2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

小牟

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2012年8月8日 (水) 14:47時点における59.106.88.246 (トーク)による版 (→‎パロディ)
ナビゲーションに移動 検索に移動

小牟(シャオムゥ / Xiaomu)

  • 登場作品NAMCO x CAPCOM
  • 声優:南央美
  • 種族:仙狐
  • 性別:女
  • 所属:特務機関「森羅」
  • 年齢:765歳
  • キャラクターデザイン
    • 斎藤和衛(NAMCO x CAPCOM)
    • 河野さち子(無限のフロンティアシリーズ)

特務機関「森羅」のエージェント。有栖零児の相棒であり、彼にエージェントとしての技術と知識を叩き込んだ先輩。その正体は、仙狐と呼ばれる中国の狐の妖怪。以前は零児の父親・正護とタッグを組んでいた。

765歳という年齢は、旧ナムコの社名から来ている。かなりの高齢に思えるが、仙狐は1000歳を過ぎてから一人前と見なされるため、むしろ若者の部類に入る。狐の妖怪と言うことで、油揚げが好物。余談だが、NAMCO x CAPCOM当時からず~っと「永遠の765歳」のままである。やはり色々と気になっているのだろうか。まぁ、加齢されるとナムコネタではなくなってしまうのだが。その一方で、人間と異なる刻を歩む事に苦悩する一面も持っている。

携行武器は仕込み錫杖「水憐(すいれん)」、銃器の「シルバー」と「プラチナ」など。身体能力が高く、プロレス技を直接戦闘に活用する。更に占術・符術など多彩な術式を扱い、気を練って放つこともできる。

口癖は「ほれほれ」。一人称は「わし」で、「~じゃ」など話し方は古風。一方趣味はインターネット、ゲーム、アニメ鑑賞、プロレス観戦とやたら現代的で、ナムコでも屈指のオタクキャラ。台詞の殆どがアニメやゲームのパロディーで占められている。ネタのカバー範囲は昔の映画から最近の流行作品まで極めて広く、全部の元ネタを把握するのは極めて困難。原作は業務用ゲームからの出展作品が多かったため、無限のフロンティアシリーズでも業務用ゲーム関連のネタは多い。

NAMCO x CAPCOM』では胸がかなり可哀想なことになっていたが、『無限のフロンティア』登場時には僅かながらボリュームアップしており、本編中でも「最近パワーアップした」と言っている。これは女性を描かせると、頼んでもいないのに胸を大きく描く河野さち子氏のリデザインが入ったため。EXCEEDの公式イラストでもこの傾向は変わっていないが、XEBEC制作のOPムービーでは逆に中途半端にパワーアップしてしまったがために、神夜ネージュら巨乳キャラの中にも、錫華姫アルフィミィら貧乳キャラの中にも入れなくなってしまった小牟の姿が描かれていたりする。

無限のフロンティアではキャラのあだ名がやたらと多いが、彼女も例外に漏れず「駄狐」「ダ・フォックス」「腐女狐」など散々なあだ名をつけられている。

COMPACT2』や『IMPACT』などに登場するエクセレン・ブロウニングに似ていると専らの評判。それもそのはず、これらのキャラ設定構築には森住惣一郎氏か関わっており、無限のフロンティアでは専用装備として「ATXジャケット」が存在する。EXCEEDでは、エクセレンとの共通項を持つアインスト・アルフィミィとの競演が実現、「小牟はエクセレンに似ている」というのは完全に公式設定になったようである。

登場作品と役柄

無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ
途中で参戦。ノリはナムカプと変わらず。通常技はやや癖のあるものが多いが、最後に習得する「朱雀刀・波乗の型」は威力・拾いやすさ共非常に優秀。援護攻撃「仙狐妖術・鬼門封じ」のヒット数が19と非常に多く強力。「特撰・油揚げ定食」によるランダムな無消費の全体回復や、精神コマンドの「結界」で全員が状態異常を完全防御できるのも強み。しかしダメージ防御・回避系の精神コマンドを一切持たない上、上述の援護攻撃の性能が優秀なため、ボス戦では後衛に回されがち。
なお、プレイヤーキャラで唯一強制戦闘が無い。
無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ
今回もネタキャラ担当。前作の後、物質界に帰還していたが、零児と別行動中にある事情で再びエンドレス・フロンティアへ召喚される。奇襲ひらめきを習得し、脱力の効果が変更され、前衛でも使えるキャラになった。また、今回から真羅万象が零児専用の必殺技となったため、新必殺技「仙狐妖術奥義・四神争応」が登場した(というより、今回小牟が単独行動しているので別に必殺技を用意する必要があったものと思われる。…技のネタっぷりに卵が先か、鶏が先か怪しいところだが)。目玉は2つ目の必殺技「仙狐攻殺法奥義・狐主封霊」。単体攻撃の上、演出はチャイナドレス→体操服→メイド服→裸エプロン→ウェディングドレスと次々コスプレするというネタ的な要素が強いが、対象の耐性を無視して状態異常を付加する効果があるため、ボスに毒が決まれば戦闘が非常に楽になる。朱雀刀・波乗の型が重い敵を落としやすくなり、援護攻撃の拘束力も落ちたが、小牟魔術が繋ぎやすくなった。新最強通常技『鬼門封じ・破天光』の使い勝手も上々。

