「宇宙のステルヴィア」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
39行目: 39行目:
 
『'''宇宙のステルヴィア'''』はXEBEC制作のテレビアニメ作品。
 
『'''宇宙のステルヴィア'''』はXEBEC制作のテレビアニメ作品。
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
XEBECによるオリジナルアニメ作品。元々はカードゲームの企画を発端とするもそれが立ち消えとなり、テレビアニメとして企画転用された制作経緯を持つ。
+
XEBEC原作によるオリジナルアニメ作品。宇宙規模の災害に立ち向かう少年少女たちの姿を描くSF青春群像劇。
  
 
アニメは好評だったため第2期も予定されていたが、同じくXEBEC制作の『[[機動戦艦ナデシコ]]』の続編企画と共に制作中止となった<ref>[http://dragonbrave.blog49.fc2.com/blog-category-5.html サトウタツオ通信_diary] 2020年3月12日閲覧。</ref>。
 
アニメは好評だったため第2期も予定されていたが、同じくXEBEC制作の『[[機動戦艦ナデシコ]]』の続編企画と共に制作中止となった<ref>[http://dragonbrave.blog49.fc2.com/blog-category-5.html サトウタツオ通信_diary] 2020年3月12日閲覧。</ref>。
  
 
なお、タイトルの「ステルヴィア」は、ラテン語のstella(星)とvia(道)を組み合わせた造語である。
 
なお、タイトルの「ステルヴィア」は、ラテン語のstella(星)とvia(道)を組み合わせた造語である。
 
後に『[[蒼穹のファフナー]]』や「[[ガンダムシリーズ]]」に携わるメカニックデザイナー・鷲尾直広氏のアニメ業界デビュー作でもある。
 
  
 
== ストーリー ==
 
== ストーリー ==
80行目: 78行目:
 
:本科生が乗り込むオーバビスマシン。
 
:本科生が乗り込むオーバビスマシン。
 
;[[インフィニティ]]
 
;[[インフィニティ]]
:ギガンティック・アクティモ・ソーマの一号機。
+
:ギガンティック・アクティモ・ソーマの1号機。
 
;アルキュオン
 
;アルキュオン
:ギガンティック・アクティモ・ソーマの二号機。
+
:ギガンティック・アクティモ・ソーマの2号機。
  
 
== 用語 ==
 
== 用語 ==
88行目: 86行目:
 
:みずへび座ベータ星の超新星爆発で発生した最初の衝撃波。
 
:みずへび座ベータ星の超新星爆発で発生した最初の衝撃波。
 
;セカンドウェーブ
 
;セカンドウェーブ
:みずへび座ベータ星の超新星爆発で発生した第二の衝撃波。
+
:みずへび座ベータ星の超新星爆発で発生した第2の衝撃波。
 
;グレート・ミッション
 
;グレート・ミッション
 
:セカンドウェーブを防ぐための地球圏防御計画。
 
:セカンドウェーブを防ぐための地球圏防御計画。
172行目: 170行目:
 
|}
 
|}
  
<!-- == 余談 ==
+
== 余談 ==
== 商品情報 == -->
+
*元々はカードゲームの企画を発端とするもそれが立ち消えとなり、テレビアニメとして企画転用された制作経緯を持つ。
 +
*後に『[[蒼穹のファフナー]]』や「[[ガンダムシリーズ]]」に携わるメカニックデザイナー・鷲尾直広氏のアニメ業界デビュー作でもある。
 +
 
 +
<!-- == 商品情報 == -->
 
== 脚注 ==
 
== 脚注 ==
 
<references />
 
<references />

2020年5月24日 (日) 12:49時点における最新版

宇宙のステルヴィア
読み うちゅうのステルヴィア
原作 XEBEC
監督 佐藤竜雄
シリーズ構成 佐藤竜雄
脚本 佐藤竜雄 他
キャラクターデザイン うのまこと
メカニックデザイン 鷲尾直広
音楽 長岡成貢
制作 XEBEC
FOUNDATION II
放送局 テレビ東京系
放送期間 2003年4月2日 - 9月24日
話数 全26話
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
テンプレートを表示

