「沙慈・クロスロード」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(→‎2nd)
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
232行目: 232行目:
 
:第17話より。アロウズのメメントモリ2号機による[[軌道エレベーター|アフリカタワー]]破壊を阻止すべくオーライザーに搭乗した際に。戦場において人を殺める事に未だに抵抗感が拭えない沙慈の心境がうかがえる。
 
:第17話より。アロウズのメメントモリ2号機による[[軌道エレベーター|アフリカタワー]]破壊を阻止すべくオーライザーに搭乗した際に。戦場において人を殺める事に未だに抵抗感が拭えない沙慈の心境がうかがえる。
 
:なお、この台詞の元ネタは『[[機動戦士ガンダム]]』第2話における[[アムロ・レイ]]の名台詞「相手がザクなら、人間じゃないんだ!」であろう。
 
:なお、この台詞の元ネタは『[[機動戦士ガンダム]]』第2話における[[アムロ・レイ]]の名台詞「相手がザクなら、人間じゃないんだ!」であろう。
;「やめろ―!」<br />「もうやめてくれ…何も変わらない…仇を討っても誰も生き返ったりしない…悲しみが増えるだけだ…こんな事してたら…みんなどんどんおかしくなって…どこにも行けなくなる…前にすら進めずに…」
+
;「綺麗だ…5年前もこうやって二人で地球を見たよね。あのとき僕は、この青い地球を見て宇宙で働こうって決めたんだ。そしていつか…この景色をもう一度君と見ようと、そう思ったんだ」<br />ルイス「もう、会わないと決めていたのに…」<br />「でも…僕たちはこうして出会えた。ずっと待っていたんだ。君を…この宇宙で。戻ろう、ルイス。あの頃へ。何もかも穏やかだった、あの日常へ――」
:第19話。トランザムバーストによりルイスと対話をするも、彼女はガンダムへの復讐心に囚われていた。稼働時間の限界を迎えた直後、ピーリスがアンドレイを「セルゲイの仇」として攻撃しようとする中で自身の想いを叫ぶ。
+
:第19話。戦場に現れたルイスを説得するため、彼女を探し当てる。そしてトランザムバーストによりルイスと対話をするも…。
 +
;「おかしいよ、おかしいよ! 君はそんな女の子じゃなかった! 何が君を変えたんだ!?」<br />ルイス「自分で変わったのよ、自分の意志で!」<br />「それは嘘だよ! 僕は知ってる。ルイスの事…優しい女の子だって事…宇宙に行くために、一生懸命勉強した事も!ワガママを言って、相手の気を惹こうとする、不器用なところも! 本当は…寂しがりやだってことも…。僕は、知ってるんだ…ルイス…」
 +
:同話。ルイスはガンダムへの復讐心に囚われ沙慈へ銃を向ける。沙慈は彼女を優しく抱くが、直後に4年前の凄惨な事故の記憶が脳裏をよぎり…。
 +
;「やめろ―!」<br />「もうやめてくれ…何も変わらない…仇を討っても、誰も生き返ったりしない…悲しみが増えるだけだ…こんな事してたら…みんなどんどんおかしくなって…どこにも行けなくなる…前にすら進めずに…」
 +
:同話。稼働時間の限界を迎えた直後、ピーリスがアンドレイを「セルゲイの仇」として攻撃する中で自身の想いを叫ぶ。
 
:そして次々回において、その言葉通り[[ネーナ・トリニティ|仇]]を討ったルイスには[[トラウマイベント|悲しみしか残らなかった…。]]
 
:そして次々回において、その言葉通り[[ネーナ・トリニティ|仇]]を討ったルイスには[[トラウマイベント|悲しみしか残らなかった…。]]
 
;「戦うよ。ルイスを取り戻すために。僕は僕の戦いをする…!」
 
;「戦うよ。ルイスを取り戻すために。僕は僕の戦いをする…!」

2020年3月27日 (金) 02:05時点における最新版

沙慈・クロスロード
読み さじ・クロスロード
外国語表記 Saji Crossroad
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 入野自由
デザイン 高河ゆん(原案)
千葉道徳
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日系人)
性別
年齢 17歳(1st)
21歳(2nd)
23歳(劇場版)
所属 学生(1st)→民間人(1stエピローグ・2nd第1話)→ソレスタルビーイング(2nd)→民間人(2ndエピローグ・劇場版)
テンプレートを表示

沙慈・クロスロードは『機動戦士ガンダム00』のもう一人の主人公

概要[編集]

『1st』では終始一般人の立ち位置を出ない為に今一つ活躍が無かったが、『2nd』では最終的に主人公機のサブパイロットになるだけでなく、心を通わせた女性が「黒いガンダムタイプに乗る」「巨大MAに乗る」「強化人間化する」という、ガンダムシリーズにおける三大死亡フラグを全てへし折って彼女の救出に成功した稀有なキャラクターであり、恋人であるルイス役の斎藤千和女史からも絶賛を受けている。なお、『2nd』でオーライザーに搭乗する経緯は歴代作品の「元々は民間人の主人公が偶然MSに乗り込む」というパターンを踏襲したもので、パイロットスーツもそれを意識したのか白を基調としたものである。

「平和に暮らしていたが、なし崩し的に戦争に巻き込まれた一般人」というポジションや「戦争を通じて精神的に成長していく」展開など、視聴者と最も目線を合わせたキャラクターであると言える。そういう意味では「もう一人の主人公」という肩書もあながち間違いではない。

1stシーズン[編集]

経済特区日本に住む少年で、「宇宙で働きたい」という夢を抱えながら姉の絹江・クロスロードや恋人であるルイス・ハレヴィと共にごく普通の生活を送っていた。作品の主人公である刹那・F・セイエイとは彼の潜伏先における隣近所の関係にあり、自分の部屋に招く等それなりの付き合いをしている。