人間関係

有栖正護
零児の父で、かつてのパートナー。
有栖零児
パートナー。
沙夜
宿敵。

他作品との人間関係

KOS-MOS
かつて共闘した間柄。敵を「呪ってやれぃ!」と言った事も…
M.O.M.O.
KOS-MOS同様、かつて共闘した間柄。
錫華姫
「キャラが被ってる」と勝手にライバル視するが、錫華からは被っていないと否定されている。『無限のフロンティア』の公式設定では仲が悪いように書かれてはいるが、ゲーム中の掛け合いを見る限りでは結構息が合っている。
アインスト・アルフィミィ
記憶を失っていたとは言え、彼女をして「どこかで会った事がないか」と言わしめた。

習得する使用技

相方の零児と同じく複数の武器を使い分けて戦う。全体的に見れば技の威力はやや低い部類で、援護技が非常に使いやすいこともあり、攻撃面に限って言えば後衛タイプの能力であった。EXCEEDでは精神コマンドや必殺技を中心に戦闘能力の向上が図られており、前衛としても重要な役割を担う。

詳細は下記記事を参照。

習得する精神コマンド

詳細は下記記事を参照。

習得する特殊技能

戦闘中に自分の行動順が回ってきた時、発動条件を満たすと一定確率で発動。消費するパラメーターは一切ない。

詳細は下記記事を参照。

キャラクターBGM

「ゆらぎの街のアリス」
小牟と有栖零児のテーマ。『無限のフロンティアEXCEED』より零児専用BGMとして独立した。
「すばらしき新世界」
原作OPテーマ。『無限のフロンティアEXCEED』における小牟のテーマ。初代『無現のフロンティア』では小牟用の最強アクセサリとしてCDが登場したが、EXCEEDでは逆に初期アクセサリとして登場。…まさかBGMとして流しているからだろうか。
「必勝への軌跡」
必殺技か、特殊技を使用した際に流れるBGM。敵として零児と小牟が出現した時の戦闘時や、沙夜との最終決戦でも流れる。
「いつかきっと、月光(つき)の下で」
原作EDテーマ。寿命の違いから、いずれ零児に先立たれる宿命を背負う小牟の心境が描かれている。現在のところBGMとして採用はされていないが『無限のフロンティア』において小牟の台詞として登場。

名台詞

「そう…わしは…ぬしらと“同じ刻”を歩む事はできんのじゃ…!」
「それなのに、なぜ…なぜ、わしを護って先に逝ってしまう…!」
「正護もそうじゃった! そして…息子のぬしもそうしようというのか!」
「…お願いじゃ…零児…」
「わしも…わしも連れて行って…」
「今度こそ…連れて行って…おくれよ…お願い…」
最終話。九十九を再び次元の狭間に封じ込めるために放とうとした『有栖流 鬼門封じ』、この技は術者の命を引きかえにしてしまう。
零児が放とうとした所を小牟が止めようとするが、「お前はこの先も森羅に必要になる。俺はこの先どうあがいても百年も生きられん!」と聞かない。
小牟のかつての相棒にして、零児の父は鬼門封じで命を落としている。親子2代に渡って大切な存在を目の前でなくす事に耐えられない小牟が、涙ながらに懇願するが…。
「勝負じゃ…! この戦いに、わしの765年…すべてをぶつけちゃる…!」
最終話で九十九と戦闘した時の台詞。
「それだけではないぞ?炊事洗濯から夜伽まで…なんでもござれじゃ。」
「ヨレヨレの爺さんになったら介護だって任せい。付きっきりで見てやるからのう」
「そして…そして…最後にぬしが死んだら…毎日墓参りをしてやる…」
「毎日キレイに掃除して…毎日花も供えてやる…!」
「…そのつもりでおれ、零児」
EDにおける、零児に対する告白同然の発言。なお、この発言により、小牟は家事全般が出来る事が分かるが、実は小牟によく似た某キャラは判明している辺りでは炊事が出来なかったりする。
「月しか…見ておらんでな」
NAMCO x CAPCOMを締めくくるセリフで、零児にキスしようとした場面である。なお、二人は宴会をこっそり抜け出して来て会話しているため、お約束展開だと絶対そこから少し離れた所で・・・。

