「リノン・トロス」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
 
5行目: 5行目:
 
| 声優 = {{声優|川澄綾子|SRW=Y}}
 
| 声優 = {{声優|川澄綾子|SRW=Y}}
 
| キャラクターデザイン = {{キャラクターデザイン|坂崎忠}}
 
| キャラクターデザイン = {{キャラクターデザイン|坂崎忠}}
 +
| 初登場SRW = {{初登場SRW (人物)|スーパーロボット大戦Operation Extend}}
 
| SRWでの分類 = [[パイロット]]
 
| SRWでの分類 = [[パイロット]]
 
}}
 
}}
18行目: 19行目:
  
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
御曹司ハリーに言い寄られたり、ビットに風呂を覗かれたりと見た目は可愛いらしいのだが性格は豪快且つ凶暴。入浴中に誤って入ってきたビットとジェミーを素手で半殺しにし、ゾイドバトルでバトルポイントを稼ぐために(直前ではあるが撃つ旨は叫んでいる)味方ごと攻撃したり、自分をさらったバックドラフト団のホエールキングにて、内側から攻撃しながら自力で脱出したりと、破天荒なエピソードには事欠かない。自信家で詰めの甘いところがあり、愛機の機動性の難もあって当初は真っ先に狙われることも多かった。わがままなトラブルメーカーではあるが、仲間を心配したり、仲間に心配されることも多々ある。
+
御曹司ハリーに言い寄られたり、ビットに風呂を覗かれたりと見た目は可愛いらしいのだが性格は豪快且つ凶暴。入浴中に誤って入ってきたビットとジェミーを素手で半殺しにし、ゾイドバトルでバトルポイントを稼ぐために(直前ではあるが撃つ旨は叫んでいる)味方ごと攻撃したり、自分をさらったバックドラフト団のホエールキングにて、内側から攻撃しながら自力で脱出したりと、破天荒なエピソードには事欠かない。自信家で詰めの甘いところがあり、愛機の機動性の難もあって当初は真っ先に狙われることも多かった。わがままなトラブルメーカーではあるが、仲間を心配したり、仲間に心配されることも多々ある。
  
 
当初の自身の愛機は重量級砲撃[[ゾイド]][[ディバイソン]]であったが、バックドラフト団とのダークバトルの際に破壊されてしまい、その後は[[ガンスナイパー]]を愛機とする。
 
当初の自身の愛機は重量級砲撃[[ゾイド]][[ディバイソン]]であったが、バックドラフト団とのダークバトルの際に破壊されてしまい、その後は[[ガンスナイパー]]を愛機とする。
25行目: 26行目:
 
=== 単独作品 ===
 
=== 単独作品 ===
 
;[[スーパーロボット大戦Operation Extend]]
 
;[[スーパーロボット大戦Operation Extend]]
:主人公のビットを'''差し置いて'''第4章の追加ミッションに登場、クリアするとナオミと共に仲間になる。コネクト・フォースへの参加も、バトルポイントを稼ぎたいが故だろう。
+
:初参戦作品。主人公のビットを'''差し置いて'''第4章の追加ミッションに登場、クリアするとナオミと共に仲間になる。コネクト・フォースへの参加も、バトルポイントを稼ぎたいが故だろう。
 
:その破天荒な性格を表現する為か、味方で唯一の[[暴君]]スキル所持者で、高レベル相手に命中する場合でもある程度のダメージが保証される。
 
:その破天荒な性格を表現する為か、味方で唯一の[[暴君]]スキル所持者で、高レベル相手に命中する場合でもある程度のダメージが保証される。
 
:担当声優の川澄綾子氏は過去のスパロボでは[[マリア・マリア|代役]]としてのみの参加であったため、本来の持ち役での出演は本作が初となった。
 
:担当声優の川澄綾子氏は過去のスパロボでは[[マリア・マリア|代役]]としてのみの参加であったため、本来の持ち役での出演は本作が初となった。
  
== パイロットステータス設定の傾向 ==
+
== パイロットステータス ==
 
<!-- === [[能力|能力値]] === -->
 
<!-- === [[能力|能力値]] === -->
 
 
=== [[精神コマンド]] ===
 
=== [[精神コマンド]] ===
 
;[[スーパーロボット大戦Operation Extend|OE]]
 
;[[スーパーロボット大戦Operation Extend|OE]]
41行目: 41行目:
  
 
=== 固有[[エースボーナス]] ===
 
=== 固有[[エースボーナス]] ===
;[[スーパーロボット大戦Operation Extend|OE]]
+
;攻撃(気力130以上で攻撃+20%)
:'''攻撃(気力130以上で攻撃+20%)'''
+
:『[[OE]]』で採用。
  
 
== 人間関係 ==
 
== 人間関係 ==

2019年7月14日 (日) 22:28時点における最新版

リノン・トロス
外国語表記 Lynne Toros
登場作品

ゾイドシリーズ

声優 川澄綾子
デザイン 坂崎忠
初登場SRW スーパーロボット大戦Operation Extend
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 惑星Zi人
性別
年齢 16歳
所属 チーム・ブリッツ
テンプレートを表示

