2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

虚憶

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2018年9月21日 (金) 20:34時点におけるXE (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

虚憶(きょおく)とは、『第2次スーパーロボット大戦OG』最終話「古の忌憶」においてユーゼス・ゴッツォが語った事象。一言で説明してしまえばそのキャラが別の作品で出演した時の記憶である。

概要[編集]

ユーゼスの言によれば、スパロボ恒例の並行世界論では、一つの魂が宇宙の死と新生を超えて転生する事例が多く存在し、さらには前の宇宙で体験した記憶がイメージとして引き継がれることがある。この「宇宙の死と新生を超えた転生」を「再有生(さいゆうしょう)」、「引き継がれた記憶」のことを「虚憶」と呼称する。つまり、OGにおいて「虚憶」を持つ人物は異世界同位体ではなく、過去作品で登場した後、OG世界において同一人物として生まれ変わった存在であるということになるようだ。これが成されるきっかけは過去生における因縁の深さ、要するに関わりの深い人間の存在である(マサキならシュウ、リュウセイならイングラムやSRXチーム)。

虚憶の鮮明度や認識の度合いについては、それぞれの持つ因縁や業が深ければ深いほど大きくなる。これはユーゼスやシュウ、ギリアムが顕著。ユーゼスは劇中、自身が持つガンエデンやクロスゲートに関する記憶を認識し、それが前世の記憶だと知った上で、なぜ自分にそんなものがあるのか、何に対して因縁を持っていたのかを知ろうとしていた。そのための手段としてクロスゲートを手に入れ、ナシム・ガンエデンを乗っ取る計画を立てた……というのがOGシリーズの戦乱の始まりとなっている。ちなみにこの言葉は、前世の記憶の中でも「経験した覚えがない」と感じる記憶を指し、虚憶であってもそれが「自分自身の経験したこと」として認識できる場合は「実憶(じつおく)」と呼ぶ。

再有生を行っている存在については、ユーゼスは「神だとでも思え」と述べている。また、その条件は運命や宿命だとされている。

また、それを知り、再有生を試みざるを得ない存在がおり、それがユーゼスであり、イングラムであるらしい。

虚憶にかかわりのある人物[編集]

バンプレストオリジナル[編集]

