「レイン・ミカムラ」を編集中

ナビゲーションに移動 検索に移動

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。

このページは意味的テキスト内注記(例:[[Is specified as::World Heritage Site]])をサポートしています。これは構造化され問い合わせ可能なコンテンツを構築するためのもので、Semantic MediaWiki が提供しています。注記や #ask パーサー関数についての完全な説明は getting startedin-text annotation、または inline queries ヘルプページをご覧ください。

最新版 編集中の文章
242行目: 242行目:
 
;「ごめんなさい。 私… 私… 私もあなたを今ほど大切に思った事は無いわ…」
 
;「ごめんなさい。 私… 私… 私もあなたを今ほど大切に思った事は無いわ…」
 
:第24話にて、脳波通信機でギアナ高地に残ったドモンに呼びかける際、彼にとってレインが大切な存在であることにも気付き、それを受け止めた上で、訴えかけたときの台詞。これが切っ掛けで現在のドモンとの関係があるといっても過言ではない。
 
:第24話にて、脳波通信機でギアナ高地に残ったドモンに呼びかける際、彼にとってレインが大切な存在であることにも気付き、それを受け止めた上で、訴えかけたときの台詞。これが切っ掛けで現在のドモンとの関係があるといっても過言ではない。
;「必殺必中、ラアァァイジング!アロー!」
+
;「必殺必中、ライジングアロー!」
:第44話・45話にて、[[アレンビー・ビアズリー]]の乗る[[ウォルターガンダム]]に向かってライジングアローを放った時の台詞。流石天野氏の熱演も相まって、非常に燃える台詞である。
+
:第44話にて、[[アレンビー・ビアズリー]]の乗る[[ウォルターガンダム]]に向かってライジングアローを放った時の台詞。流石天野氏の演技というべきか、熱のこもった台詞である。
 
;「いやああっ! こっちへ来ないでぇっ!」
 
;「いやああっ! こっちへ来ないでぇっ!」
 
:最終話にて、駆け寄ったドモンを拒んだ際の台詞。一応喋れるらしい。ゲームでは回避時の台詞。
 
:最終話にて、駆け寄ったドモンを拒んだ際の台詞。一応喋れるらしい。ゲームでは回避時の台詞。

スーパーロボット大戦Wikiへの投稿はすべて、他の投稿者によって編集、変更、除去される場合があります。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください(詳細はスーパーロボット大戦Wiki:著作権を参照)。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

このページを編集するには、下記の確認用の質問に回答してください (詳細):

取り消し 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)