フォンセ・カガチ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2019年6月23日 (日) 01:46時点におけるOchabot (トーク | 投稿記録)による版 (初登場SRWにプロパティを設定する)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search
フォンセ・カガチ
外国語表記 Fonse Kagatie
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 大矢兼臣
デザイン 逢坂浩司
初登場SRW 新スーパーロボット大戦
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 65歳
所属 ザンスカール帝国
役職 首相[1]
テンプレートを表示

フォンセ・カガチは『機動戦士Vガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ザンスカール帝国の実権を握っている組織「ガチ党」の党首にして、ザンスカール帝国首相。禿頭白髭、左目に片眼鏡を着け、杖を携えて悠然と構える。

元々はヘリウム船団のベテラン職員という経歴の「木星帰りの男」。果てしなく争い続ける地球人類に絶望し、マリア・ピァ・アーモニアの特異能力と豊富な資材を利用し、アジ演説により旧体制を批判してガチ党を設立。そして、ギロチンを用いた処刑を始めとする恐怖政治でザンスカール帝国を支配した。

彼の個人的野心・目的についてアニメ作中では判然としないが、その究極目標はエンジェル・ハイロゥによる「争うことのない人類の創出」であるとされる。とするならマリアとの関係も単なる黒幕と傀儡ではなく、両者には汎人類に対して真に共鳴する部分があったのかもしれない。

しかし、圧政を伴う彼の思想と行動はリガ・ミリティアなどの民間勢力や一部高級軍人に非難されるなど、必然的に敵対者を呼び起こすものだった。結果的に彼率いるザンスカール帝国は敗れて、自身もまたエンジェル・ハイロゥ戦における最終局面で死亡している。

宇宙世紀シリーズにおける主人公が対峙し続けた戦乱の黒幕とはいえ、ギレン・ザビのようなカリスマを示せず、かといってギルバート・デュランダルのような分かり易い策士として描かれたわけでもなかったがゆえ、特に外見の活力に欠けて押しの弱い印象は否めない。だからこそ、若いマリアを女王に仕立て上げたのだろうが、このバランスを保てなかったことが自らの破滅を呼び込んだのかもしれない。

同時代を舞台とした漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』(SRW未参戦)では、作品ボスのキゾ中将の「叔父」という立場で顔を見せる。木星時代に恩義を受けたクラックス・ドゥガチの内縁の子であるキゾを託され、帝国でも身内として厚遇したつもりであったが、その狂気的な暴走を全く諌められず、遂にはその艦隊及び新型機、そして宇宙細菌「エンジェル・コール」と共に謀反されてしまう。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ジュピトリアンに所属。地球に落下したエンジェル・ハイロゥからアドラステアで脱出して逃げ延びようとしたが、味方だと思っていたトレーズに艦を撃墜されて死亡。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
ほぼ原作通り。最後はその理念をウッソだけでなく、カミーユジュドーらにも否定される。
ヒイロがとどめを刺そうとしたが、デュオ「お前が手をかける必要もない」と止められた。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
初登場時、すでにクーデターで実権をシャア一派に奪われており、なんと偵察に来たアムロ及びシュラク隊に保護された。そして、自部隊にザンスカールの現状を教えてくれるのだが……その後、音沙汰ない
気付いたら落ちぶれていたので、原作を知らない人は彼が悪役には見えなかったかもしれない。

人間関係[編集]

マリア・ピァ・アーモニア
異能とカリスマに目を付け接触、ザンスカール帝国女王に据える。彼の理想を具現化するための最重要人物。
ムッターマ・ズガン
木星時代からの盟友にして腹心。SRW未登場。
タシロ・ヴァゴ
野心家であり、自らがザンスカール帝国を支配しようとしていたが、その器ではなく、最期は自身が追い詰められて破滅した。
ウッソ・エヴィン
エンジェル・ハイロゥにて人類の是非を問う戦いを演じた。
シャクティ・カリン
マリアの娘として、マリア死後のエンジェル・ハイロゥ起動に利用する。
しかし、その発動はカガチの想像を逸脱しており……。
キゾ
漫画機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』(SRW未参戦)に登場。形式上はカガチの部下だが独自の思惑で動いており、自重するよう求めた彼の指示にも従わなかった。SRW未登場。
クラックス・ドゥガチ
『ゴースト』では木星船団時代の恩人とされており、ドゥガチから彼と内縁の妻の間に生まれた子供であるキゾを預かっていた。

他作品との人間関係[編集]

ヒイロ・ユイ
α』では彼からも全否定される。
トレーズ・クシュリナーダ
『α』では最終的に彼に引導を渡された。
シャア・アズナブル
』では彼にザンスカール帝国の実権を奪われる。

名台詞[編集]

「平和を願う究極の姿は赤子であろう」
第46話より。エンジェル・ハイロゥ内部でタシロに反逆され、タシロとエンジェル・ハイロゥの真の効果について問答している最中の発言。
なお、これに対してタシロは「白状したな、カガチ」と返している。事実上エンジェル・ハイロゥの効果を自白したようなものだが、マリアはタシロに連れ去られる際に尋ねた「本当なのか?」との問いには「タシロ大佐の妄想です」と返している。
「増え過ぎた人類こそ真理を踏み越えたのだ。そういう人類は消えた方が良い」
第49話より。エンジェル・ハイロゥ内部でウッソ・エヴィンに言った台詞。なお、ギレン・ザビもまた、カガチと似たような内容の発言をしていた。
「うおおっ!な、なんだ、この振動は?」
「マリア、教えろ。この作戦はあの少年が言った通り、元々敗れるものだったのか」
「顔を上げんかマリア、お前を占い師からここまで育てた恩を忘れて、こう仕向けたのか!」
「笑ったな、マリア」
第51話より。エンジェル・ハイロゥの謁見の間でマリアの幻影を見、錯乱する。「笑ったな」のシーンでは拳銃を発砲するが、当然幻影に当たるはずもない。直後、エンジェル・ハイロゥのリングが直撃して、カガチは吹き飛ばされて死亡するという結末を迎える。
「超能力者たちの力はシャクティさまの力と共鳴してエンジェル・ハイロウから地球にむけて放射される これをうけた人間はあらそいをわすれ 戦争をわすれ 神の子となるのだ!」
『コミックボンボン』版第10章「最終兵器エンジェル・ハイロゥ光臨す!!」に於ける彼の理想。この直後、ウッソから「少しヘンなんじゃないのか」と言われ、ずっこけている。
「エンジェル・ハイロゥによる戦争の根絶」という理念についても「自分たちが支配しやすいようにしただけじゃないか!」と真っ向から否定された。

脚注[編集]

  1. 小説版では「宰相」と軍内で呼ばれている。

資料リンク[編集]