「幻王丸」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
(単独作品)
10行目: 10行目:
 
{{登場メカ概要
 
{{登場メカ概要
 
| タイトル = スペック
 
| タイトル = スペック
| 分類 = [[分類::魔神]]
+
| 分類 = [[分類::魔神 (ワタル)|魔神]]
 
| 全長 = [[全長::3.51 m]]
 
| 全長 = [[全長::3.51 m]]
 
| 重量 = [[重量::8.28 t]]
 
| 重量 = [[重量::8.28 t]]
19行目: 19行目:
 
'''幻王丸'''は『[[魔神英雄伝ワタル]]』の[[登場メカ]]。
 
'''幻王丸'''は『[[魔神英雄伝ワタル]]』の[[登場メカ]]。
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
[[忍部幻龍斎]]と[[忍部ヒミコ]]が操縦する[[忍者]]タイプの[[魔神]]<ref>ただし、[[ガッタイダー]]戦時にヒミコが外へ飛び出していったため実質幻龍斎一人で操縦していた。</ref>。[[ドンゴロ]]に破壊された[[幻神丸]]が[[神部七龍神]]の白龍の力と、幻龍斎の心に反応して蘇った姿。
+
[[忍部幻龍斎]]と[[忍部ヒミコ]]が操縦する[[忍者]]タイプの[[魔神 (ワタル)|魔神]]<ref>ただし、[[ガッタイダー]]戦時にヒミコが外へ飛び出していったため実質幻龍斎一人で操縦していた。</ref>。[[ドンゴロ]]に破壊された[[幻神丸]]が[[神部七龍神]]の白龍の力と、幻龍斎の心に反応して蘇った姿。
  
 
幻神丸同様、二つに分かれた手裏剣型のペンダントを合わせることで呼び出す。
 
幻神丸同様、二つに分かれた手裏剣型のペンダントを合わせることで呼び出す。

2019年6月14日 (金) 21:05時点における版

幻王丸
読み げんおうまる
外国語表記 Genoumaru
登場作品 魔神英雄伝ワタル
デザイン 中沢数宣
初登場SRW スーパーロボット大戦X
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 魔神
全長 3.51 m
重量 8.28 t
原型機 幻神丸
開発者 忍部幻龍斎
パイロット 忍部幻龍斎
忍部ヒミコ
テンプレートを表示

幻王丸は『魔神英雄伝ワタル』の登場メカ

概要

忍部幻龍斎忍部ヒミコが操縦する忍者タイプの魔神[1]ドンゴロに破壊された幻神丸神部七龍神の白龍の力と、幻龍斎の心に反応して蘇った姿。

幻神丸同様、二つに分かれた手裏剣型のペンダントを合わせることで呼び出す。

戦王丸空王丸と共に第七界層でのガッタイダー戦、そしてドアクダーとの最終決戦に参加した。

『真』の上巻では、幻龍斎が魔神山で新しい魔神を制作しに行く為にヒミコに託された。

登場作品と操縦者

VXT三部作

スーパーロボット大戦X
初登場作品。戦王丸と共にパワーアップして登場。
残念ながら、火力不足は後継機となっても解消しきれていない。反面、手裏剣型の盾が追加されて防御面ではさらに優秀になっている。

装備・機能

武装・必殺武器

幻武星流手裏剣
左腕に装着している星型手裏剣。SRW未実装。
幻武光牙手裏剣
背面に装備している忍耐通翼と幻気翼を合体させることで使用できる巨大手裏剣。
忍部流電光手裏剣
幻王丸の必殺技。幻武手裏剣同様、幻武光牙手裏剣を大きく振り回して投げつけるパターンと幻武星流手裏剣に電撃をまとわせて投げつけるパターンがある。
前者はガッタイダーに大ダメージを与えるも、後者はドアクダーに軽く握り潰されてしまった。
『X』ではガッタイダーに使用したものが使われている。
雷牙刀
幻王丸の左腕に仕込まれている小刀。
幻王キック
強烈なとび蹴りを見舞う。原作ではガッタイダーのボーディ・ホーンを蹴り折ってダメージを与えた。
『X』では「忍部流電光手裏剣」の演出に組み込まれており、足の裏の隠し刀を使用して蹴っている[2]

特殊能力

盾装備、ジャミング機能

合体攻撃

クワトロ・アロー[3]
龍王丸戦王丸、幻王丸、空王丸の魔神4体が一直線に並び、心を合わせることにより、光の矢となって突撃する技。

移動タイプ

サイズ

S

カスタムボーナス

移動力+1。特殊効果「サイズ差補正無視」を得る

関連機体

鋼衣幻王丸
『真』にて皇帝龍の鋼衣(メタルジャケット)を装着した幻王丸。
戦王丸
同じく白龍の力で生まれ変わった機体。

脚注

  1. ただし、ガッタイダー戦時にヒミコが外へ飛び出していったため実質幻龍斎一人で操縦していた。
  2. こちらの演出は実際にはガッタイダーに防がれて、反撃を食らってしまったもの。
  3. 名称は『月刊コロコロコミック 1989年3月号』の企画「ワタル新聞2号」より。