スーパーロボット大戦シリーズでの名台詞

「零児ぃ…。子供は2人ぐらいでいいと思うのじゃが…」
元の世界に戻る方法が断たれた際の台詞。すかさず零児に「いきなり永住しようとするな」と突っ込まれる。ここで注目すべきなのは、零児がツッコミを入れているのは「永住する」の部分だけで、子供を作る事には何も触れていない所だろう。
「零児、整理してくれい。……え~と、わしらが渋谷で逢魔の連中を追ってたあたりから
無限のフロンティア』のみのプレイヤーはどれくらい前かわからなかったと思われるが、ナムカプのプロローグ1の冒頭の辺り。さかのぼり過ぎである。
「世界はつながっておるんじゃ。いつかきっと、月光の下でな」
無限のフロンティアにおける、神夜がパーティを離脱した際に彼女に「もう会えないかもしれませんね」と言われての返答。かなり明るそうな様子で言っているが、「いつかきっと、月光の下で」の歌詞を思うと、もう二度と会えない事を覚悟の上の発言と思われる。
「かあ~!情に流されおって!」
「さしずめハーケンに『女のために俺は命を賭ける!』とか言われて、感動でもしたんじゃろが!」
「まったく、ぬしはいつまでたっても小僧のままじゃ!」
零児がハーケンに付き合う形でエンドレス・フロンティアに残る事を表明した際に。零児にとっては全く以て図星なのだが、この直前に零児は「男はロマンチストの方がいいと子供のころから教えられていた」とハーケンに話しており、ハーケンの「それはとびきり良い女の意見だ」という言葉に肯定していたので…
「そ、そんなにされたらトんじゃう!」
「ちゅうか、なんで?わし、間違ったこと言っとらんじゃろ!」
上の発言の直後、零児に「尻叩き千回」を宣告されて。言ってないかもしれないけど、零児的には台無しなので仕方がない。
「ぬしのようなホエホエ娘なぞ知らぬわ。人の顔を見て、勝手に記憶を回復するでない」
『無限のフロンティアEXCEED』にて、アルフィミィに「どこかで会った事がないか」と言われて。記憶喪失中とは言え、アルフィミィにすらこんなことを言われるとは…。
「KOS-MOS……もし帰れるものなら、帰るんじゃ。待っておる者がいるのじゃろう?」
「わしもじゃ、KOS-MOS。早う……会いたい。あやつに……」
「やっぱり…ぬしはわしのヒーローじゃな、零児」
『無限のフロンティアEXCEED』にて零児が満を持して登場した際の台詞。

