立つ。いつ仲間から離脱したのか、いつ参入したのかさえ分からないほど。
  • 特に評価が分かれるのが敵キャラ勢の扱いで、タイラントやゼットン、ベムスター、クインマンサやジ・オ、ジオング、グランザイラスやカニレーザー、シャドームーンといったボス級のキャラが通常の雑魚扱いで何度も出現する。あまつさえシャアが重要キャラなのにサザビーやジオングは雑魚キャラだったり、地獄大使がボスキャラなのにその正体であるガラガランダが雑魚キャラだったりと、原作の設定を知っていると完全に意味不明な扱いも多い。幹部はおろか組織の首領ですら例外はない。またボスキャラを倒してもその後無言で爆死することが多く、プレイヤーは次に何をすればいいのかと途方に暮れることになる。
  • 本作で最も問題とされるのが、洗脳された仮面ライダー2号が「ライダーキラー」として味方の前に立ちはだかり、絶対に救うことが出来ずにそのまま消えてしまい以降登場しなくなり死亡したともとれなくもない描写となっていることである[1]
    • 同じく洗脳されるゾフィーとアムロに関しては無事に助かるがこちらも描写がいい加減で、ガンダムキラーのパイロットは当初不明だったのに何の描写もないまま洗脳されたアムロだと味方に知られており、ゾフィー=ウルトラキラーに至っては実質的なラスボス戦の後に唐突に登場しイベント戦となりそこでアイテムを使えば即終了で完全に洗脳が解けて元の姿に戻る。と3人とも扱いがよくない。
    • 仮面ライダー2号の死亡説はレビューサイトの個人的な推測によるもので実際は上記の通り生死不明・行方不明のままであり、実際にゲームをやらずにレビューサイトだけを見てマークハンターが2号を殺したと批判される現象が起きてしまった。
  • 上記の通りレビューサイトのせいで仮面ライダー2号の死の原因を作ったと誤解されてしまったオリジナルキャラのマークハンターには特に非難が集中してしまっている。もっとも彼を逃がすために仮面ライダー2号が捕まって洗脳されたのは事実で、マークハンターの性格自体が本人も自称する通り悪めの性格というのも原因の一つだが…[2]
  • マルチエンディング方式だが、条件が地球の人口にも関わらず設定ミスで[3]最良のエンディングの条件を満たせないため、通常プレイでは絶対に見れない。

話題[編集]

上述のようにユーザーからの評判は必ずしも芳しくない本作ではあるが、スタッフ側には一定の思い入れがある作品であるようで、寺田Pは後に『スーパーヒーロー作戦』を練り上げる上で原型となった作品が本作であることを攻略本のインタビュー等で述べている(同作の部隊名として「ガイアセイバーズ」という名称が採用されたのもその名残とのことである)。

また、『無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ』にてマークハンターが支援キャラとしてサプライズ参戦し、今作の知名度を再び上げる事となった。

当時の『コミックボンボン増刊号』にはこのゲームの前日譚漫画が掲載されており、カミーユとシロッコの戦いとカミーユが精神崩壊する様子や、仮面ライダー2号がライダーキラーに改造される原因となった、仮面ライダー2号とマークハンターのショッカー基地潜入と、情報を持ち帰るためにマークハンターを逃がす仮面ライダー2号などが描かれている。

バンプレストオリジナル[編集]

登場人物(オリジナル)[編集]

主人公及び関連人物[編集]

マークハンター
本作オリジナルの登場人物。
上記の通り、『無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ』にも登場する。

敵勢力[編集]

Gキラー(ガンダムキラー)
洗脳されたアムロが乗るモビルスーツ。
Rキラー(ライダーキラー)
完全改造された仮面ライダー2号。キラーのなかでは唯一行方不明のままゲームが終了する。
Uキラー(ウルトラキラー)
洗脳されたゾフィー。
エージェント
ショッカーを操る首領。システムを管理するロボット。
システム
月内部にある装置。作られたのは地球より古く、50億年前からエネルギーを溜め続けていた。地球人類の進化を見守り、誤った方向に進むと天変地異や悪を呼ぶなどして地球を滅亡させる、神が作った「プログラム」。戦闘中の名前表記は「SYSTEM」で、実質的なラスボス的存在(最後に、Uキラーやヤプール人との戦闘はあるが)。第1形態はごちゃごちゃした生体的な姿、第2形態は影のような姿。今回は地球滅亡を免れたが、太陽の中にはさらに強大な「システム」があるという。

用語[編集]

同盟
本作における自軍の名称。
間違いやすいが本作では「ガイアセイバー」が部隊名として用いられることはなく、前述の通り後発作の『スーパーヒーロー作戦』において「ガイアセイバーズ」という部隊名が採用されている。

商品情報[編集]

ゲーム本体[編集]

脚注[編集]

  1. 厳密にはライダーキラー戦は数ターンすれば勝手に終了し、ライダーキラーは爆発もせずに画面から消える(消える時に使われる効果音は敵が逃げる時にも死ぬときにも使われているものだが敵が逃げる時の方が多く使われている)。明確に死亡したと言われていないが、その後は一切登場せず、主人公達は特にコメントしない。
  2. 実はそれ以前にライダーキラーは一度主人公達に倒され味方の施設に収容されるが、終盤で何の説明も無く再び敵として登場する。そうなると仮面ライダー2号の死(?)は半分後方の味方の不手際ということになるのだが…。
  3. 最終盤に必ず起こるイベントでの減少数がその時点でどれだけ抑えていても確実に下回ってしまう。