春日井甲洋

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2017年8月17日 (木) 16:43時点におけるケニー (トーク | 投稿記録)による版 (人間関係)
移動先: 案内検索
春日井甲洋
読み かすがい こうよう
外国語表記 Koyo Kasugai
登場作品
声優 入野自由
種族 地球人(日本人)→スレイヴ型フェストゥム
性別
生年月日 2131年05月07日
星座 牡牛座
年齢 15歳
身長 172cm
体重 64kg
血液型 A型
所属 竜宮島アルヴィス
好きな物 犬、釣り、友達
テンプレートを表示

概要

翔子と同じく、アルベリヒド機関の保管遺伝子より誕生して春日井夫妻の養子となった少年。しかし翔子とは違い、両親からは冷たく接され、内心で道具のように思われ、疎まれている。

性格は穏やかで心優しく、想いを寄せる翔子の為に一騎との橋渡しになった事もあったが、翔子の戦死を境に「もっとお前達がしっかりしていれば!」という逆恨みにも近い感情で一騎や総士に憤りをぶつけるようになる。

マークフィアーの搭乗者となり、真矢溝口を助ける為に、危険を顧みずに水中に潜行し救出には成功するが、フェストゥムの接触によって中枢神経を同化されて昏睡状態に陥り、カプセルの中で眠りにつく。なお、総士はそれを「自業自得だ」と一蹴した(ただし、それは自己犠牲を良しとしない彼の仲間を思う気持ちの表れである)。

その後物語後半で目を覚まし、心神喪失状態で彷徨うものの、一騎達との接触を経てスレイヴ型のフェストゥムとして同化能力を消した上で覚醒。最終的に蒼穹作戦のために竜宮島を離れる一騎達の為に人としての自分を捨て、完全にフェストゥムと化した姿となってミョルニアと共に島を護った。蒼穹作戦の後、ワームホールに取りこまれた一騎と総士を救出した。

小説版では、基本的な性格はアニメ版に準拠するが、ファフナー搭乗時に同化された味方を冷静に処理する性格になる事から、「味方殺しの甲洋」と呼ばれている。また、天才症候群の為に驚異的な記憶力を持ち、他人の言動や仕草を思い出しては疑心暗鬼に囚われる様も描かれている。なお、アニメ版では天才症候群の兆候についての描かれ方は希薄である。

劇場版では島の危機に際し、自身をコアとすることでマークフィアーを無人のまま起動し、かつての自身のように同化の危機に陥っていたマークツェーンマークドライを救出、物言わぬ姿ではあるが「春日井甲洋」として帰ってきた。その後の第二次蒼穹作戦にも参加、マークニヒトの猛攻で窮地に陥った仲間を助けるべく特攻し、同化によって止めようとするも反撃で機体は大破してしまう。直後、ワームスフィアーの攻撃を受けるが、コア(=甲洋)そのものはワームスフィアに飲み込まれる寸前にワープしていることが確認できる。

登場作品と役柄

携帯機シリーズ

スーパーロボット大戦K
スポット参戦になるが、フラグを立てれば自軍に復帰する。能力はそこそこ高く、精神コマンドに恵まれている。愛機マークフィアー補給装置があるので便利。スレイヴ型になる件が完全に端折られているのが残念。なお、顔グラは通常時・ファフナー搭乗時・同化時・フェストゥム時と実に4種類も用意されている。
また、戦闘台詞が復帰前提のものになっているため、総士と反目している時期でも戦闘台詞ではやたらと総士と仲が良い
スーパーロボット大戦UX
今作では原作再現が増えたため、一騎達とのぶつかり合い(今回は戦闘台詞でも総士との掛け合いがギスギスしている)やスレイヴ型への変化に関してもしっかりと描かれている。その分、救済措置が無くなったためにパイロットとしては若干割を食ってしまっており、ルートによって正規加入はするもののその分岐中に離脱シナリオがあるため、ヨーロッパルートだとスポット参戦のみ、アメリカルートでも4話、日本ルートでは2話(参入した次のシナリオで離脱)とかなり短い(その埋め合わせなのか、ツメスパやキャンペーンマップでの出番が多い)。
また本作のファフナー勢は人間相手の戦いに苦悩する場面が多々あるのだが、ルートによっては初出撃が対人戦になってしまう甲洋はそれが顕著。特にヨーロッパルートではジン部下の無残な最期を目の当たりにして激しい動揺を見せることになる。
第三部では「春日井甲洋」としての登場は最終話のみになるものの、原作通り愛機のコアに同化して「マークフィアー」名義で第2次蒼穹作戦に駆けつけ、そのまま正式参戦してくれる。しっかり読心能力を持っているため、かなりの命中・回避力を発揮する。また当然ながら終始無言ではあるものの、援護時にはしっかり名前を呼んでもらえる。

