人類補完計画

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2018年7月10日 (火) 00:53時点におけるポツコン2号 (トーク | 投稿記録)による版
Jump to navigation Jump to search

新世紀エヴァンゲリオン』において、碇ゲンドウが立案し、人類補完委員会に提唱。その実行のために設けられた下部機関であり、ゲンドウが司令となった特務機関ネルフにおいて遂行されている謎の計画。 ※以下の内容は主としてTV版の人類補完計画について説明しています[1]

概要

その目的について、劇中では「できそこないの群体としてすでに行き詰った人類を完全な単体として人工進化させる」ことであると説明されており、発動のためには概ね以下の手順を踏む必要がある。

  1. ヨリシロとなる存在を用意する(劇中では「リリス(但しオリジナルのロンギヌスの槍が必要)」「S2機関を取り込んだEVA初号機」の2つの候補が提示されている)。
  2. ヨリシロを中心として、エヴァンゲリオン各機により「セフィロトの樹」状のフォーメーションを組み、ヨリシロを生命の樹に還元する。
  3. ジオフロント(その正体は現人類にとっての生命の源「黒き月」)を表出させる。
  4. 生命の樹となったヨリシロから、全世界に向けてアンチA.T.フィールドを拡大(この際、劇中では初号機パイロット・碇シンジの精神破綻により生じたデストルドー(破滅へと向かう意志)をもってその拡大を促していた。リリスを用いた場合にどうなっていたのかは不明)。
  5. アンチA.T.フィールドの影響を受けた人類は、LCL(生命のスープ。「黒き月の体液」とも呼ばれる)に還元される。
  6. ガフの扉(「黒き月」への入り口)が開く。LCLと化した人類は全てガフの扉を通って黒き月と一体化。

以上の結果、全人類は肉体を喪失し、「黒き月」の中で精神が一体化した単一存在となる。元々黒き月から生まれた現人類は、白き月から生まれた使徒とは異なり、群体で生きることを前提とした生物である。しかしその結果、相互不理解による不安・憎しみ、果ては同種族間での争いが絶えない状況に至り、この群体生物として不可避の行き詰まりを打開するための究極の策として考え出されたのが「精神共有による一体化」という結果をもたらすこの計画である。

劇中における計画発動、及びその結末

ゼーレの目的は前述の通りだが、ゲンドウの目的は「(補完によって)初号機と融合して碇ユイと再会すること」であった(ユイが死亡してからこちらの目的に変わったと思われる)。そのために、どちらも自分の思い通りになるヨリシロを作ろうとしていた。劇中ではどちらも失敗し、シンジと初号機が主体になって補完が始まったわけだが、ゲンドウはユイと再会でき、ゼーレも無事に補完が始まった事やキールの「これで良い」という発言を残しているので、結果的には両者とも希望が叶ったと云える。

アダム(胎児化した状態のアダムはゲンドウの右腕と同化している)」と「リリス(ターミナルドグマに「アダム」と偽って封印されていた現人類の始祖。そのコアとなるべき存在が綾波レイ)」の禁じられた融合によってのみ、それが実行可能とのこと。劇中ではゼーレが本来企図していた計画が進行する最中、ゲンドウも自身の計画を並行して進めることとなった。

結局ゲンドウの計画は綾波レイの造反により頓挫するが、アダムとリリスの融合自体は果たされる(ゲンドウとアダムの融合部分をレイが吸収したため)。融合体レイの姿を取り、表出した黒き月と生命の樹を包み込む形で巨大化する。この融合体の乱入はゲンドウの独断によるもので、ゼーレの本来の計画には無かったはずであるが、リリスを素体としており黒き月に近しい存在であったためかゼーレの補完計画には影響を及ぼさず、寧ろアンチA.T.フィールド拡大とガフの部屋への扉の開放を促進する役割を果たしたものと思われる。

こうして順調に完遂するかに思われた人類補完計画であったが、結果的にはシンジの意思によって頓挫することになる。様々な偶然の重なりによって、人類補完計画は「ロンギヌスの槍(オリジナル)+初号機(ユイ)+シンジ+リリス(レイ)+アダム(カヲル)」という組み合わせにより行われた。これはゼーレにとって想定外の展開であった。本来、初号機を用いた補完にシンジは不要であった。また、リリスを用いて補完を行う際には、ロンギヌスの槍(オリジナル)によりそれを制御することが必要だった。しかし、融合体の乱入が想定外であったためそれを行うことはできず、リリス(レイ)とアダム(カヲル)は自らの意思で行動することができた。生命の樹のコアとなったシンジは、リリス(レイ)及びアダム(カヲル)と触れ合い、「補完」の世界を選ばず「現実の世界」で生きることを選択。その結果、黒き月及び融合体は崩壊。シンジの意思を受けた初号機(ユイ)はロンギヌスの槍(オリジナル)を用いて、アンチA.T.フィールドを発生させていた量産機のコアを破壊する。こうして人類補完計画は中断され、シンジはアスカと共にたった2人、現実の世界へと帰還する。この際には、幾つかの魂の群れは初号機と共に宇宙へ広がっていく描写が見られ、かつての白き月と黒き月のように、宇宙における生命の拡散機構が働いてる様子が伺える。シンジとアスカは、「補完が否定された世界」における、最初の男女になったとも言える。

また、ユイの台詞から、他のLCLに還元されてしまった者達も、現実世界で生きていく事を望めば、シンジやアスカの様に帰還する事が可能であるらしく、旧劇場版の終劇後、何人かの人間がLCLの海から現実世界に帰還した可能性は十分あると思われる。

