「ミヤマ・アスフィー」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
15行目: 15行目:
 
'''ミヤマ・アスフィー'''は『[[重戦機エルガイム]]』の登場人物。
 
'''ミヤマ・アスフィー'''は『[[重戦機エルガイム]]』の登場人物。
 
== 概要 ==  
 
== 概要 ==  
盗賊団の頭ミヤマ・リーリンの娘。B級[[ヘビーメタル|HM]]・パードナに搭乗する。卑怯なやり方を嫌い、正面から戦いを挑む。
+
盗賊団の頭ミヤマ・リーリンの娘。B級[[ヘビーメタル|HM]]・パードナに搭乗する。卑怯なやり方を嫌い、正面から戦いを挑む。[[ギャブレット・ギャブレー]]曰く「生まれてすぐに各地のマシーン競技会に出ていた娘」で、一度に数機のマシンをリモートコントロールできる[[天才]]。
  
[[ハッシャ・モッシャ]]に母の敵は[[ダバ・マイロード]]だと教えられ、[[ギャブレット・ギャブレー]]の配下として彼を狙うが、真相に気付いた彼女は[[ポセイダル軍|軍]]を離れる。
+
[[ハッシャ・モッシャ]]に母の敵は[[ダバ・マイロード]]だと教えられ、ギャブレーの配下として彼を狙うが、真相に気付いた彼女はハッシャに殺されかけた事もあり[[ポセイダル軍|軍]]を離れる。
  
 
その後反乱軍に参加していたようで、最終回で一瞬出てくる。
 
その後反乱軍に参加していたようで、最終回で一瞬出てくる。
44行目: 44行目:
 
:反乱軍メンバー。最終回でなぜか親しくなっていた。
 
:反乱軍メンバー。最終回でなぜか親しくなっていた。
 
;[[ハッシャ・モッシャ]]
 
;[[ハッシャ・モッシャ]]
:本当の仇。
+
:本当の仇。真相がバレるのを恐れ彼女を殺害しようとした。
  
 
== 他作品との人間関係 ==
 
== 他作品との人間関係 ==
51行目: 51行目:
  
 
== 名台詞 ==
 
== 名台詞 ==
 +
;「母のカタキ…ダバ・マイロード、覚悟!」
 +
:第24話より、初登場時の台詞。攻撃端末を破壊され、格闘戦には不向きなパードナで切りかかる。
 
;「危なくなると、人は嘘を言う!」
 
;「危なくなると、人は嘘を言う!」
:
+
:再出撃時、「リーリンを殺していない」というダバの言葉を否定しきれず、自分に言い聞かせるように。
;「母のカタキ…ダバ・マイロード、覚悟!」
 
:
 
  
 
== 搭乗機体 ==
 
== 搭乗機体 ==
 
;パードナ
 
;パードナ
:
+
:SRW未実装。B級HMだが外見はマシンナリィに近い。複数の有線攻撃端末を持ち[[オールレンジ攻撃]]が可能。
  
 
=== SRWでの搭乗機体 ===
 
=== SRWでの搭乗機体 ===

2020年5月24日 (日) 05:39時点における最新版

ミヤマ・アスフィー
外国語表記 Miyama Asphy
登場作品 重戦機エルガイム
声優 原えりこ
デザイン 永野護
初登場SRW スーパーロボット大戦F完結編
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ペンタゴナ星系人
性別
テンプレートを表示

ミヤマ・アスフィーは『重戦機エルガイム』の登場人物。

概要[編集]

盗賊団の頭ミヤマ・リーリンの娘。B級HM・パードナに搭乗する。卑怯なやり方を嫌い、正面から戦いを挑む。ギャブレット・ギャブレー曰く「生まれてすぐに各地のマシーン競技会に出ていた娘」で、一度に数機のマシンをリモートコントロールできる天才

ハッシャ・モッシャに母の敵はダバ・マイロードだと教えられ、ギャブレーの配下として彼を狙うが、真相に気付いた彼女はハッシャに殺されかけた事もありを離れる。

その後反乱軍に参加していたようで、最終回で一瞬出てくる。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
敵として登場し、アトールに乗ってくる。その際、アスフィーが護衛として操っているバッシュ4機が機体性能フル/武器性能7段階改造という結構な強さなので要注意。隠し要素でダバで説得すると味方になる。残念ながら護衛のバッシュは1機も加わらないが、その操縦技術をアストナージに買われキャオとどちらを電子系メカニックに専念させる(パイロットから外す)か2択になる。パイロットとしてのアスフィーは挑発脱力を持つのでサポートキャラとして役立つ。ただし戦闘面においては、地形適応が何故か宇宙Bという事もあり完全に戦力外。登場が遅いだけあって初期レベルが高く、育成が不要なのはありがたい。エルガイム系を戦力として当て込めない時は、リリスを同乗させてしまうのも良い。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

F完結編
根性挑発ひらめき脱力幸運覚醒

パイロットBGM[編集]

「エルガイム -TIME FOR L-GAIM-」
前期オープニング。

人間関係[編集]

ミヤマ・リーリン
母親。番組初期の主な敵。第1話でアマン商会の運び屋を襲撃し、ダバがポセイダル軍に関わる切っ掛けを作った。
SRW未登場。『リアルロボット戦線』には登場しているが、そちらでは逆にアスフィーが登場しない。
シェラ・リーフ
反乱軍メンバー。最終回でなぜか親しくなっていた。
ハッシャ・モッシャ
本当の仇。真相がバレるのを恐れ彼女を殺害しようとした。

他作品との人間関係[編集]

アストナージ・メドッソ
F完結編』にてバッシュを遠隔操作していたアスフィーの腕を見込んで、電子系専門メカニックの仕事に誘う。アスフィー自身は「どうしてもと言うなら」と拒否はしなかったが、パイロットを志望していた。

名台詞[編集]

「母のカタキ…ダバ・マイロード、覚悟!」
第24話より、初登場時の台詞。攻撃端末を破壊され、格闘戦には不向きなパードナで切りかかる。
「危なくなると、人は嘘を言う!」
再出撃時、「リーリンを殺していない」というダバの言葉を否定しきれず、自分に言い聞かせるように。

搭乗機体[編集]

パードナ
SRW未実装。B級HMだが外見はマシンナリィに近い。複数の有線攻撃端末を持ちオールレンジ攻撃が可能。

SRWでの搭乗機体[編集]

アトール