「モルガ」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
 
3行目: 3行目:
 
| 登場作品 = [[ゾイドシリーズ]]
 
| 登場作品 = [[ゾイドシリーズ]]
 
*{{登場作品 (メカ)|ゾイド -ZOIDS-}}
 
*{{登場作品 (メカ)|ゾイド -ZOIDS-}}
 +
| メカニックデザイン =
 +
| 初登場SRW = {{初登場SRW (人物)|スーパーロボット大戦Operation Extend}}
 +
| SRWでの分類 = [[機体]]
 +
}}
 +
 +
{{登場メカ概要
 +
| タイトル = スペック
 
| 分類 = 昆虫型[[ゾイド]]<br />(イモムシタイプ)
 
| 分類 = 昆虫型[[ゾイド]]<br />(イモムシタイプ)
 
| 生産形態 = [[量産機]]
 
| 生産形態 = [[量産機]]
17行目: 24行目:
 
| 主なパイロット = [[パイロット::ガイロス帝国兵]]
 
| 主なパイロット = [[パイロット::ガイロス帝国兵]]
 
}}
 
}}
 
+
'''モルガ'''は『[[ゾイド -ZOIDS-]]』の登場メカ。
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
 
東宝製作の怪獣映画『モスラ』(1961)等に登場する(怪獣王「[[ゴジラ]]」と並ぶ存在である)巨蛾「モスラ」の幼虫形態を思わせる姿の、イモムシ型[[ゾイド]]。
 
東宝製作の怪獣映画『モスラ』(1961)等に登場する(怪獣王「[[ゴジラ]]」と並ぶ存在である)巨蛾「モスラ」の幼虫形態を思わせる姿の、イモムシ型[[ゾイド]]。

2019年7月14日 (日) 22:21時点における最新版

モルガ
外国語表記 MOLGA
登場作品

ゾイドシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦Operation Extend
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 昆虫型ゾイド
(イモムシタイプ)
生産形態 量産機
型式番号 EZ-006
全長 11.8 m
全高 2.95 m
全幅 3.0 m
重量 19.7 t
動力 ゾイドコア
最高速度 200 km/h
設計 ガラモス
所属 ガイロス帝国
乗員人数 1名
主なパイロット ガイロス帝国兵
テンプレートを表示

モルガは『ゾイド -ZOIDS-』の登場メカ。

概要[編集]

東宝製作の怪獣映画『モスラ』(1961)等に登場する(怪獣王「ゴジラ」と並ぶ存在である)巨蛾「モスラ」の幼虫形態を思わせる姿の、イモムシ型ゾイド

コックピットのある頭部の装甲は非常に厚く、パイロットの生存性を高めている。また、その頑丈な頭部装甲を活かし、突進(頭突き)攻撃を得意とする。

だが、何よりもそのセールスポイントは量産性と汎用性の高さであり、ガイロス帝国の主力ゾイドとして大量に配備されている。「惑星Ziにおいて最も生産された数の多いゾイド」だと言われている。

なお、「モルガが成虫へ変態し蛾型ゾイドになる」とも噂されているが、その存在は定かではない

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
初登場作品。ガイロス帝国の一般兵や盗賊等が使用する他、スリーパーゾイドやヒルツが操る無人機等、ゾイド系の雑魚敵ユニットとして登場する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

2連装ビーム砲
ビーム兵器」特性付き。
体当たり
「押出」特性付き。にしか攻撃できない。

特殊能力[編集]

ゾイドコア

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

Mまたは3

関連機体[編集]

モルガキャノリー
機獣創世記ゾイドジェネシス』に登場した、キャノリーユニットを装着したバージョン。
なお、その他のゾイドシリーズには設定上同一機体として「キャノリーモルガ」が登場している。

余談[編集]

  • 2003年に行われた『大ゾイド博』において、1/1サイズの実物大モルガが制作された。この実物大モルガは現在、栃木県にある壬生町おもちゃ博物館の別館前に展示されている。

商品情報[編集]