「レッドホーン」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
(妄想戦記)
 
3行目: 3行目:
 
| 登場作品 = [[ゾイドシリーズ]]
 
| 登場作品 = [[ゾイドシリーズ]]
 
*{{登場作品 (メカ)|ゾイド -ZOIDS-}}
 
*{{登場作品 (メカ)|ゾイド -ZOIDS-}}
 +
| メカニックデザイン =
 +
| 初登場SRW = {{初登場SRW (人物)|スーパーロボット大戦Operation Extend}}
 
| SRWでの分類 = [[機体]]
 
| SRWでの分類 = [[機体]]
 
}}
 
}}

2019年7月14日 (日) 22:22時点における最新版

レッドホーン
外国語表記 RED HORN
登場作品

ゾイドシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦Operation Extend
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
全幅 7.2m
重量 94t
動力 ゾイドコア
最高速度 130km/h
所属 ゼネバス帝国
ガイロス帝国
主なパイロット ロッソ
テンプレートを表示

レッドホーンは『ゾイド -ZOIDS-』の登場メカ

概要[編集]

「動く要塞」といわれている恐竜型ゾイド

その外見は最初期の物とは思えないほど完成しており、地球人の技術により格段に強化されている。

重武装・重装甲の兵器にしては機体重量は軽量で重武装と重装甲による火力と防御力を併せ持つ。武装と機体バランスにも優れており、アイアンコングが開発されるまでのゼネバス帝国軍ではゴジュラスに対抗できる唯一のゾイドであった(それでもゴジュラス1機を倒すのにレッドホーン3機が必要だったそうだが)。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
ロッソの乗機として登場。第2章サブミッション「ゾイドイヴの捜索」で戦うこととなる。クラッシャーホーンはにしか攻撃できないが、命中補正が高く、更に押投特性による追加ダメージが発生するので危険。当ミッションでは出撃ユニットが固定されており、エグザート以外は飛行できないユニットのみなので注意したい。
味方としては通常はスポット参戦のみで、DLC追加ミッション「夜鷹の夢」』をクリアするとカール・リヒテン・シュバルツアイアンコングMk-II及びヴィオーラレドラーとともにコネクト・フォースに加入する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

クラッシャーホーン
名前の由来にもなっている頭部の角。本機の本領は中・遠距離射撃戦だが、優れたパワーを活かしたこの角による接近戦での刺突・突進も非常に強力である。
『OE』では「押投」特性付き。
地対空2連装ビーム砲
OE』では「対空」「ビーム」特性付き。
対ゾイド3連装リニアキャノン
『OE』では「対大型」特性付き。

特殊能力[編集]

ゾイドコア
グループ (GR)
アイアンコングMk-IIレドラーヴィオーラ機)とグループ出撃可能。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

Mまたは3

機体BGM[編集]

「鋼鉄の慟哭」
原作BGM。敵対時の戦闘BGMに採用。
「Wild Flowers」
OP曲。味方時の戦闘曲。
「復活の胎動」
原作BGM。連携攻撃のBGMに採用。

関連機体[編集]

基礎設計は非常に優秀で発展性に富み改造機も多く製作された。

ダークホーン
ガイロス帝国により強化改造された黒色のレッドホーン。武装も強化され、戦闘力は段違いにアップしている。
なおバトルストーリー設定では西方大陸戦争(アニメ版無印)時代のレッドホーンは第一次大陸間戦争時のダークホーンのデチューン&再塗装仕様である。
バーナス
レッドホーンの改造バリエーションの一つ。背中に火炎放射器を装備している。
ゴーラス
冷凍ガスタンクと冷凍砲を装備したレッドホーン。口から吐く冷凍ガスで相手を冷凍する。また、冷凍ガスで攻撃するゾイドはこの機体の他にバイオラプターグイがいる。
トルネドス
レッドホーンの改造バリエーションの一つ。装備しているターボローターで突風を巻き起こす、毒ガスを放出できる異形の機体。
サンダーホーン
レッドホーンの改造機体。レッドホーンと共和国のマッドサンダーのデータをベースに制作したトリケラトプス型ゾイド。
レッドホーンBG
ビームガトリングガンを装備したレッドホーン。西方大陸戦争時代のダークホーンは実質これを黒く塗っただけである。
グリーンホーン
その名の通り緑色のレッドホーン。所属は共和国軍。
『妄想戦記』ではゼネバス帝国が開発した反荷電粒子シールドの実験機だったが共和国軍に奪取されてしまい(正確には逃走中の共和国工作員に偶々乗り逃げされてしまい)マッドサンダー開発のための基礎となったとされる。
ただし『妄想戦記』は「兵士たちの噂の類」とされているため公式設定かは不明。一応バトルストーリーにも(スペック不明で)登場はしている。
クリムゾンホーン
惑星Zi大異変により磁気嵐が吹き荒れるほどの強磁気が周囲に満ちている環境での運用を前提にした改造機。
実はそのような状況下でないとまともに稼働できないという欠点があるが、本機に限らず当時開発された新型機は全て同じ仕様である。
メタな話をすると「作品は古いが時系列的には新しい西方大陸戦争時代にクリムゾンホーン等が存在しない理由付け」である
R-HORN
『ゾイドオルタナティブ』に登場するレッドホーン。世界観の問題からクラッシャーホーンによる突撃が不可能。

余談[編集]

  • スティラコサウルスとは中生代白亜紀後期の北アメリカ大陸に生息していた角竜で襟飾りの周りには3対の長い角とその下に短い角が特徴。全長5mと小柄で同じ角竜であるトリケラトプスの方が有名だが、近年では「スーパー戦隊シリーズ」のロボットや武器のモチーフになったり、「モンスターハンター」シリーズに登場するモノブロスもこの恐竜がモチーフといわれている。
  • また、アイボリー(象牙色≒骨色)のレッドホーンのキットが恐竜博2005で限定販売された事もある。