2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

「窮奇王」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(ソートキー等)
30行目: 30行目:
 
;凶牙砕(きょうがさい)
 
;凶牙砕(きょうがさい)
 
:かみついた敵を引きずり回して岩山に激突させ、伸長させた爪で諸共切り裂く。装甲ダウンの効果。
 
:かみついた敵を引きずり回して岩山に激突させ、伸長させた爪で諸共切り裂く。装甲ダウンの効果。
 +
;邪王窮奇(じゃおうきゅうき)
 +
:宇宙ルート第54話で追加される最強技。猛スピードで駆け抜けながら翼を広げて突進し、衝撃波でかちあげた敵に刃状に凶尾光を放出した尻尾で目にも止まらぬ連撃を見舞う。締めに尻尾を振り回して敵を地面に叩き落とし、凶尾光で串刺しにしたところをかぶりつき、食いちぎる。
  
 
== [[特殊能力]] ==
 
== [[特殊能力]] ==

2013年1月3日 (木) 22:43時点における版

窮奇王(Kyuukiou / きゅうきおう)

バラルに属する超機人の一体。古代中国の伝承に在る怪物「窮奇」を象った、翼を持った赤い虎のような姿をしている。

超機人の中でもとくに凶悪な「四凶」の一体であり、四神や応龍皇と異なり非常に生物的な姿をしている。また、四凶の共通点として、操者の肉体を喰らって稼働するというとんでもない特徴がある。そのため、一応操縦座は存在しているのだが、危なすぎて乗ることが出来ない。

地上戦のみならず空中戦をもこなす高い戦闘能力を持ち、接近戦を得意とする。

あまりの凶悪さから創造者ですら制御することが出来ず、かつては饕餮王・渾沌王・檮机王共々バラルを離反し敵対していたが、激戦の末に敗北。夏喃達によって枷をつけられ、使役されている。

登場作品と操縦者

OGシリーズ

第2次スーパーロボット大戦OG
40話「蒼炎の逆鱗」で初登場。ほぼすべての武器が特殊効果持ちという厄介極まりない敵。

装備・機能

武装・必殺武器

凶尾光(きょうびこう)
尾の先から光線を放つ全体攻撃。これだけ特殊効果がない。
超音牙砕(ちょうおんがさい)
咆哮で敵を破砕する。攻撃ダウンの効果。
凶牙砕(きょうがさい)
かみついた敵を引きずり回して岩山に激突させ、伸長させた爪で諸共切り裂く。装甲ダウンの効果。
邪王窮奇(じゃおうきゅうき)
宇宙ルート第54話で追加される最強技。猛スピードで駆け抜けながら翼を広げて突進し、衝撃波でかちあげた敵に刃状に凶尾光を放出した尻尾で目にも止まらぬ連撃を見舞う。締めに尻尾を振り回して敵を地面に叩き落とし、凶尾光で串刺しにしたところをかぶりつき、食いちぎる。

特殊能力

EN回復(中)
フルブロック
四凶邪視
ターン開始時、自分の周囲3マスの相手ユニットの気力-3。ファートゥムの「パッシーオ」と似たような能力。

サイズ

L

移動タイプ

空、陸
饕餮王と違い空が飛べる。

専用BGM

「暴悪の超機人」
専用曲。一応「我ニ敵ナシ」「雀・武・周・天」の系統の曲なのだが、全体的にダークな旋律が脅威をあおる。

対決・名場面など

VS龍虎王

関連機体