月光蝶

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2019年8月19日 (月) 19:44時点におけるCross (トーク | 投稿記録)による版 (新作記事 月光蝶)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search

月光蝶システムとは『∀ガンダム (TV)』と『ガンダム Gのレコンギスタ』に登場するシステム

概要 

広範囲に渡りナノマシンを散布するシステムで、基本的にモビルスーツの背部から放出される。放出の際に「青く輝く蝶」現象から「月光蝶」と呼ばれている。微量であれば害はないものの、莫大な量と広範囲に散布されるとあらゆる物質は分解・消失するか、灰となるか、或いはナノマシンで覆いつくされる形で石の塊となるかの何れとなる。また、地球で放出時に大気との摩擦で乱気流を発生させ、強風や雷を引き起こす。範囲は不明だが、地球を追いつくせるだけの範囲であることは確実。

∀ガンダムターンXの両機に搭載されているが、どのように作られる、作動した経緯は不明。黒歴史の終末にその両機の戦いで月光蝶が暴走・災害になり地球文明が一度滅んだことがあり、荒廃した文明を再度分解する作業を自動操縦された∀ガンダムが行い、それらの記録映像がムーンレィスのソレル家宮殿「白の宮殿」に残されている。その映像をみるためにはターンコード「∀」が必要となる。役割を終えた∀ガンダムは自ら月光蝶のナノマシンで覆われて封印状態のまま長い年月を過ごし、一方でターンXはマウンテンサイクルに投棄された。

しかし、長い年月を経て再び∀ガンダムとターンXが戦い、再び月光蝶が暴走して地球文明が滅ぶ災害が発生するものの、その光景を知る生き証人たるコレン・ナンダーの決死の行動で事なきを終え、再び両機は月光蝶に覆われる形で封印された。

Gのレコンキスタの時代では大きく性能を落とした月光蝶をG-ルシファー に搭載されている。展開時「赤と黄色輝く蝶」。

リンク