ユーゼス・ゴッツォ
『第2次OG』では「虚憶」における『スーパーヒーロー作戦』と『α』の経験を踏まえてナシムを乗っ取る計画を立てたのだが、記憶の引き継ぎは虫食い状態らしく、しかも肝心の部分(作中判明した限りでは自分にとって都合が悪い記憶ばかり)が一部抜け落ちている。現に『α』のユーゼスは自分が倒されても目的の一つが達成されるように一種の保険を掛けており、保険を掛けた事でその目的の一つについては事実上達成出来たのにも関わらず、『第2次OG』のユーゼスは保険を掛けていなかった。また、CPSの完全な動作にラプラスデモンコンピューターが必須であることなども覚えてないらしく、その影響か鋼龍戦隊をCPSで消滅させられないという失態を犯している(鋼龍戦隊の存在が消えてしまうとアダマトロンも存在出来ないためと思われる)。
なにより最大の問題は、今までに『SHO』の「全てを良しとして終わった」結末に関しては一度も思い出していない事だろう(でなくば調停者となる野望にしがみ付くはずがない)。
イングラム・プリスケン
OGシリーズでは死に際に、「何度目の、何回目の俺であるかはわからないが、迎える結末は全て同じ」と語っている。ちなみに『α』最終決戦で正気を取り戻した場面があるが、この時のイングラムは『SHO』の主人公本人であるため、虚憶ではなく本人の記憶。
ユーゼス曰く、彼もまた虚憶と再有生の原理を知り、一大劫の超越を試みざるを得ない存在らしい。
シュウ・シラカワ
いつ頃のことかは不明だが『α』の虚憶を保持しており、クロスゲートを知っていた(正確にはクロスゲートという「言葉」を知っていたのであり、前世でクロスゲートそのものをみていないため下記の人物達のようなデジャヴは発生していない)。また、このビジョンの中にはアストラナガンの姿があったらしく、SRX計画にオリハルコニウムを提供、イングラムがそれによってアストラナガンを造り出すのか否かによって、その知識の程度(=虚憶の有無)を確かめようとしていた節がある。
また、『OGDP』では、タイミングの関係でαシリーズでは見ていないはずのクストースに関する虚憶がぼんやりとだが存在していることが判明。クストースがガンエデンの僕であり、彼がガンエデンを目撃(『第2次α』時点でシュウは既に死亡している)することはない。可能性があるとすればズフィルードの武器「ジーベン・ゲバウト」でガンエデンのシルエットを見たことだけ。ただ、『EX』をなぞるならこの後ルオゾールの手で蘇生しただろうことは想像がつく。さらにビアンが健在であるため、彼共々裏で何かやっていた可能性はあるが……。
マサキ・アンドー
実はOGシリーズでこの「虚憶」らしきものの兆候を一番最初に見せた人物。『OG1』にて初対面のギリアムに対して「どこかで会わなかったか」と尋ねている(ギリアムのリアクションを見るに『ヒーロー戦記』の虚憶である可能性が高い)。さらにマサキは『ヒーロー戦記』においても、初対面のアムロに対して以前からの知り合いであるかのような態度を取っている。また、未だに詳細が明かされていない、マサキの中にある「『LOE』第一章以前にシュウをどこかで見た記憶」もこれである可能性もある(両者の初登場は『第2次』。ただし、『LOE』は『第2次』とストーリー上の繋がりがあるのでそれ以前の別世界である可能性もある)。お遊び的な要素と見られていたが、後述の再有生も含めて、Zシリーズのそっくりさんことアサキム・ドーウィンとの関連がほのめかされている。
ギリアム・イェーガー
彼も虚億の兆候を見せている。恐らく兆候を見せている人物の中でも完全に近い状態で保持している模様でゼゼーナンの結末が同じ事になると会話していた。だが、肝心要の記憶は抜け落ちているようだ。ついでに言うとロアに対しても同じような現象が起きている(バトルドッジボールの記憶らしいがダークブレインについては知らなかった)。
ただし、彼の場合「虚憶」や「実憶」よりも「実体験」の占める割合のほうが多い可能性が高い。『ヒーロー戦記』以降の彼は並行世界を彷徨い、様々な事象を観察し、そして関わってきたと思われる。「何故並行世界を彷徨い実体験しているはずの記憶(ロアやダークブレインについての記憶など)が抜け落ちているのか」という疑問も、「虚憶と実体験が両立しているから」とすれば説明がつく。
なお、虚憶とヒーロー戦記後に数多の世界をさすらった記憶が両立しているとして、どのタイミングで有再生が発生しているかについては、まず一番可能性が高いのは『ヒーロー戦記』本編開始1年前に名前以外の全ての記憶を失った状態で発見された時。その後、ギリアムは完全な記憶を取り戻した瞬間に自分の使命と自分が何の為に生まれてきたのかを思い出した
逆に『ヒーロー戦記』のEDでヘリオス要塞の崩壊に巻き込まれた事についてはXNガイストも一緒に転移しているため、再有生が発生したかは微妙なところである。
だが、一番の謎は彼の旅した世界やその順番が謎な事、そしてもし再有生が起きたとするなら超命種の超人(これも詳細は謎ではあるが)である彼もまた何処かで死を迎えたということで、いつどこでそんな事態が起きたのかということである。結局「虚憶」というワードは彼の謎をさらに深めるだけとなってしまった。
リュウセイ・ダテアヤ・コバヤシマイ・コバヤシクスハ・ミズハブルックリン・ラックフィールド
OGシリーズでファブラ・フォレースにあるクロスゲートを、「見たことがあるような気がする」というデジャヴを感じる。共通するのは『第3次α』で銀河大戦に参加しており、かつ念動力者であること。なお、リュウセイは『SHO』のEDにてイングラム(ヴィレッタ)に対し「どこかで会わなかったか」「不思議と他人って気がしない」と語っている。
ノーヴル・ディラン
自らの意思を未来へ飛ばすことにより記憶を保ったまま何度も転生している。彼女の場合はどちらかというと「経験」が伴うため実憶に該当するだろう。
アニエス・ベルジュ
UX』のEDにて虚憶の兆候を見せている。
ZEUTHZEXISZ-BLUEの一部メンバー
Zシリーズ」の中核を成すプレイヤー部隊。Zシリーズでは「一万二千年」の周期で宇宙が崩壊し、再構築している世界観で、前周期で参加した部隊の一部には転生する以前の記憶が残っている。明確に覚えているのは『創聖のアクエリオン』の登場人物「アポロニアス」→「不動GEN」(スーパーロボット大戦Z)→「不動ZEN」(第3次スーパーロボット大戦Z)の過去生の人物。

