「レイン・ミカムラ」を編集中

ナビゲーションに移動 検索に移動

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。

このページは意味的テキスト内注記(例:[[Is specified as::World Heritage Site]])をサポートしています。これは構造化され問い合わせ可能なコンテンツを構築するためのもので、Semantic MediaWiki が提供しています。注記や #ask パーサー関数についての完全な説明は getting startedin-text annotation、または inline queries ヘルプページをご覧ください。

最新版 編集中の文章
37行目: 37行目:
  
 
スパロボでは能力が高くないことが多いが、[[ライジングガンダム]]に搭乗し、ほぼ相打ちとはいえ暴走した[[アレンビー・ビアズリー]]が乗る[[ウォルターガンダム]]を倒す腕前の持ち主でもある(尚、他のDG四天王の[[ガンダムヘブンズソード]]、[[グランドガンダム]]はそれぞれ[[シャッフル同盟]]2人がかりで相打ちだった)。更に『GUNDAM EVOLVE 3』では'''痴話喧嘩から発展したガンダムファイトでドモンの[[ゴッドガンダム]]に勝利'''という快挙(暴挙?)を成し遂げ、一部のファンからは最強のガンダムヒロインなのではないかとも囁かれている。
 
スパロボでは能力が高くないことが多いが、[[ライジングガンダム]]に搭乗し、ほぼ相打ちとはいえ暴走した[[アレンビー・ビアズリー]]が乗る[[ウォルターガンダム]]を倒す腕前の持ち主でもある(尚、他のDG四天王の[[ガンダムヘブンズソード]]、[[グランドガンダム]]はそれぞれ[[シャッフル同盟]]2人がかりで相打ちだった)。更に『GUNDAM EVOLVE 3』では'''痴話喧嘩から発展したガンダムファイトでドモンの[[ゴッドガンダム]]に勝利'''という快挙(暴挙?)を成し遂げ、一部のファンからは最強のガンダムヒロインなのではないかとも囁かれている。
 +
 +
島本和彦によるコミカライズ作品『超級!機動武闘伝Gガンダム』では、基本的なキャラ設定はTV版と同一ながら、「ベタ惚れ」と言っても過言ではない程にドモンへの秘めた想いが強調されている。たまに言動が荒れたり要所要所でギャグを飛ばしたりと、キャラ付けも島本流のアレンジが施されており、何故か「ヨダレを垂らしながら爆睡する」「口に含んでいた飲み物を吹く」という描写が多い。
  
 
== 登場作品と役柄 ==
 
== 登場作品と役柄 ==
304行目: 306行目:
 
*「名台詞」の項にも登場した、モビルトレースシステムを起動したシーンは非常に色っぽく、ファンの間では語り草である。[[ブルックリン・ラックフィールド]]を演じる杉田智和氏もこのシーンがお気に入りらしく、『F』の再現デモを連続再生した事があると、某番組で語っていた。
 
*「名台詞」の項にも登場した、モビルトレースシステムを起動したシーンは非常に色っぽく、ファンの間では語り草である。[[ブルックリン・ラックフィールド]]を演じる杉田智和氏もこのシーンがお気に入りらしく、『F』の再現デモを連続再生した事があると、某番組で語っていた。
 
*番組終盤にてデビルガンダムに取り込まれた際、いつの間にか全裸になっていたが、ガンダムエースにて連載された『超級!機動武闘伝Gガンダム』では衣服を破かれ全身が金属化していく過程が描かれている。
 
*番組終盤にてデビルガンダムに取り込まれた際、いつの間にか全裸になっていたが、ガンダムエースにて連載された『超級!機動武闘伝Gガンダム』では衣服を破かれ全身が金属化していく過程が描かれている。
*コミカライズ作品『超級!機動武闘伝Gガンダム』では、基本的なキャラ設定はTV版と同一ながら、「ベタ惚れ」と言っても過言ではない程にドモンへの秘めた想いが強調されている。たまに言動が荒れたり要所要所でギャグを飛ばしたりと、キャラ付けも島本流のアレンジが施されており、何故か「ヨダレを垂らしながら爆睡する」「口に含んでいた飲み物を吹く」という描写が多い。
 
 
*担当声優の天野氏は2000年頃に声優業を一時休業しており、その間に発売されたゲーム作品ではならはしみき氏がレイン役を務めていた。2003年以降は天野氏が声優業に復帰したため、レイン役も復帰している。
 
*担当声優の天野氏は2000年頃に声優業を一時休業しており、その間に発売されたゲーム作品ではならはしみき氏がレイン役を務めていた。2003年以降は天野氏が声優業に復帰したため、レイン役も復帰している。
 
*『[[ガンダムビルドファイターズ]]』では23話にてレインが女性司会としてカメオ出演している。ただし、声は天野由梨氏ではない。
 
*『[[ガンダムビルドファイターズ]]』では23話にてレインが女性司会としてカメオ出演している。ただし、声は天野由梨氏ではない。

スーパーロボット大戦Wikiへの投稿はすべて、他の投稿者によって編集、変更、除去される場合があります。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください(詳細はスーパーロボット大戦Wiki:著作権を参照)。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

このページを編集するには、下記の確認用の質問に回答してください (詳細):

取り消し 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)