宇宙のステルヴィア』はXEBEC制作のテレビアニメ作品。

概要[編集]

XEBEC原作によるオリジナルアニメ作品。宇宙規模の災害に立ち向かう少年少女たちの姿を描くSF青春群像劇。

アニメは好評だったため第2期も予定されていたが、同じくXEBEC制作の『機動戦艦ナデシコ』の続編企画と共に制作中止となった[1]

なお、タイトルの「ステルヴィア」は、ラテン語のstella(星)とvia(道)を組み合わせた造語である。

ストーリー[編集]

西暦2167年、地球はみずへび座ベータ星の超新星爆発による電磁パルスにより壊滅的なダメージを受ける。

その後、復興を遂げた人類は189年後に地球へ到達する超新星爆発の衝撃波に備え、太陽系の各地に設置した大型宇宙ステーション「ファウンデーション」を中心とした地球圏防御計画「グレート・ミッション」の準備を固めていた。

そして来るべき2356年、地球圏を守るファウンデーション2「ステルヴィア」の宇宙学園に、片瀬志麻たちが入学する……。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

片瀬志麻
本作の主人公。愛称は「しーぽん」。
音山光太
志麻の級友。後に彼女と恋仲になる。
アリサ・グレンノース
志麻の級友。しーぽんの名付け親。
風祭りんな
ファウンデーション「ウルティマ」からの転校生。
藤沢やよい
志麻の級友。お嬢様。
栢山晶
志麻の級友。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

ビアンカ
予科生が乗り込むオーバビスマシン。
ケイティ
本科生が乗り込むオーバビスマシン。
インフィニティ
ギガンティック・アクティモ・ソーマの1号機。
アルキュオン
ギガンティック・アクティモ・ソーマの2号機。

用語[編集]

ファーストウェーブ
みずへび座ベータ星の超新星爆発で発生した最初の衝撃波。
セカンドウェーブ
みずへび座ベータ星の超新星爆発で発生した第2の衝撃波。
グレート・ミッション
セカンドウェーブを防ぐための地球圏防御計画。
ファウンデーション
宇宙ステーション。数は「アカプス」「ステルヴィア」「オデッセイ」「エルサント」「ビジョン」「ウルティマ」の全6基。

楽曲[編集]

全作詞 - atsuko / 歌 - angela

オープニングテーマ
「明日へのbrilliant road」
作曲・編曲 - KATSU
『X-Ω』ではイベント「あすへとつづくみち」にて原曲がクエストBGMとして採用。
エンディングテーマ
「綺麗な夜空」(第1話 - 第10話、第12話、第14話、第19話)
作曲 - atsuko、KATSU / 編曲 - KATSU
「The end of the world」(第11話、第13話、第15話 - 第18話、第20話 - 第25話)
作曲 - atsuko、KATSU / 編曲 - KATSU
「Dear my best friend」(第26話)
作曲 - atsuko、KATSU / 編曲 - KATSU

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2020年3月のイベント「あすへとつづくみち」期間限定参戦。
原作終了後で、インフィニティに乗った片瀬志麻音山光太だけが異世界に転移してきたという設定。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
1 ようこそ
2 とまどい
3 ごめんなさい
4 がんばります
5 きっかけ
6 まけません
7 くやしいよ
8 わたしですか?
9 いってきます
10 おかえりなさい
11 ほんとうのあなた
12 こくはく
13 ふゆやすみ
14 ゆめとげんじつ
15 わかりません
16 うたがいのなかで
17 たたかい
18 とおいこえ
19 なきんぼ おこりんぼ
20 みらいをきみに
21 みえないかべ
22 それぞれのみち
23 だから あなたがいる
24 ふたたびのやみ
25 さよなら
26 きらめきはこえ

余談[編集]

  • 元々はカードゲームの企画を発端とするもそれが立ち消えとなり、テレビアニメとして企画転用された制作経緯を持つ。
  • 後に『蒼穹のファフナー』や「ガンダムシリーズ」に携わるメカニックデザイナー・鷲尾直広氏のアニメ業界デビュー作でもある。

脚注 [編集]

  1. サトウタツオ通信_diary 2020年3月12日閲覧。