版権作品[編集]

版権スパロボにおいても設定や時系列上繋がりの無いはずの作品間を跨いだ小ネタ発言やギャグという物は多数存在しており(一例として『L』におけるデュオの五飛とのとある戦闘前会話など)、マサキの項で上述した通りこれまでは単なるお遊びやメタフィクション的なギャグとして扱われていたそれら全てが、OGシリーズだけに留まらないスーパーロボット大戦やコンパチヒーローシリーズを始めとした多くの作品群全体を一つの軸に繋ぐ可能性が出てきたといえる(むろん、大半は本当にネタだろうが)。

アムロ・レイ
サイバスターの出自に聞き覚えがある事やギリアムの名前に酷く動揺する事。どちらも『ヒーロー戦記』の虚憶と思われる。逆に『ヒーロー戦記』ではマサキに対して「どこかで会った気がする」と反応を示しており、こちらは『第2次』の虚憶と思われる。
渚カヲル
第3次スーパーロボット大戦α』にて『MX』世界の行方を仄めかしている。ただし彼の場合は「死」と「生」が全く同一の意味となる特殊な使徒である上、並行世界から「2人目」の綾波レイ共々跳んで来た「本人」である可能性が高いため、虚憶かどうかは微妙なところ。
これ以外でも参戦する作品全てにおいて、過去作を知っているような口ぶりを見せるため、彼の言動はスパロボ全体における大きな謎のひとつとなっている。
ゲレンボラッシュ・ドロカ・ザキ
スーパーロボット大戦Operation Extend』にて原作通りの展開でキリコがバーコフ分隊の面々に異能生存体についての話をしようとしたところ、突然動揺し始め、「その話を聞いてしまったらここから生きて帰れない」とまるで原作の結末を知っているかのような理由で話を遮り、結果として死亡フラグをへし折った。
スーパーヒーロー作戦』におけるガイアセイバーズのメンバー、『リアルロボット戦線』の自部隊の面々
EDで明らかに虚憶の兆候を示している。
快傑ズバット/早川健
『SHO』におけるガイアセイバーズの1人だった男。虚構の世界での戦いの全てを実憶として所持している。これは続編『スーパーヒーロー作戦 ダイダルの野望』でも同じで、味方部隊名が「ガイアセイバーズ」に決定した時にそれを示唆している。
兜甲児 (真マジンガーZERO)
時間遡行の当事者であるミネルバX以外で唯一人、差異次元での記憶を部分的に保持している。

虚憶に関わる台詞[編集]

スーパーヒーロー作戦 [編集]

「ウルトラの星が輝く時、か。彼らは、俺達を……地球を見守ってくれているんだろうか。例え皆が俺のことを忘れても、俺は忘れちゃいないぜ。ガイアセイバーズとして戦った、あの日々のことをな……」
エンディングにおける健のシーンにて。この直前のシーンでは、キカイダー兄弟やガンダムチームは「自分達以外の仲間のイメージ」として、メタルダーこと流星は「これから戦うはずの帝王ゴッドネロスの記憶」として虚憶の兆候を見せていたが、この男だけはイメージを通り越して完全な記憶を残していた。
因縁や業、因果の鎖への関わりを一切持たないこの男が、なぜイングラムと同レベルの実憶を残したのかは不明。「日本一の男」だから、で納得すればいいのだろうか?

OGシリーズ[編集]