序盤ではソレスタルビーイングについては気になりつつも「遠い世界の出来事」と認識しており、日常の生活の方を優先していた。しかし中盤、ソレスタルビーイングを追っていた姉が殺害された(実行犯はアリー・アル・サーシェス)だけでなく、恋人のルイスはチームトリニティの襲撃によって両親と左手首を失い、彼の日常は急変してしまう。終盤はルイスと「宇宙で再会する」という約束を交わし、『1st』エピローグでは宇宙技師の資格習得の為の勉強に打ち込んでいた。

4年後、念願の宇宙技師となり、ルイスとの約束を果たすためコロニー公社で働いていた。しかし、家族の命を奪ったガンダムへの復讐の為に行動するルイスとは音信不通となってしまう。

2ndシーズン[編集]

開始直後、カタロンの構成員でもある同僚が強制連行される場面に出くわしたせいで自身もカタロン構成員と疑われ、アロウズに連行されて資源衛星での強制労働を強いられる事となる。そして、アロウズが投入した無人兵器オートマトンに殺されかけた所を助けられる形で刹那・F・セイエイと再会を果たす。しかし、直後に彼がソレスタルビーイングガンダムマイスターである事を知り、怒りをぶつけている。その後はやむなくトレミーチームと同行する事となり、赤ハロからの情報でルイスの巻き込まれた事件の真相を知ったり、宇宙技師としてプトレマイオス2(以下、「トレミー」と表記)の整備等に借り出されたりした。

一旦はカタロンの基地に保護されるが、元の生活に戻りたい一心で勝手に逃げだして逆に連邦軍に捕まってしまう。この軽はずみな行動の為に基地の場所がアロウズに特定されて襲撃を受け、多数の死傷者が出るという悲惨な結果を招く事となった[1]。その後は再びトレミーチームと行動を共にするが、自らの贖罪の為か「何か自分にできることをしたい」と積極的にイアン達の手伝いをするようになり、それに従ってソレスタルビーイングのメンバーとの交流も増えていった。[2]

中盤、負傷したイアンの代わりにオーライザーを刹那に届けるが、その戦闘でルイスと思わぬ形で再会する事になる。この事で一度はトレミーを飛び出そうとするが、過去の過ちを思い出した為に未遂に終わった。その後はルイスを救うため「ルイスに呼びかけ続ける」という戦いをする決心をし、オーライザーのパイロットとして索敵やツインドライヴシステムの制御等を担当するようになる(沙慈の操縦技術がゼロの為、オーライザーの機体制御は赤ハロが担当)。

最終決戦では紆余曲折の末、ルイスの救出と和解に成功する。最終決戦後はソレスタルビーイングを離れ、療養中の恋人・ルイスを傍で見守っていく事となった。

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-[編集]

劇場版では、軌道エレベーターの保守作業員として働く民間人として生活しているが、かつてソレスタルビーイングと関わっていた為か連邦政府の監視が付けられている事が明かされている。

同時期を描いた外伝漫画『機動戦士ガンダム00I 2314』ではフェレシュテの一員であるレオ・ジークとデル・エルダと対面しており、自身の想いを語っている。

その後 [編集]

『ガンダム00』10周年記念イベント「ガンダム00 Festival 10 "Re:vision"」において発表された朗読劇では、ルイスと同棲している。 ELSと同化した人間のための医療施設が高軌道ステーションに設置されており、ELSの脳量子波の影響を受けたルイスもそのサポートを受けた方が良いとの判断から、軌道エレベーターの作業員として宇宙での復旧作業をこなす傍らでルイスと共に生活している。

しかし、彼の勤務する軌道エレベーターの作業員の中に反ELS・反イノベイターを掲げる過激派組織「ヒューマレスト」の構成員が潜伏している事をアレルヤからの連絡で知らされる。当初は上記の監視の事情もあり乗り気ではなかった(アレルヤも民間人に戻った彼を巻き込む事は望んでいなかった)が、無血解決を望むアレルヤの依頼を受けて、軌道エレベーターの作業員リストを持てるあらゆる手段を駆使して入手し、ソレスタルビーイングに提供し、事件解決の一助となった。

登場作品と役柄[編集]

原作では1stシーズンと劇場版においては完全な一般人ポジションであり、なおかつ戦いに直接関わるのが2ndシーズンのみなので自軍に参加する作品は少なめ。ただしNPCであっても他作品キャラクターとの絡みや会話面での出番はそれなりに多いので影が薄いということはあまりない。

Zシリーズ[編集]