パイロットステータスの傾向

能力値

精神コマンド

覚醒・愛の同時取得が嬉しい。特にマップ兵器要員のサブユニットとしての適正が高い。

K
集中ひらめき鉄壁熱血覚醒
UX
集中ひらめき理想覚醒
鉄壁・熱血を失っているが、メデューサの追加で火力が補填されていることや、読心のおかげで回避型になっているおかげで、影響は少ない。

特殊技能(特殊スキル)

K
C・コード斬り払い撃ち落とし援護攻撃援護防御アタックコンボL2
最低限の物は一通り揃っていると言った感じ。
UX
シナジェティック・コードL7(前期)、読心L3(後期)、援護攻撃L2、援護防御L2、全体攻撃L2
マークフィアー時には専用スキルがCコードからフェストゥム御用達の読心に変化している(命中回避+50%。これはC・コードL9よりも20%も高い)為、数値以上のスペックを発揮してくれる。

人間関係

春日井正浩、春日井諒子
甲洋の里親。しかし、彼らは実は新国連のスパイであり、甲洋を「自分達が島にいるための道具」としか見ておらず、日頃から冷たく扱っていた(諒子は正浩に比べれば、道具とはいえ甲洋にある程度の情があったが)。
甲洋がパイロット候補になった途端に態度を豹変させるが、甲洋が同化し戦線離脱した際には憎々しげに「役にも立てずこの有様か。ハズレが大ハズレだったという事だ」と言い放ち最後は同化で昏睡状態に陥っている甲洋を殺害しようとした(甲洋が「生きている」と次の里子を預かれないため)件諸共スパイであったことが露見し、島から追放されるという末路を迎えた[1]
Kでは名前のみ登場し、UXでは存在すら語られない
ショコラ
甲洋が両親に内緒で飼っていた犬。名前は翔子をもじったもの。養父母に内緒で飼っていたが、バレてしまった後、父親から猛反対されて、家に置けなくなってしまう。その後は羽佐間家で飼われることに。SRW未登場。
真壁一騎
(一方的な)恋敵。
羽佐間翔子
想いを寄せていたが死別。彼女の死が甲洋の心に大きな傷を残し、自らを失うことに繋がる。
だが、UXでは条件を満たしていると生きていた彼女と再会し……
皆城総士
真壁史彦
劇場版では帰還したマークフィアーを一貫して春日井甲洋として扱い、第二次蒼穹作戦の際には正式なパイロットとして点呼している。UXでは甲洋の復帰に立ち会えなかった為カットされた。
カノン・メンフィス
翔子の服を着た彼女の言葉によりスレイヴ型のフェストゥムとして覚醒する。
遠見千鶴
島の子供達が戦いに駆り出されていることに心を痛めており、甲洋が同化した直後に彼をハズレ呼ばわりした春日井夫妻に憤慨していた。その後に昏睡状態になっていた甲洋を殺そうとした春日井夫妻を阻止した。

他作品との人間関係

カガリ・ユラ・アスハ
直接の絡みは無いが、フェストゥムの攻撃で甲洋が同化したことで総士が憤りを見せた際、同化する直前に避難民を助けた甲洋を擁護していた。
シン・アスカ
UXでの頼れる先輩。翔子が散華したことで荒れていたところを、かつて同じ経験をした彼に咎められる。
孔明リ・ガズィスカーレット・ヒビキ陸遜ゼータプラスダミアン司馬懿サザビーリュクス・サコミズ
UXでは真矢や溝口と共にもう一つの竜宮島へ調査に向かった彼ら(ルートによって2人1組となっている)の救出に向かう。
チャム・ファウ
アメリカルートにて、翔子の死を思い出して荒れる甲洋を「地上で死んだ人の魂はバイストン・ウェルで生まれ変わる」と慰めた。当の甲洋は気休めとしか捉えていなかったようで、チャムの言葉を「そんなこと」と言うのだが、翔子の生存フラグを満たしていた場合本当にそうなってしまう。