パロディ

キャラクターとしてのネタ、声優の南央美氏の声優ネタなど多数。

「シャオムゥ斬で行く!」
「シャオムゥ~…ウェイブ!」
「シャオムゥ…ざぁーん!」
必殺技使用時の台詞でダンガイオーのパロディ。
「レディ!」
必殺技使用時の掛け合い。零児が「鬼門封じ、発動!」と呼んだのに合わせての発言で、元ネタは蒼き流星SPTレイズナーレイ。無印ではまんまだったが、さすがにまんま過ぎて問題だったのかEXCEEDではアクセントが「レ」に変更された。
「死んでいただけないかのう?」
錫華姫との掛け合いの中での台詞。『コードギアス 反逆のルルーシュ』のユーフェミア・リ・ブリタニアからのパロディで、一方の錫華も「いっぺん、死んでみい」と『地獄少女』のパロディを口走る。どちらも声優ネタ。
「わお!何の事かのう?」
アシェンに「誰かに似てないか」と突っ込まれて。言うまでもなく、「わお!」はエクセレンの口癖。
「落ちちゃいなちゃーい!」
戦闘時の台詞の一つ。今では黒歴史とされている『新スーパーロボット大戦』のリュウセイ・ダテの迷言である。この後、零児から「それ、大丈夫なのか…?」とツッコミが入る。
「バカばーっか!」
精神コマンド撹乱を使用すると喋る台詞。言うまでも無く、南氏の代表キャラホシノ・ルリの物マネ。なお他にも「森羅の電子の妖精」を自称する場面まであるが、単にネットサーフィンをやっているだけだと零児にばらされる。
「うむむむ~~んんんんんん、なじむ。実に!なじむのう」
荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』に登場した吸血鬼のパロディ。
「ほれ、神夜…こいつをどう思うかの?」
デューネポリスの大門を見た時のセリフ。よりにもよって、ネット上で有名になった漫画『くそみそテクニック』をネタにする。この後、神夜は元ネタ通り「すごく…大きいです…」と返す。ちなみに続編のEXCEEDのあるシーンでは「う、うほっ!」と反応する場面まである始末。
「零児 クロス ハーケンか…」
ハーケン・ブロウニングとの戦闘開始前の掛け合い。美女好きのハーケンは「おい、カップリングするな」と男同士の掛け算に大不満。キュオン・フーリオンから「腐女狐」と言われてしまう一因。EXCEEDではさらに『攻め』と『受け』を逆にしてハーケンに「いい加減にしろよ、腐れフォックス」と怒られた(言い回しからするに相当頭に来たのだろう)他、アルフィミィ共々アレディとアクセルをカップリングしようとした。ちなみにナムカプでも零児を『受け』にしようとしていた。
「ちゅうか、ぬしは最初から負け犬ムードだったってことじゃ!」
アインストレジセイア内での最終決戦でハーケン達に敗北したヴァールシャイン・リヒカイトに対して。再び『ジョジョの奇妙な冒険』からの引用である。
「男じゃったら拳一つで勝負せんかい!」
コミックボンボンで連載されていた、細井雄二による漫画版『餓狼伝説』より主人公テリー・ボガードのセリフから。アレディとの戦闘前の掛け合いにて使用。問題は、元ネタを放った当人が、石つぶてを使ったコトがあるので(詳細は後述)「お前が言うな」である。
「素手で受けたら、骨が砕けるからのう」
コチラもボンボン版『餓狼伝説』より。元ネタにおいて、棒術使いであるビリー・カーンの攻撃を石で受け止めた理由を聞かれ、返した一言。この作品では零児との戦闘前での掛け合いにて聞ける。
ちなみに、石で受け止めて、さらにそれで砕けた石を相手(ビリー・カーン)に投げつけて、前述のセリフを吐く(尤も相手は違うが)のだから、まさに外道な主人公である。
「ぬしは何処に落ちたい?」
「仙狐妖術奥義・四神争応」におけるパイルドライバーの使用時の台詞。『サイボーグ009』におけるブラック・ゴーストとの決戦後に002が009に言った台詞からの引用。加速を失った零児が009ネタを使わなくなったが、今度は小牟が使い始めた。
「すべての命は、いつか海へと帰る、じゃな」
勝利時のアンとの掛け合い。モノリスソフトの作品である「バテン・カイトス」のキャッチフレーズである。
「長かった戦いよ、さらば!」
同じく「仙狐妖術奥義・四神争応」におけるパイルドライバー使用時の台詞。『キン肉マン』からの引用だが、小牟が仲間になった直後にこれを言われて「まだ始まったばかりだろ!」と突っ込んだプレイヤーもいるのではないのだろうか。
「シャオムゥウェイブ・フェノメノン!」
「仙狐妖術・鬼門封じ」におけるシャオムゥウェイブ使用時の台詞の一つ。荒木飛呂彦の漫画『バオー来訪者』からの引用。
「そうじゃ!魅惑のレア・ハンターで何とかしてくださいよォ~ッ!」
『ジョジョの奇妙な冒険』の第四部主人公である東方仗助が、第三部主人公である空条承太郎に対して言った「無敵のスタープラチナで何とかしてくださいよォ~ッ!」のパロディ。
「森羅のアイドルマスター、小牟じゃ!」
戦闘開始時の沙夜との掛け合い。元ネタはズバリ同社の「THE IDOLM@STER」である。なお、その後に沙夜の「逢魔のアイドルプロジェクト、沙夜よ。」と続くわけであるが、こちらは前者とは関係のないOVA作品「アイドルプロジェクト」が元ネタ。ちなみに後者は沙夜役の折笠氏が声の出演をしている繋がりがある。