シナリオの都合もあるとはいえ、原作以上に波乱に満ちた経緯を辿っている。

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。1stシーズンの設定で登場。ルイスと共に『コードギアス』に登場するアッシュフォード学園の生徒会メンバーとなっている。「日本人(イレヴン)の血が混じっているが故に、周囲から避けられることもあった」事が語られている。
なお本作では原作と異なり、ルイスが負傷した際に刹那もその場で攻撃に巻き込まれており、沙慈もその事を知っている。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
『2nd』の設定で参戦。破界編終了後、アッシュフォード学園を退学して宇宙技師になっていたという、原作では真面目に勉学を重ねて技師になった事を考えると(『コードギアス』と『00』のシナリオの都合上で仕方ないとはいえ)中々ぶっとんだ経緯を迎えている。
上記の通り、トリニティの襲撃の際に刹那も巻き込まれ沙慈もその事を知っているのと、カレンをはじめとしたZEXISの仲間がいるためか原作よりも早くトレミーチームへの誤解が解けており、刹那との関係も早期に改善されている。
刹那との絡みや彼へお礼を言う場面も多く、原作よりも「相棒」としての側面が強くなっている。そういった事情からか、原作での軽率な行動によるカタロンメンバー虐殺事件も再現されなかった(そもそもプトレマイオス2から離れる展開が無い)。中盤からはダブルオーライザーサブパイロットとして参戦。姉の仇であるサーシェスとの交戦機会もあるが、因縁自体を知らないためか特殊戦闘台詞等は用意されていない。
顔グラフィック数が少ないためか、明るい会話イベントでもよく深刻そうな表情になる。故に、その事をプレイヤーからネタにされることが少なくないようだ。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
劇場版設定で登場。今回も最序盤から登場するなどでそこそこ目立つ他、アッシュフォード学園へ復学したあと、より専門的な事を学ぶためにアナハイム工業専門学校へと転校した事が語られた。
転校によりバナージタクヤミコットらと友人となっており、友達いない疑惑は晴れたが今度は留年疑惑が浮上した(通常、復学しても休学した学年から始まるはずなので実際に留年という訳ではないにしろ結果的に年下と同級生となっている可能性はある)。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
引き続き劇場版設定で登場。初登場は蒼の地球北米ルートで、ミレイの伝手で紹介を受け、小さな輸送会社で仕事をしていた。
その後、ルイスと共にシャトルに乗っていたところを新地球皇国に拿捕され(この辺りの経緯はDLC「その背に未来を」参照)、その後はラース・バビロンに囚われていた。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
劇場版設定のため、民間人として登場。登場するシーンでは大抵の場合、ルイスと共に自軍を遠くから見守っているのみであまり絡まない。
スーパーロボット大戦BX
劇場版設定で登場。本作の主人公であるヨウタの母が経営する骨董店にてアルバイトをしている。第1話から登場しており、物語全体での出番はさほど多くないが、時折登場してはかつて戦いを乗り越えた経験を活かしての助言でヨウタを導くなどの印象的な役割を与えられている。
むしろ『00』メンバーよりもオリジナルとの絡みが多く、出典作品が何だか忘れそうになる(彼に限った話ではないが)。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
劇場版設定のNPC。ウリバタケの工場で働いている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
第5章でダブルオーライザーを届けに来て、ここではジオン軍キシリア派に拿捕されかかる。しかし追っ手がブシドーゼクスだったので、その場で刹那のダブルオーライザー搭乗が許されて彼もサブパイロットとなり、そのままコネクト・フォースに加入。
サブパイロット専属のため、Lvは基本的に刹那に連動している。高Lvになれば、激励をダブルオーライザーに使用して戦闘序盤からイノベイター量子化を発動させることも可能。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
スーパーロボット大戦DD
1stシーズンの設定で登場。ワールド3にてアッシュフォード学園の正門前でブリタニア人に絡まれており、異世界からやってきたアークエンジェル隊とプレイヤーにエリア11の実態を説明する役を担っている。学園前にいるが生徒なのかは明確になっておらず、やりとりからカレンとは初対面のようである。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

SPはそこそこ高め。

精神コマンド[編集]

第2次Z
偵察努力根性信頼気合期待
戦闘に否定的なスタンスゆえか、「気合」以外は戦闘系のコマンドを全く覚えない。また、意外にも最後に習得するのは「」ではなく「期待」。ただし、ややコスト高。加速を習得しないのが惜しまれる。
参戦直後のレベルは民間人であるだけにたったの10だが、文字通り「努力」と「根性」で刹那に追いついて来る。
OE
努力激励

人間関係[編集]

絹江・クロスロード
姉であり唯一の肉親。なお、本編において、沙慈は姉が誰に殺されたかを最後まで知る由はなかった。
ルイス・ハレヴィ
ガールフレンド。大切な存在だったが、父親を失った過去から大切な人を失う事を恐れ、彼女の想いに応える事が出来なかった。
ルイスの負傷を機に、自身の想いに素直になる事を決め、彼女に指輪と共に告白するが…。
刹那・F・セイエイ
隣人。初対面時には愛想ないと思いつつも、意外と近所付き合いは良く、部屋に招待した事もある。2nd序盤でアロウズから彼に助け出されたことで深く関わっていく事となる。
ルイスや姉・絹江の事に関しての誤解のせいもあり一方的に彼を恨んでいたが、それでも現実を受け止めて共に戦い続ける事で打ち解けていき、最終的には「良き相棒」と言っても良い関係になる。
ティエリア・アーデ
自身の軽率な行動に対して彼から何度か叱責を受けている。それ以外ではほとんど絡みが無い。
なお、その切っ掛けが無いスペシャルエディション版および『第2次Z再世篇』では、関わりがほぼなくなっている。
イアン・ヴァスティ
人生の先輩的存在。
セルゲイ・スミルノフ
カタロンの基地から脱出し連邦軍に拘束された時に彼の取り計らいで釈放してもらえた。…なのだが、セルゲイにこれまでの経緯を話した事が切っ掛けで、大惨事が起きてしまった。
なお、TV版においては沙慈を釈放した一件が元々折り合いの悪かったアロウズに完全に目を付けられる事になった切っ掛けの出来事であり、沙慈の脱走はカタロン襲撃のみならずセルゲイが謀殺された遠因でとあると言える。
アンドレイ・スミルノフ
劇場版の外伝作品『機動戦士ガンダム00I 2314』(SRW未参戦)では、お互い戦場で出会った事には気付かなかったが、お互いの立場で己に出来る事をやり抜こうと語り合う場面が描かれた。
『第2次Z再世編』ではリボンズとの決戦中、ルイスを安全圏まで離脱させる役目を託した。
アリー・アル・サーシェス
真実に近づこうとした絹江を邪魔に思って殺害した。沙慈にとっての姉の仇。しかし、本人はその事実を知らない。
大森倖三氏の漫画版では不意打ちとはいえ、サーシェスが乗るアルケーガンダムの背後に攻撃を当てるという快挙を成し遂げた。
池田
元JNNの海外特派員。原作では全く絡みは無いが、『第2次Z再世編』にて「絹江のかつての同僚」として沙慈と対面する。