なお、これらが劇場版(現在は「新劇場版」と区別するため「旧劇場版」と呼称されるもの)で描かれた結末となっている。

TV版における人類補完計画

TV版第弐拾五話と最終話は、「補完」された世界においてシンジがどのように心が救われたかを表現しており、劇場版を知らないと(あるいは知っていても)全く意味不明な内容である。むしろ、その時点において現実世界で起きていたことの「補完」のために劇場版(第25話、第26話)が製作された……と言うべき位置づけにある。文献によっては「ゲンドウがヨリシロとなった補完後の世界」と説明されているものもある。

スパロボにおける扱い

スパロボにおいては、使徒以外の外敵からの防衛手段として設定自体が出てくることがあるが、いずれの作品でも最終的には「逃避」「阻止すべきもの」として扱われ、通常のルートにおいては基本的に失敗に終わる。またクロスオーバーとして、他の版権キャラが補完計画に絡む展開も描かれる。

作品別では『スーパーロボット大戦F完結編』でバッドエンドとして人類補完計画が発動する。それ以外の作品においてはシンジの成長、抑止力としての真ゲッターらの存在により計画が発動することはなく、EVAシリーズが殲滅されることで失敗に終わるという流れになっている。

旧シリーズ

スーパーロボット大戦F完結編
一定の条件を満たすと補完計画が発動するルートに突入。碇シンジの心が破綻し、補完計画が発動してバッドENDとなる。詳しくは隠し要素/F・F完結編を参照。

αシリーズ

スーパーロボット大戦α
今回は劇場版設定で、EVA弐号機が鳥葬にされるところに、仲間が駆けつけて阻止するというイベントが組まれる。結果、補完計画は未達に終わる。人類補完計画はこの段階でも既にSTMCに対する防衛策として語られている。
第3次スーパーロボット大戦α
αシリーズ2度目の補完計画実行。今回はEVA初号機が寄り代となる段階まで進むが、シンジが仲間達との出会いにより成長していたことで失敗する。さらに、碇ゲンドウアダムリリスによる補完を独力で行おうと試みるものの、実の息子であるシンジに否定され、阻止される。
本作品においてはアポカリュプシスへの対抗手段であるという設定が加えられており、故に地球に限らず他の文明においても補完計画が散見される。例えば『α』でユーゼスが語ったように、バルマー本星にも死海文書が存在する(本作ではハザルもその事について述べている)。また元々は第6文明人によって発明された技術とされ、恐らく第6文明人の補完計画によって意志集合体であるイデがうまれたものと推測される。なお、ゲッター線イデなど、無限力と呼ばれる存在の補完計画に対しての見解について冬月がそれぞれ解説をしており、それによれば無限力内でもゲッター線やビムラー等の反対派とイデ等の容認派に意見が割れていたようである。
上述にある通りバルマー側も地球における補完計画の詳細について把握しており、ルアフはシンジと対峙した際に補完計画が失敗した事を察している発言をしている。また、どのような経緯で知ったのか理由は不明だがクルーゼも補完計画の詳細について知っており、彼は補完を「滅び」と捉えていた。

Zシリーズ

第3次スーパーロボット大戦Z
新劇場版設定。Zシリーズの人類補完計画は「御使い」から逃れる為の手段の一つであったらしい事が語られている。
時獄篇』では計画は進行中の様子であったが、『天獄篇』ではNERVの存在する世界がニア・サードインパクトの影響で切り離され、その後も計画に関して触れられる事もなく有耶無耶な形になった。

携帯機シリーズ

スーパーロボット大戦L
本作発売時では完結していない新劇場版の設定を使用している為、計画「そのもの」も存在こそするが、原作再現終了まで詳細は全て不明のまま。本作では第8の使徒消滅後、石神の報告書に記されている「平行世界からのの存在」により、補完計画の続行は不可能と判断され打ち切りに終わり、原作再現が強制終了される。新劇場版設定で参戦する為という折衷手段としての側面が強い。

Scramble Commanderシリーズ

スーパーロボット大戦Scramble Commander
ソーディアンのコンピュータによれば、転移を繰り返してきた平行世界のうちの1つでは補完計画が実行されて滅んだらしい。

単独作品

スーパーロボット大戦MX
人類補完計画の上位版とも言える「多元世界補完計画」が発動。詳細は項目を参照。

関連用語

「全ての生物を一つにする」という思想の産物は他作品でも見られる。

イデ
フェストゥム
マキナ人間
バジュラ
ラグナレクの接続
ODEシステム
ダークブレイン
AI1
御使い

余談

  • 漫画版最終話では、ほぼ全てが元通りとなって世界が再構築された模様。シンジは普通の中学生の受験生となり、友人の見送りを受けつつ東京の高校「明城学院附属高校」を受けるために上京するところが描かれている。性格も前向きになっている模様。
    • 人間関係はリセットされており、アスカとは駅の混雑で難儀している所を助けたのが初対面(デジャビュを感じているが)。ついでにケンスケとも出会っている。
    • 再構築前の会話から、ユイ・ゲンドウ・レイは存在しない可能性がある。また、再構築後である証拠として、補完失敗時に化石化して地球に降下した量産型エヴァと思しき残骸が存在している。どのように再構築したかなどは不明。

脚注

  1. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』ではストーリーが大幅に改められ、人類補完計画についてもその内容は異なるとのアナウンスがある為。