名台詞

「俺は絶対に、仲間を見捨てるようなことはしないからな。絶対に!」
一騎と総士が翔子を見捨てたと思った彼は、彼らを責めると共に言い放つ。非難はやり場のない怒りをぶつけたものだったがこの決意は本物で、後に自身の危険も省みず真矢と溝口を救出。その結果人としての体は失うも、その信念を失うことは無く、最終話ではかつてこの台詞を言い放った一騎と総士を救出し、その後も同化の危機に陥った仲間や後輩たちを救うためにマークフィアーで確かに助けたのであった。
「遠見……誰だ? 思い出せない…なんでだろう…」
「これが、同化されるって事なのか……何も感じない……悲しい事があったはずなのに……そう、翔子が……」
「翔子…? 誰だったっけ……?」
同化される間際の独り言(UXでは2行目からDVE)。記憶も、感情も失い、そして己をも失っていく。甲洋の同化に合わせて、マークフィアーのコクピット内のモニターが消えていくことも、同化の恐怖を演出していた。
「助け…て…くれて…ありが…とう」
「海…海か」
「遠見を…確かに…助けたぞ…一…騎…」
「ありが…とう…咲…良…」
同化した後、仲間達にかけた言葉の一つ。この言葉を聞いて咲良は涙を流した。
「確かに助けたぞ、一騎」という言葉とそれに秘められた甲洋の決意はフェストゥムとなった後の時代になっても変わらなかった。
「翔子……翔子は、もう…いない……! 翔子は! うああああああっ!!」
目の前にいる少女が翔子ではないこと、そして翔子がいなくなったことを改めて理解した。このことがきっかけで甲洋はスレイブ型として覚醒する。
「みん…な……ありがとう…」
「さようなら……!」
この言葉を最後に彼は島を守るため、『人』としての姿を捨てた。

スパロボシリーズの名台詞

(翔子が喜んでくれるなら、俺はいいさ…)
UXの中断メッセージにて、翔子の「一騎君をいっぱい使ってクリアして欲しい」というリクエストの元にスパロボ攻略を手伝いながら。
尤も、翔子の生存条件のヒントなので甲洋にとっても悪い話ではなかったりするのだが。
「俺たちだけが知らなかったのさ。島のことも、島の外の世界のことも…何も知らされないまま、竜宮島を楽園だと思い込んで…!」
「それでも、生きてさえいればこうやって知ることができる! なのに…なのに翔子は!」
『UX』第1部第14話アメリカルート「I,ROBOT」シナリオデモより。覇道邸の中庭を歩きながら。しかし、条件を満すと翔子も一騎達とは違う形で島の外の世界のことを体験することになるとは誰も予想出来なかったであろう……
「そんな…翔…子…どう…して…?」
「帰って…きた…?翔…子…が…」
「帰り…たい…翔子も…みんなも一緒だった…あの場所に…!」
「…うっ…うわぁぁぁぁぁぁーッ!」
「一騎…翔子が…くっ、うぅぅ…」
「うわぁぁ…翔子ぉぉぉーっ…!」
UX第29話シナリオエンドデモにて(翔子生存時)。いなくなったはずの翔子が島に帰ってきたこと、彼女の説得が引き金となり甲洋はスレイブ型のフェストゥムとして覚醒した……
「そして、覚えていてくれ。 俺たちが、ここにいたことを」
UX最終話エンドデモにて、UXを元の世界に帰す際に。仲間達を救うために、甲洋はあれほど帰りたがっていた竜宮島ではなく、ユガの狭間に残る事を選ぶのであった…。

搭乗機体

マークフィアー

余談

  • 原作で春日井夫妻は「楽園」という喫茶店を経営していたが、甲洋の境遇を考えると何とも皮肉な店名である。OP曲タイトルとも関係がある。
  • 追放後の彼らの消息ははっきりしていないが、島民の噂話によれば、まともに生きては行けないだろうとのこと。