他作品との人間関係[編集]

劇場版設定では他作品、あるいはオリジナルキャラとの面識を持って登場することが多い。

ガンダムシリーズ[編集]

リリーナ・ドーリアン
第2次Z』ではアッシュフォード学園の生徒会メンバー。
バナージ・リンクスタクヤ・イレイミコット・バーチ
第3次Z』ではアナハイム工専の後輩。彼等からは良き先輩として慕われている。

リアル系[編集]

ルルーシュ・ランペルージナナリー・ランペルージ
第2次Z』ではアッシュフォード学園の生徒会メンバー仲間。ブラックリベリオン前に学園を退学した沙慈は記憶操作を受ける事は無く、ナナリーがエリア11総督に就任したことで兄妹がブリタニア皇族であったことを知る。
第2次Z再世篇』終盤でルルーシュがゼロであった事に驚く事になった(後述のC.C.との一件から黒の騎士団に関わっている事までは予想していた)。
黒の騎士団ルートでは彼とスザクとの関係について心配しており、終盤和解した際には素直に喜んでいた。
ミレイ・アッシュフォードシャーリー・フェネットリヴァル・カルデモンド
アッシュフォード学園の生徒会メンバー。『第2次Z』ではルイスと沙慈も生徒会メンバーとなっている。後述するが、原作の沙慈は友達がいない疑惑があるので、実はスパロボ補正と言えなくもない。
『DD』では生徒会メンバーだという描写はないが、ルイスと沙慈も生徒会メンバーと共に日本開放戦線のホテルジャック事件に巻き込まれている。
枢木スザク
アッシュフォード学園の生徒会メンバー。『第2次Z破界篇』では、自身も日本人(イレヴン)の血が入っていることから、クロヴィス殺害の容疑者の件で周囲からの眼差しを受けている彼を心配していた。
『第2次Z再世篇』にてアロウズの捕虜になった際に再会するが、そのあまりの豹変ぶりには困惑しており、後にカレンに尋ねられた際も「スザクの事は話したくない」とまで言ってしまっている。
しかしながら、友人としての感情は消えておらず、黒の騎士団ルートでは捕虜となった彼の事を気にかけていた。
紅月カレン
『第2次Z破界篇』では共にアッシュフォード学園の生徒会メンバー。『第2次Z再世篇』にて再会した際は黒の騎士団として活動していた彼女を非難していたが、アロウズの下から救出されて以降は、たびたび彼女と話をすることに。
彼女と対話を重ねたおかげか、原作ほどソレスタルビーイングを強固に拒絶してはおらず、また脱走等の軽率な行動に出る事も無い等、沙慈にとっても少なからず影響を与えた。
『DD』では学園前でイレブンいじめに遭い「ハーフだからイレブン扱いされることがある」と語った際は、彼女は「私と同じか」と感想を述べていた。
ニーナ・アインシュタイン
『第2次Z破界篇』では共にアッシュフォード学園の生徒会メンバー。スザクを警戒する彼女に対して諭した事もあった。
C.C.
原作ではピザ配達のバイトをしていた沙慈だったが、『第2次Z破界篇』においてはそのピザ好きの彼女に対しピザを配達する場面がある。
ルルーシュとナナリーが暮らしているアッシュフォード学園のクラブハウスでC.C.がピザを受け取ったため、『第2次Z再世篇』で彼女が黒の騎士団のメンバーである事を知った際、ナナリーがブリタニア皇族であった事もあって、ルルーシュに疑惑を抱く。
余談だが、そのルルーシュの台詞から、同作の沙慈はピザ配達だけでなく調理もしていたようである。
ウリバタケ・セイヤ
『V』では彼の工場でバイトしている。

スーパー系[編集]

株式会社21世紀警備保障広報2課の面々
第2次Z再世篇』では彼らと共に救助活動をしていた事が語られている。
田神悠宇
BX』ではバイト先での顔なじみ。第1話でのデストルークによる襲撃の際には彼の自宅への帰路に同行するが、そこで暗殺された彼の父の遺体を発見してしまう。

バンプレストオリジナル[編集]

ヨウタ・ヒイラギ
BX』ではバイト先の店長の息子で顔なじみ。戦いの運命に巻き込まれていく彼に助言を送り、彼の成長を導く。
ユキ・ヒイラギ
『BX』ではバイト先の店長の娘で顔なじみ。
マリ・ヒイラギ
『BX』ではバイト先での上司。

名台詞[編集]

1st[編集]

