ウルロフ・ヴァイアス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ウルロフ・ヴァイアス
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 逢坂浩司
種族 ウルス人(ゲルスター帝国人)
性別
所属 ゲルスター帝国軍
役職 母艦ドラグーン艦長
軍階級 将軍
テンプレートを表示

概要[編集]

アニメ『宇宙戦艦ヤマト』の沖田十三艦長を悪人面にしたような顔付きの男性。

ゲルスター帝国きっての猛将と呼ばれる軍人で、帝国の威厳的存在である巨大軍艦「ドラグーン」の艦長を務める男。同じウルス人である部下達には寛容で、人望も厚いが、ブランチやその血を引くブランチニアンの事は人間扱いしておらず、敵もろとも砲撃するなど、完全に捨て駒と見なしている。また貴重な存在であるはずのデュプリケーターに爆薬を仕掛け、敵ごと吹き飛ばそうとするなど、勝つ為には手段を選ばない。

最後は部下であるティンプ・シャローンの裏切りによってドラグーンを爆破され、兵士達を脱出させた後に自らビグ・ザムを操縦しセントール隊に挑むが敗死した。

登場作品と役柄[編集]

バトルロボット烈伝
本ソフトに3人しかいない、バンプレストオリジナルの名有りパイロットの1人。
ドラグーンの艦長として幾度となく襲い来る。なお、本作の対艦戦は甲板上で砲台相手に行うことになる。火力・攻撃回数が高いため攻撃範囲内にいると撃破されてしまう恐れが高いが、全く移動できないためダンバインのような移動回数の多い機体でヒット&アウェイを繰り返せば無傷での撃破も可。

人間関係[編集]

テヴィエ・ネイハムアーク・クルヴィス
敵の艦長として幾度となく戦う。
カーラ・カミラ
ギャブレーの元に送り込んだ密偵。
エレノア・バラージュ
味方の参謀ではあるが、小娘と見下していた。
彼女がブランチやロボットを手元に集めている事に不信感を抱いていた。

版権作品との人間関係[編集]

カミーユ・ビダン
敵。セントール隊の援護に駆け付けた彼から生命の儚さを訴えられるが、「ブランチの若僧が!」と罵るだけだった。
破嵐万丈
ドラグーン内に捕らえていたブランチ戦士。会話は無い。
ネイ・モー・ハンバーン・バニングス
部下であるブランチ戦士。帝国首都ワトホートでは、彼らが巻き込まれるのも構わずに砲撃を行った。
ジェリド・メサマウアー・ファラオグレタ・カラス
同じく部下。
ティンプ・シャローン
やはり部下だが、決戦の際に突然裏切られ、ドラグーンを爆破される。怒るウルロフはビグ・ザムで彼のガバメントを撃墜、そのままセントール隊に挑んだ。
トッド・ギネス
やはり部下だが、決戦の際にわざと遅れて到着され、見殺しにされた。
ドズル・ザビ
『バトルロボット烈伝』に彼は登場していないため共演はしていないが、乗機やセリフ回しなど、ウルロフにはドズルをオマージュしたかの様な描写が散見される。
この点はエレノアとナナイ・ミゲルにも(ウルロフほど露骨ではないが)言える。

名台詞[編集]

「フハハハハ…確かに、貴様の言う通りだ。まさか、こうも簡単に、このドラグーンが落ちるとはな…」
突然自分を裏切り、「俺達ブランチの事は信用してなかったんだから自業自得だ」と嘲るティンプに対して。自嘲の笑いを見せるが…。
「まずは、貴様からだ!うらぎり者め!」
怒りの叫びと共にティンプを撃墜、そして…。
「…操縦系を切りかえ、わしのところへ回せ!お前達は、脱出しろ!」
「わしには、過去しか無い。しかし、お前達には未来がある。帝国の、栄光ある未来のためにも、お前達は生きのびろ…」
1人ビグ・ザムに乗り、老兵は死地に赴いた。これまでの物語中ではブランチやエレノアに対する横暴ぶりしか見せて来なかった彼が、異なる一面を見せた最初で最後のシーンである。
「やらせんぞ!貴様らごときに、帝国の栄光はやらせん!このわしがいる限り、やらせんぞ!」
今際のセリフ。乗機ビグ・ザムの原作でのパイロット、ドズル・ザビと同じ言葉である。
そしてその最期には、やはりドズルと同じ様な黒い影が立ち昇っていた。

搭乗機体[編集]

ドラグーン
乗艦。最後はティンプに爆破され、破棄した。
ビグ・ザム
最終決戦の際に搭乗。