「ブレーンコンドル」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(初登場SRWにプロパティを設定する)
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
47行目: 47行目:
 
=== 携帯機シリーズ ===
 
=== 携帯機シリーズ ===
 
;[[スーパーロボット大戦L]]
 
;[[スーパーロボット大戦L]]
:ユミットアイコンのみ地上ルート第31話「鬼を喰らうモノ」のイベントで登場する。
+
:ユニットアイコンのみ地上ルート第31話「鬼を喰らうモノ」のイベントで登場する。
  
 
=== 単独作品 ===
 
=== 単独作品 ===
 
;[[スーパーロボット大戦MX]]
 
;[[スーパーロボット大戦MX]]
 
:[[科学要塞研究所]]からの発進デモで登場。ユニットとしての活躍は無し。
 
:[[科学要塞研究所]]からの発進デモで登場。ユニットとしての活躍は無し。
 +
;[[スーパーロボット大戦DD]]
 +
:第1章Part3「再臨! 偉大なる勇者」にて鉄也搭乗の機体と[[あしゅら男爵]]搭乗の機体のユニットアイコンが登場。
  
 
== 装備・機能 ==
 
== 装備・機能 ==

2019年12月4日 (水) 20:20時点における最新版

ブレーンコンドル
外国語表記 Brain Condor
登場作品

マジンガーシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 小型戦闘機兼移動式コクピット
全長 4.2 m
全高 2.2 m
重量 450 kg
開発者 兜剣造
所属 科学要塞研究所
主なパイロット 剣鉄也
テンプレートを表示

ブレーンコンドルは『マジンガーシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

最高速度マッハ3で飛行する小型戦闘機。

グレートマジンガーの頭部へ合体する移動式操縦席でもあり、ドッキング後はコックピットブロックが90度回転する。かなり鋭角的なデルタ型のフォルムが特徴。

科学要塞研究所の地下格納庫から海底チューブを経由して難破船の残骸に偽装した専用発進口(劇場版『マジンガーZ対暗黒大将軍』では火山の噴火口)より出撃し、剣鉄也が発する「マジンゴー」のコールを受けて格納庫から射出されたグレートと空中で高速ドッキング「ファイヤー・オン」を完了後、戦場へと急行する。

マジンガーZマジンカイザーとの違いはグレートが射出状態の上で、ブレーンコンドルが高速落下で合体するところ。合体のタイミングが一つでも間違えば誤爆しかねないだけに、難易度は非常に高い。

登場作品と操縦者[編集]

ドッキング後はグレートマジンガーを参照。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
原作アニメによる発進デモの中で登場。ユニットとしては登場しない。
なおホバーパイルダーとは違ってゲーム中で呼称されており、『電視大百科』でも名称が表記されている。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
グレートマジンガー分離・もしくは撃墜されるとこの形態に。なお、戦闘機のみ出撃するシナリオでも出番がある。
スーパーロボット大戦α外伝
『α』と同様。ルートによってはこの状態でしばらく耐える必要がある。また、初期版では(仕様ミスか)改造が連動しているグレートマジンガーより武器改造費用が安い。活用の際は「武器改造」からではなく、「ユニット能力」を開いてブレーンコンドルを出し、武器を表示してから□ボタンを押す必要がある。
本作では鉄也と甲児に武器用の台詞、鉄也は回避時の台詞がある。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
ユニットアイコンのみ地上ルート第31話「鬼を喰らうモノ」のイベントで登場する。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
科学要塞研究所からの発進デモで登場。ユニットとしての活躍は無し。
スーパーロボット大戦DD
第1章Part3「再臨! 偉大なる勇者」にて鉄也搭乗の機体とあしゅら男爵搭乗の機体のユニットアイコンが登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

コンドルミサイル
コンドルレーザー

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

S

機体BGM[編集]

「おれはグレートマジンガー」
オープニング主題歌。『α』、『α外伝』で採用。

関連機体[編集]

グレートマジンガー
剣鉄也の愛機。ブレーンコンドルがグレートマジンガーの頭部にドッキングして、はじめて「偉大なる勇者」に相応しい力を発揮する。
ホバーパイルダージェットパイルダー
マジンガーZのコクピットとなる機体。