「自分以外の利益の為に行動する人たちなんているのかな…」
第2話。街中でイオリアの演説を聞きながらつぶいた台詞。
「…漠然とね」
第3話より。ルイスに「私との将来の事考えている?」と聞かれてこう返し、ルイスの機嫌を損ねた。
「世界が…世界が、変わっている…?」
同話ラスト。自宅にてルイスからの電話でTVニュースで武力介入により北アイルランドの400年に渡って続いていた紛争が終結した事を知って驚愕。
なお、ルイスの方は今日の講義で習った所はどうなるかとまだ他人事のように捉えていた。
「ルイス…最後に言おうとしてた言葉って何?」
第5話。ピーリスが錯乱した事により起きた軌道エレベーターの事故に巻き込まれるもアレルヤの尽力もあり、無事に生還。ルイスが言いそびれた事を改めて聞き出すが、ルイスは照れて「教えない」と返した。
「おかしいよ、ルイス。ソレスタルビーイングは僕達を救ってくれたのに戦争なんてしちゃって…そんな事をしても世界は変わらない…憎しみを生むだけだよ。彼らは世界を混乱させているだけだ」
第6話。ソレスタルビーイングがAEUとモラリアの合同軍事演習に武力介入するという報道を聞いた際の批判。世界の変革を受け止めながらもソレスタルビーイングに対しては否定的な見解である事が伺える。
「正直、今まで他人事のように考えてたよ…ソレスタルビーイングが現れても、ここは戦争なんかしてないし、自分には関係ないことだって…でも、バスが爆破されて大勢の人が巻き込まれて…それを見たとき関係なくないんだって…分かってなかっただけで、何も知らなかっただけで…」
第8話。前話でソレスタルビーイングへの無差別報復テロを目の当たりにした事で戦争は決して他人事ではないことを自覚し始める。
「ル、ルイス…僕、ルイスの事…ルイスの事が…」
第18話。ルイスがスペインで事故に遭った事を聞き、急いでスペインの病院へと向かう。そして病院内で無事だったルイスと再会し、バイトして貯めた資金で買った指輪を渡し告白もしようとするが、ルイスの指輪をはめる左手は既に失われていた。
非情な現実に打ちのめされた沙慈は廊下で一人涙を流した…。だが、彼を襲う悲劇はこれだけでは終わらなかった…。
「姉さん…」
「どうして…姉さん、姉さん、姉さん…姉さあああん……!」
第21話。人革連領の警察署内で絹江の遺体を見ての慟哭。
「やられちゃえよ、ガンダム…」
第22話より。トリニティ国連軍GN-X部隊との戦闘中継を薄暗い部屋で見ていた際のつぶやき。
プトレマイオスチームは関係無いとはいえ結果的にソレスタルビーイングの所為で、ルイス絹江を失ってしまった為に、沙慈はガンダムに憎しみを持つようになる。
「あの光は…ガンダム…!?」
最終話エピローグより。先の戦いから4年後、宇宙技師となった沙慈はGN粒子の光を再び目撃する。ちなみに、これはテスト稼働中のあるガンダムだった。

2nd[編集]