リノン・トロスは『ZOIDS新世紀/ZERO』のヒロイン

概要[編集]

御曹司ハリーに言い寄られたり、ビットに風呂を覗かれたりと見た目は可愛いらしいのだが性格は豪快且つ凶暴。入浴中に誤って入ってきたビットとジェミーを素手で半殺しにし、ゾイドバトルでバトルポイントを稼ぐために(直前ではあるが撃つ旨は叫んでいる)味方ごと攻撃したり、自分をさらったバックドラフト団のホエールキングにて、内側から攻撃しながら自力で脱出したりと、破天荒なエピソードには事欠かない。自信家で詰めの甘いところがあり、愛機の機動性の難もあって当初は真っ先に狙われることも多かった。わがままなトラブルメーカーではあるが、仲間を心配したり、仲間に心配されることも多々ある。

当初の自身の愛機は重量級砲撃ゾイドディバイソンであったが、バックドラフト団とのダークバトルの際に破壊されてしまい、その後はガンスナイパーを愛機とする。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
初参戦作品。主人公のビットを差し置いて第4章の追加ミッションに登場、クリアするとナオミと共に仲間になる。コネクト・フォースへの参加も、バトルポイントを稼ぎたいが故だろう。
その破天荒な性格を表現する為か、味方で唯一の暴君スキル所持者で、高レベル相手に命中する場合でもある程度のダメージが保証される。
担当声優の川澄綾子氏は過去のスパロボでは代役としてのみの参加であったため、本来の持ち役での出演は本作が初となった。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

OE
気合熱血幸運

特殊技能(特殊スキル)[編集]

OE
底力:攻撃、ゾイドウォーリアー暴君

固有エースボーナス[編集]

攻撃(気力130以上で攻撃+20%)
OE』で採用。

人間関係[編集]

ビット・クラウド
チームメイト。試合を引っ掻き回し兄に怪我を負わせたビットを疫病神と嫌っていたが、次第にチームメイトとして認めていく。
バラッド・ハンター
同じくチームメイト。雇われウォーリアーである彼に「ちゃんと働け」と小言を言うこともしばしば。お互いに性格嗜好は理解している。
ジェミー・ヘメロス
チームメイト。押しの弱い彼を振り回したりわがままを言ったりするが、一緒に行動することも多い。
スティーブ・トロス
実の父親でありチームオーナー。この親にしてこの子ありといったよく似た性格をしているため、家族仲は良好な模様。
レオン・トロス
実の兄。ビットと入れ替わる形で旅に出た後、帰還した兄との再会を喜んだりチームに再加入するよう誘ったりと、兄弟仲は良好。
ハリー・チャンプ
リノンに首ったけのチャンプ財団の御曹司。資金にあかせた装備と機体でチームブリッツ(のビットにリノンをかけて)に挑んでくるが、あまり相手にはされていない。
マリー・チャンプ
ハリーの姉。リノンのアレっぷりをを一目見て見抜いたらしく、「あれはダメ」とハリーを諫めている。そのためリノンの方も彼女に対して否定的な感情を向けた。
ナオミ・フリューゲル
赤色のガンスナイパーを搭乗機とする凄腕パイロット。リノンの搭乗する本来の運用法を完全無視した改造を施したガンスナイパーを邪道と評する。
ラオン
父の学生時代の友人。実はリノンの母のことを、彼女とスティーブの交際が始まる以前から愛しており、未だにその想いを胸に秘め続けている。彼女と瓜二つのリノンに対してだけは一貫して好意的に接しており、リノンもラオンが父と対立するに至った経緯と不幸な真相を知ったこともあって、彼と接する時は普段とは比べ物にならないほど大人しくなる。

他作品との人間関係[編集]

カール・リヒテン・シュバルツ枢木スザク
『OE』第4章の配信ミッションにてリノンの破天荒さに驚愕する。

名台詞[編集]

「お~っほっほっほっほ!」「リノンちゃんの勝っちぃ!」
リノンといったらコレ。一人勝ちなどを始めとする多くの場面で高らかに笑っている。

搭乗機体[編集]

ディバイソン
猛牛型ゾイド。当初の愛機で、相性も良かったのだが、劇中で破壊され乗り変えることになる。
ガンスナイパーLS
ヴェロキラプトル型二足歩行ゾイド。本来は偵察、狙撃、格闘戦などが主な用途の軽量小型な機体だが、リノンが自分の嗜好に合わせた結果、異常なレベルの重火器を装備させた攻撃型に改造している。当然、本来の機体特性を大きく損ねており、運用法も全く異なる機体になってしまったためナオミには邪道扱いされている。…のだが、HMMシリーズでは「第二次大陸間戦争期にすでに確立されたスタイル」という設定が追加されている。
アニメ本編では単にガンスナイパーと呼ばれており、ガンスナイパーLS(リノン仕様あるいはリノンスペシャル)の名称は後年に発売されたゾイドのゲーム作品などで区別のために付けられた。
ちなみにゾイドフューザーズ(SRW未参戦)では個人のカスタム機であるにも関わらずアイアンコングSSとともに野良ゾイドや盗賊の搭乗機として複数登場していた。

商品情報[編集]