(…それが…何回目なのか…何人目の俺なのかは…わからないが………迎える結末は…全て同じ……らしい………………)
イングラムの散り際。最期の最期に確立した己の人格の中で、かつての記憶を垣間見る。その中で彼が知った事実とは、例え何度生まれ変わろうとも、最後に待っている結末は変わらないという残酷な真実であった……。
そしてそれは、同じ鎖に連なる全てに定められた運命でもある。滅びも然り、生還も然り、戦いの旅もまた然り。
「一大劫を経て再有生し、受け継がれる記憶……いわば、前世の記憶だ。お前達の中にも虚憶を持っている者がいるだろう? 見聞なきはずのクロスゲートやガンエデン、その名や姿に覚えがある者が」
「記憶を辿ろうとも明確な答えは出ず、おぼろげに存在している知識……きっかけがなければ、自覚せぬまま一生を終える」
『第2次OG』最終話より、ユーゼスによる虚憶についての大まかな説明。「一大劫」とは仏教の言葉で、宇宙の誕生から消滅までの過程を成劫、住劫、壊劫、空劫の四劫に分け、それら全ての時間を一大劫と呼ぶ。つまり、ユーゼスの「虚憶」にある「SHO」や「α」は、OGから見ると「前の宇宙の出来事」となる。
「虚憶の有無、内容については個体差がある。その要因となるものは縁……一大劫前からの因縁だ。別の形で生まれ変わる者もいれば、一大劫を経て再有生する者もいる。虚憶の持ち主のほとんどが後者だ」
「そして、再有生とは一大劫を経て同じような姿、気性、能力を保つことだ。たとえば、マサキ・アンドー……そしてシュウ・シラカワ。お前達も再有生を遂げ、互いに因縁で結ばれている。そう……並行世界だけでなく、一大劫を経てもなお、お前達は強固な縁で結ばれているのだ」
「再有生」について。つまりは前の宇宙、前の世界で強い因縁を持った者達は、互いに同じ人物として次の宇宙、次の世界へ転生するが、この時互いを結ぶ因縁が同時に引き継がれていく(要するに同じような関係となる)。現にマサキとシュウの場合、初登場となる第2次以来、何度も宿敵として戦って来ている。ちなみにシュウはこれを「願い下げだ」と切り捨てたマサキに「同感ですね」と同調したが、当人もまた虚憶を持つだけになおさらうんざりしているのだろう。
並行世界も含まれているという点だが、マサキやリュウセイ達があの世界に転移した際に前の宇宙でのったの異世界同位体と出会ったのはその縁が因子として働いた為なのかもしれない。
「再有生という言葉の意味を知っただけであれば、そうであろう。四劫は宇宙の真理……それを知らずとも破界と再世は繰り返される。再有生を遂げなくとも、虚憶がなくとも、それらに気づかずとも、人は生まれ……死んでいくのだ。ただ……仮に再有生の実感があるとすれば、お前はそのような姿ではいられぬ」
再有生の実感はないと突っぱねるマサキに対して。要するに「何度でも同じ人間として生まれ変わっている認識があれば、同一人物としての己を保ってはいられない」ということだろう。
また、ペルフェクティオの断末魔にも出てきた単語「破界」と「再世」という単語がまたもでてきており、ますますZシリーズとの関連を疑いたくなってくる。
しかし、真っ先に思い浮かぶアサキムはマサキと同一人物ではない事が明言されており、一見ミスリードだったかのように見える……が、マサキではなくサイバスター、或いはサイフィスへの発言だったとすると意味が通ってくる
レーツェル「ユーゼス・ゴッツォ。再有生を可能とする条件は何だ?」
ユーゼス「……運命、宿命とでも言っておこう」
レーツェル「ならば、それを定めたのは何者だ?」
ユーゼス「だとでも認識するがいい」
レーツェル「もう一つ聞こう。再有生は、自らの意志で行えるものなのか?」
ユーゼス「希にそれを知り、四劫の超越を試みる者……いや、そうせざるを得ない者達がいる」
ライ「……お前のことか、ユーゼス」
ユーゼス「そう……そして、我と深き因縁を持ち、幾度も我の前に現れるイングラム・プリスケン」
「だが、彼奴は己の虚憶に気づく前、お前達の手によって消滅した。もはや、我の前に立ち塞がることはない」
レーツェルとの問答。己を破滅させる因子となりうるだろうイングラムが死んだことで、ユーゼスは己の計画の成功を確信した。その意を継いだもう一人のイングラムは未だ因子が揃わず、OG世界には来られない。……だが、彼は気づかなかった。イングラムが死んだ瞬間、因果の鎖から逃げることはもう出来なくなったのだと。そして、己の運命を変えるために造られた因子の一つがそれを決定づけたことを。
前半の台詞を噛み砕くと、「『神』あるいはそれに等しいナニモノカによって再有生が定められており、さらにそれを知り、一大劫の超越を試みざるを得ない者がいる」ということになる。ユーゼスもその一人だが、「なぜ」そうしなければならないのかは今の所不明。イングラムに関しては「番人」の使命が全てを物語っている。
(そして、記憶の底をくすぐられるようなこの感覚は……もしや、私の虚憶と何か関係が……?)
『OGDP』にてカナフの接近を感知した際のシュウの反応。前述の通りαシリーズでは対面していないはずのクストースの虚憶があるようだが、はっきりとしたイメージにはなっていないらしい。