「分かってるのか!? 君たちがやったことで、多くの人が死んだんだ! 君たちがそうしたんだ!」
「君たちのせいで僕の好きだった人は傷ついて…家族や親戚を殺されて…」
「僕の唯一の肉親だった姉さんもソレスタルビーイングに関わったばかりに殺されてしまった…」
「ルイスも…姉さんも…いなくなったんだ!」
「なんとか言えよ! 言えよ!」
「返せ…返してくれ…二人を! 返してくれよおおおお!!」
第1話より。刹那にぶつけたガンダムに対しての怒り。彼に銃を向けるが…。
「人を撃ってしまったら、君たちと同じ人殺しになってしまう。そんなのは御免だ…」
上記のやり取りの後、このように考え、結局撃つことはなかった。
「…それでも、君たちも同じ様にガンダムで人を殺し、僕と同じ境遇の人を作ったんだ…君達は憎まれて当たり前の事をしたんだ」
刹那「わかっている」
「世界は平和だったのに…当たり前の日々が続くはずだったのに…そんな僕の平和な日々を壊したのは君達だ…!」
刹那「自分だけ平和なら、それでいいのか?
「! …そうじゃない。でも、誰だって不幸になりたくないさ…」
第4話。刹那にチームトリニティについて尋ね、明確に仲間ではない事を知るもソレスタルビーイングへの確執は残る。平和な日常を奪った事を吐露するも刹那の一言でハッとする。
ちなみに『第2次Z再世篇』において、この時の表情が顔グラとして使われているのだが何度も多用されたためにプレイヤーからネタ扱いされる事も…。
(ソレスタルビーイングもカタロンも戦いを引き起こす奴らじゃないか…! そんな所にいられるか!)
第5話より。反連邦組織カタロンの基地から脱出する際の沙慈の独白。
確かに、民間人である沙慈の視点ではソレスタルビーイングカタロン、そしてアロウズは「戦いを引き起こす奴ら」に他ならないであろう。
だが、沙慈は自身が既に「戦いを引き起こす奴らの関係者になっていた」事実に気付いていなかった
「ぼ、僕が話したせいで…。そんな…そんな! 嘘だああああああっ!!」
カタロン基地から脱走し、連邦軍から取り調べを受けた結果、アロウズによる虐殺事件を招いてしまう。
その後、ティエリアから叱責を受けた沙慈は自身の軽率な行動をひたすら悔み、再び身を寄せる事になったソレスタルビーイングにおいて自分に出来る事を模索するようになるのであった[1]
「く、来るな!」
「来ないでくれ!」
「僕は…!」
「僕は―――――!!」
第6話。やむを得ずソレスタルビーイングと同行することになった沙慈は自分にも何かできないかとイアンに尋ね、プトレマイオス2の砲座に着くも、「人殺し」となってしまうで引き金を引くことに躊躇。続く7話にて、結局引けずイアンからフォローを受けた。
なお、肉薄していたGN-X IIIにはルイスが乗っていたために結果的に引かなくて正解だったとも言える。
「どうしていいか分からないんです…僕のせいで多くの人が命を落とした。その償いはしなくちゃいけない…でも、戦うことなんて…人を殺すことなんて僕にはとても…」
マリー「できないのが当たり前です」
「でも、何かしないと…自分にできることを何か…」
第10話。マリーとの会話にて、戦う事に未だ悩む様子を見せる。
「うらやましいな…僕にもそう思える人がいて…もし再会することがあったら、二度と離れないって思ってて…でも、何だか不安で…無性に不安で……」
同話、アレルヤの傍から離れない決意を語るマリーに対して、ルイスの事を語る。後の展開でその不安は的中する事となる。
「オーライザー、出します!」
第11話より。負傷したイアンから「仲間を守るんだ…!」とオーライザーを託された沙慈は、スメラギに対してそれをダブルオーガンダムの元に送り届ける事を自ら申し出た。
「ああ、また僕は同じことを…。どうすれば…どうすればいいんだ…! ルイス…!」
第12話より。ルイスがアロウズにいることを知り、オーライザーで飛び出そうとするが、以前のカタロンの悲劇とティエリアから受けた叱責が反復し、どうする事もできず苦悩するのだった。
「相手は機械だ…。人じゃないんだ…!」
第17話より。アロウズのメメントモリ2号機によるアフリカタワー破壊を阻止すべくオーライザーに搭乗した際に。戦場において人を殺める事に未だに抵抗感が拭えない沙慈の心境がうかがえる。
なお、この台詞の元ネタは『機動戦士ガンダム』第2話におけるアムロ・レイの名台詞「相手がザクなら、人間じゃないんだ!」であろう。
「綺麗だ…5年前もこうやって二人で地球を見たよね。あのとき僕は、この青い地球を見て宇宙で働こうって決めたんだ。そしていつか…この景色をもう一度君と見ようと、そう思ったんだ」
ルイス「もう、会わないと決めていたのに…」
「でも…僕たちはこうして出会えた。ずっと待っていたんだ。君を…この宇宙で。戻ろう、ルイス。あの頃へ。何もかも穏やかだった、あの日常へ――」
第19話。戦場に現れたルイスを説得するため、彼女を探し当てる。そしてトランザムバーストによりルイスと対話をするも…。
「おかしいよ、おかしいよ! 君はそんな女の子じゃなかった! 何が君を変えたんだ!?」
ルイス「自分で変わったのよ、自分の意志で!」
「それは嘘だよ! 僕は知ってる。ルイスの事…優しい女の子だって事…宇宙に行くために、一生懸命勉強した事も!ワガママを言って、相手の気を惹こうとする、不器用なところも! 本当は…寂しがりやだってことも…。僕は、知ってるんだ…ルイス…」
同話。ルイスはガンダムへの復讐心に囚われ沙慈へ銃を向ける。沙慈は彼女を優しく抱くが、直後に4年前の凄惨な事故の記憶が脳裏をよぎり…。
「やめろ―!」
「もうやめてくれ…何も変わらない…仇を討っても、誰も生き返ったりしない…悲しみが増えるだけだ…こんな事してたら…みんなどんどんおかしくなって…どこにも行けなくなる…前にすら進めずに…」
同話。稼働時間の限界を迎えた直後、ピーリスがアンドレイを「セルゲイの仇」として攻撃する中で自身の想いを叫ぶ。
そして次々回において、その言葉通りを討ったルイスには悲しみしか残らなかった…。
「戦うよ。ルイスを取り戻すために。僕は僕の戦いをする…!」
同話。トレミーへと帰還した後、刹那へ向けて自分の戦いをする決意を見せる。
「ありがとう」
「…そう言いたい気分なんだ」
第22話より。ミスター・ブシドーとの決闘の後、刹那に対して。
「幸せになれるの!?」
「戦いで勝ち取る未来なんて、本当の未来じゃないよ!」
「僕達は分かりあう事で、未来を築くんだ!!」
第23話より。「お前達さえいなくなれば」とソレスタルビーイングへの復讐心を募らせるルイスに対して。憎しみに囚われたルイスへ戦いの中で実感した「真実」を叫び、必死の説得を続ける。
「駄目だあああああっ!」
第24話より。ルイスが搭乗するレグナントが手に掴むダブルオーライザーに向かって特攻してくるガガから彼女を守るために、沙慈はオーライザーの引き金を引く。その結果、ルイスの身は守られた。
唯一、沙慈が(誰かを守るためだけに)引き金を引いた場面である。
「何も言わなくていいさ、分かってる」
トランザムバーストによってルイスが復活した後に、彼女を抱きしめながら。4年の時を経て、ようやく彼女との約束(「宇宙で再会しよう」)が果たされた瞬間であり、沙慈の努力が報われた瞬間でもある。
(平和の中にいた僕らは、現実を知り、戦いを知り、その大切さを知った)
「考える必要があるんだ。本当に平和を求めるなら、世界について考える事が…」
最終話エピローグより。過酷な戦争から解放された沙慈は、横にいるルイスに対して静かに語りかける。現実世界を生きる我々にとっても当てはまる言葉である。

劇場版[編集]

「美化しすぎだよ…」
友人「映画ってそういうもんだろ?」
「現実はあんな綺麗事じゃないよ…戦いはもっと怖い物なんだ」
冒頭に流れていた映画『ソレスタルビーイング』の感想。映画の内容は政府のプロパガンダもあってソレスタルビーイングを正義の味方に、アロウズを悪役に据えたドラマチックな勧善懲悪の物語に仕立て上げられており、現実の戦争を目にした沙慈にとっては子供だましのように見えたのだろう。
…というか、冒頭のアクシズに始まり、ブーメランを投げつけるアヘッドなぜか生きているアレハンドロ・コーナートランザムの表現など、突っ込みどころ満載であるため、こう言いたくなるのも無理はなく、ある意味視聴者の代弁とも言える台詞である。
他にも劇場版公式ツィッター「量子型演算処理システム ヴェーダ」「監督と脚本、廃業すればいい」とも書き込んでいた。
「僕、出てなかったな…」
映画に自分役がいなかった事をつぶやいての一言。
ちなみに、ツイッターによればこの台詞は「むしろ出ていなくて良かった」という意味らしい。一方、小説版では「残念だった」とも書かれている。
「この世界を…」
「そして、君を守りたいから…」
ELS地球襲来が迫る中、ルイスに語った台詞。まるで、プロポーズのような内容である。
世界を、そして愛する人を守るために沙慈は、地球連邦政府からの軌道エレベーター防衛の呼び掛けに応じる。そんな彼をルイスは「気をつけて」と見送るのであった。

