プレイステーション2

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2019年6月20日 (木) 14:54時点におけるPLW7709 (トーク | 投稿記録)による版 (二重鉤括弧は原則登場作品やゲームタイトルなどの著作物に対して使用する)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search

プレイステーション2は、2000年3月4日にソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE、現SCEI)が発売した家庭用ゲーム機。略称は「PS2(ピーエスツー)」「プレステ2」で、公式の略称は前者。本稿でもそれに倣い表記する。

概要[編集]

プレイステーション(以下PS)の次世代機種。PSに引き続き、長く据え置き機トップの座に君臨し続けた。1億5000万台超えという販売台数はコンシューマーゲーム機史上世界最高記録である。2013年12月28日をもって本体の出荷が終了している。

ゲームソフトは主にDVD-ROMで供給され、一部はCD-ROMを使用しているソフトもある。当時まだ高価だったDVDドライブを採用し、DVD再生機能を持たせたことが当時大きな話題となった。外部記憶媒体はPS2用「メモリーカード8MB」で、ブロック制ではなくバイト単位でデータを保存するようになり、以降のPS系列ハードもバイト単位の保存形式となった。

PSとソフトウェアの互換性を持っており、殆どのPSのゲームを遊べ、多くの周辺機器が流用可能。ただし、ゲームデータのセーブとロードには初代PS用のメモリーカード(またはポケットステーション)が必要。またPSソフト用に読み込み速度の高速化や、テクスチャの補完(簡単に言えば、3D表現が綺麗になる)機能も用意されているが、この2つの機能は正常動作の保証外である。

次世代機のプレイステーション3(以下PS3)や携帯機のプレイステーション・ポータブル発売後、次第にソニーの主力機種の座を譲っていったが、PS2の新作ソフトは10年以上に渡って発売されており、非常に息の長いプラットフォームであった。2011年末頃を境に供給が途絶えるようになっっていき、2013年3月27日発売のMMORPG『ファイナルファンタジーXI拡張データディスク アドゥリンの魔境』(スクウェア・エニックス)を以ってPS2ソフトの発売を終了。PS2版『ファイナルファンタジーXI』のオンラインサービスも2016年3月31日で終了し、発売開始以来16年にも及んだその歴史に幕を閉じた。

2012年7月25日からPS3で「プレイステーション2アーカイブス」が開始され、PS2ソフトのダウンロード購入が可能となったが、2019年現在、PS2のスパロボ作品は対応していない。

2018年8月31日をもって修理等全てのアフターサービスが終了。PS3とプレイステーション4という2代の後継機種を見守って、その歴史に幕を下ろした。

バリエーション[編集]

初代から様々なマイナーチェンジが施されてきたが、2004年11月発売のSCPH-70000番以降は従来型の約2kgから本体+ACアダプタで約1.2kgと大幅に軽量化され、体積は約1/4となった。これ以降の機種は通称「薄型PS2」あるいは「新型PS2」と呼ばれる。但し消費電力が増加し、内蔵大型ファンが無くなったため、あまりに長時間連続稼動させると熱暴走を起こす恐れがある。また、SCPH-70000番以降の型番は構造の都合上、ピックアップレンズ部分のフレキケーブル(オレンジのリボンのような部品)が何らかの不具合で回転中のディスクに触れる可能性があり、それが原因でディスクに円周状の傷が付いてしまう事例があった。

2007年11月発売のSCPH-90000は、ACアダプタを内蔵型に戻しさらに軽量化して720g、消費電力を抑えた完成形といえるモデルになっている。PS3のPS2互換廃止の影響もあってか5年に渡って生産が続いた。

一部のPS2やPSソフトは、型番によっては正常に動作しない可能性がある。スパロボシリーズでは、『第4次スーパーロボット大戦S』で動作面の不具合が報告されている。

プレイステーション2と互換性を持つ次世代機[編集]

プレイステーション3
PS2の次世代機種。パソコンのようにハードディスクドライブを内蔵。初期の60GB及び20GBモデルではPSとPS2両方のソフトに物理的な互換性を持っていたが、後に発売された40GBモデル以降はPS2互換がオミットされ、PS互換のみが残された。セーブデータは内蔵HDD内の仮想メモリーカードで管理する(この機能は全モデル共通)。別売のメモリーカードアダプターによるデータの移行も可能。現在では前述の通り、PS2アーカイブスの開始によってPS2互換のないモデルでもソフトのダウンロード購入が可能になった。

商品情報[編集]

スーパーロボット大戦シリーズ [編集]

PS同様、スパロボにとってもメインプラットフォームのひとつとなった。旧世代機となった後も『スーパーロボット大戦Z』が50万本以上の売り上げを記録し、PS2市場の底力を見せた。

スパロボシリーズに参戦した他社のPS2作品[編集]

他社のゲーム作品が原作となって、SRWに参戦するケースも見られるようになってきた。

電脳戦機バーチャロン マーズ
ゼノサーガ
NAMCO x CAPCOM
サクラ大戦
1作目のリメイクと3作目の移植、5作目といくつかの派生作品がこの機種で発売している。

関連作品[編集]

スパロボ関連の周辺機器[編集]

資料リンク[編集]