書籍等[編集]

「…もう…やめようよ…ルイス…何も変わらないんだ…仇を討っても…誰も生き返りはしない。君の両親も…僕の姉さんも…人を恨んでも、悲しみが増えるだけなんだ」
マガジンZ版(田口央斗氏の漫画版)でのルイスへの説得。原作とは異なり説得がルイスがネーナを討った直後になっており、空虚な彼女の心にも響いたと思われたが…
沙慈「もうやめようよルイス!! こんなことしても幸せな未来はこない!!」
ルイス「その未来を奪ったのはお前たちだ! 戦争をしかけ世界を歪めたのも!! お前たちさえいなければ私は幸せだった!!」
沙慈「…それじゃだめなんだ…自分だけが幸せじゃ…ボクたちはもっと世界を見て、みんなでわかりあわないとだめなんだよ! それで未来を築くんだ!!」
マガジンZ版での決戦でルイスと対峙して。CBとの交流や戦いを経て沙慈が達した答えであり、本作のテーマを伝えているとも言える。
また「自分だけが幸せじゃ」の部分は作中でエゴに走り死んでいったキャラへの批判ともとれる。
「心配いりませんよ。きっと守り切れます。大丈夫です。あなたには家族がある。守るべきものがあると人間は強くなれるものです」
「ボクも自分でも信じられないような力を出せたときがあります」
「それじゃあボクは― お姉さんを大切に」
外伝『ガンダム00I 2314』にて、軌道エレベーター内でレオ・ジークとデル・エルダと対面した際に自身のかつての経験を基に励ます。
なお、レオとデルは約20歳差とかなり歳の開きがあるため、レオは沙慈と別れた直後に「良かったね、親子と間違われなくて」とデルをからかった。

迷台詞[編集]

2nd[編集]

「わ、若い…!」
第10話より。イアンの妻であるリンダを紹介された際の一言。『第2次Z再世篇』では、あろうことか深刻な表情になっている

スパロボシリーズの名台詞[編集]

Zシリーズ[編集]

「姉さんが…殺された…」
「姉さん…ずっとソレスタルビーイングを追っていて…この間のパーティー襲撃の黒幕をつかんだって言ってて…」
「きっと、姉さんは…ソレスタルビーイングに近づいたから殺されたんだ…」
「どうなってんだよ…。ガンダムって…戦争に関わっている人間を攻撃するんじゃなかったのかよ…」
「何なんだよ…ガンダムって!?」
第2次Z破界篇』中盤、ほぼ原作通りにルイスが負傷した後、一度エリア11の住居に戻ってきた刹那と出会った際に入った連絡で姉の死を知った時の台詞。
刹那もこの場面ではルイスの負傷や絹江の死に酷く動揺しており、この言葉に「違う……奴らはガンダムではない!」と返し、チームトリニティとの戦いへ向かう。
原作では刹那は2ndシーズン第1話で沙慈に詰め寄られるまでルイスの負傷と絹江の死を知らなかった(ルイスの負傷に至っては本当の意味で知る事になるのはルイスと再会した時であった)。
「スザク…君は変わったね…」
第2次Z再世篇』序盤、アロウズに無実の罪で捕らえられてそこでスザクと再会した際、冷酷な態度で尋問するスザクの豹変ぶりにショックを受けて発した一言。当のスザクには「なりたくて、こうなったわけじゃない」と返される。
「…僕は…真実を知りたい…」
(中略)
「だから、僕は真実を知りたいんだ。姉さんが殺された事、ルイスが怪我をしたこと…スザクが変わったこと、君がテロリストだった事…」
「そして、この世界の事を…」
『第2次Z再世篇』第11話裏部隊ルート「もう一人のロックオン」より。友人であったはずのスザクの豹変、同じく友人のカレンがテロリストだったことなど、原作よりも「戦争」を身近に感じるような経験をしたためか、原作より早期に世界全体へ視線を向けるようになっている。刹那達トレミークルーがルイスの襲撃に関係していないことがハッキリしているせいもあるだろう。
「姉さんがよく言ってた…」
「事実を求め、つなぎ合わせれば、そこに真実がある…って」
「だから、僕は…あと少しだけこの艦に乗っていようと思うんだ」
上記の台詞の後、亡き姉の台詞を思い返して。
「騙す…? 何を言っているんだ、ルイス…」
「僕は…ずっと君を想っているのに…」
『第2次Z再世篇』第29話「戦士達の叫び」にて、ルイスと再会するもソレスタルビーイングに関わっていたと誤解をしてしまった彼女が撤退した際に発した台詞。
「僕なら大丈夫だよ、刹那」
「ルイスの事…気にしていないと言えば、嘘になる…」
「それにルイスをあんな境遇に追い込んだソレスタルビーイングを許せない気持ちもある」
「でも、それ以上にやらなきゃならない事がある。この世界を守るために僕に出来る事を」
『第2次Z再世篇』第30話「一点突破」開始時、刹那から「大丈夫か?」と問われ。ルイスへの思い、ソレスタルビーイングへの反感など様々な感情を抱えつつも、ZEXISの一員としてオーライザーのパイロットになることを決意する。この世界を守るために。
「…ありがとう、刹那」
上記の決意の後、刹那から「戦いは俺がやる」「いつかルイスと再会する日のために、お前は戦ってはいけない」と気遣われて。ここに限らず、第2次Z再世篇では原作よりも刹那にお礼を言ったり、気遣ったりする場面が多い。
「ルルーシュはやっぱりブリタニアの皇子だった…。しかもゼロだったなんて…」
『第2次Z再世篇』終盤でシュナイゼルゼロの正体がブリタニアの皇子ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアであることをZEXISに明かしたときの言葉。
薄々ルルーシュが黒の騎士団と関わりがあることには気づいていたが、よもや指導者であるゼロだったとまではさすがに想定外だったようだ。
「そうなの? でも、招待状を目の前で破ったことは謝っておいた方がいいと思うよ」
『第2次Z再世篇』第60話(最終話)黒の騎士団ルート「再世する次元」のエンドデモのパーティーにて、ヒイロに対して。
『第2次Z破界篇』序盤であったリリーナの招待状を破った件なのだが、この後ヒイロは女性陣の猛攻に反論が出来ずピンチになる。結局、刹那がフォローして事なきを得た。
「でも、その感じていたズレがピタッとはまる時ってのは、突然やってくるよ」
「うまく言えないけど、運命が動き出す瞬間って感じかな…」
第3次Z時獄篇』第11話宇宙ルート「ユニコーンの日」より。どこかズレている日々を送っているバナージに対して。
そしてバナージもこの直後、運命が動き出す瞬間に直面する…

携帯機シリーズ[編集]

「でも、現実はあんな綺麗事じゃないよ。戦いはもっと怖いものなんだ…」
BX』第1話「動き出す運命」でヨウタたちが映画『ソレスタルビーイング』の事で盛り上がっている中での発言。実際に戦いを経験した彼ならではの重みのある言葉である。
…だが、ヨウタが後にこの言葉を回想したのは(沙慈と刹那たちの関係を知らないとはいえ)ガンダムマイスターが違うという割としょうもない事だった。
「与えられたと思った役割を否定される…。それがどんな気持ちなのか、僕には分からない」
「でも、それなら変わればいい」
「自分がやりたいと思う事を果たせるよう、どれだけみっともなかったとしても」
がそうだったみたいに…」
『BX』第2話「決意! 受け継がれる意思」より。
「…僕が宇宙に上がってきたのは何かできる事があると思ったからなんだ」
「大事な人を支えてあげるのが、僕の役目だと思って今までルイスのそばにいた」
「でも、彼が見せたあの光を見て…他にもやれる事があるんじゃないかって思えるようになったんだ」
「ヨウタ…君にもまだできる事が…」
「君にとって、忘れちゃいけない事があるんじゃないのかな」
『BX』第28話「友」より。ずっとルイスに寄り添ってきた彼の目に、三つが見せた宇宙にかかる虹が映った。変革のために戦い続ける一人のガンダムマイスターが、それに関わっていると彼は確信していた。その時、沙慈は今できる自分なりの戦い方を見出し、宇宙に上がったのである。

単独作品[編集]

(これが今の世界の姿だっていうのか…。 敵と戦うために生きて、死んで…。 敵…本当の敵って何なんだ…? 僕は何を信じればいい…)
CC』Cosmic Chronicle第八章「世界の歪み」より。デストロイガンダムにより焼かれたベルリンと死んでいくステラの姿を目の当たりにして。
焼かれた街と戦うために強化されて死んでいったステラの姿を見て、自分が知らなかった連邦の真の姿を知った彼の胸中に去来する思いは…
「頼む…ルイスを…ルイスを救ってくれっ!」
『CC』36話「未来への鎮魂歌」より。原作よりもオーライザーの出撃が後倒し(レグナントスサノオが先に登場)されており、彼は愛する人を救うためGNアーチャーと共に刹那とダブルオーガンダムのもとへ駆けつけることとなった。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「シャーリー…本気なんだね」
第2次Z再世篇』第18話にて、ルルーシュを更生させようとするシャーリーに対して。
これだけだと普通の台詞なのだが、その時の顔グラが衝撃を受けたかのような表情である。そのため、多くのプレイヤーから「何でそんな表情している?」とツッコミを入れられることとなった。

搭乗機体・関連機体[編集]

プトレマイオス2
イアンの整備を手伝っていた。
オーライザー / ダブルオーライザー
成り行きでオーライザーのメインパイロットとなる。ダブルオーライザー時は制御を担当する。

余談[編集]

  • 1stシーズンでの沙慈の携帯の着信メールには何故か絹江とルイスからのものしか存在しておらず、ルイスを慰める際に開いたパーティーに何故かルイスとの面識が殆ど無い刹那を呼んだり(しかも刹那以外は誰も来ていない)する等、友達いない疑惑があった
    • しかし、劇場版にて友人らしき存在が確認された事で現在では否定されている(後年で出来た可能性も有るが)。
  • 沙慈・クロスロード役を演じた入野自由氏は『模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』(SRW未参戦)ではタツ・シマノを演じた。声優ネタとしてオーライザーのプラモを手にする場面もある。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 ただし、スペシャルエディションII「エンド・オブ・ワールド」では沙慈はカタロン基地に保護されない。その為、沙慈脱走が切っ掛けで起きた事件自体がカットされている。
  2. 最も、プトレマイオス2の砲撃を手伝ってくれと言われた時は流石に動揺しており、戦う覚悟がまだ無かったともとれる。

資料リンク[編集]