「ファルゼブ」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
(パイロットステータス設定の傾向)
40行目: 40行目:
 
:味方加入時にはジャークサタンのサブパイロット。戦闘開始時のSPが40と結構多い。戦闘台詞が追加収録されている。
 
:味方加入時にはジャークサタンのサブパイロット。戦闘開始時のSPが40と結構多い。戦闘台詞が追加収録されている。
  
== パイロットステータス設定の傾向 ==
+
== パイロットステータス ==
 
=== [[精神コマンド]] ===
 
=== [[精神コマンド]] ===
 
;[[スーパーロボット大戦NEO|NEO]]
 
;[[スーパーロボット大戦NEO|NEO]]

2019年6月14日 (金) 19:59時点における版

ファルゼブ
登場作品

エルドランシリーズ

声優 林原めぐみ
デザイン 武内啓
初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 五次元人
性別
所属 ジャーク帝国
テンプレートを表示

ファルゼブは『絶対無敵ライジンオー』の登場人物。

概要

ベルゼブの半身。五次元においては「ベファルゼブ」という同一の存在であったが、三次元を訪れた際に別個の存在となった。

和服を着た小さな妖精のような姿をしているが、邪悪獣にジャークパワーを照射する際には悪鬼の形相になる。

普段はベルゼブの胸の奥にある亜空間(?)に潜んでいる。彼女が普段いる空間がどうなっているのかは、ベルゼブすら分からないらしい。ジャーククリスタル形態の保管も行っている。ノベライズ版によるとタイダーに買ってこさせた超小型テレビ(ビデオ付き)で情報収集をしているらしい。

基本的にベルゼブと行動を共にしているが、ライジンオーの基地を探す為に単独行動を取る事もある。冷徹な性格であるが、ベルゼブとは信頼関係にある。

第38話「超能力者・仁」で軽い念力を披露。体を小さくすることもできるようだ。

第51話「僕らの夢は絶対無敵」でベルゼブと共に五次元へと帰っていくが、OVA1巻ではベルゼブがゴクドーに捕らわれてしまったため、やむなく協力していた。OVA3巻で、やはりベルゼブと共に五次元へと戻っていった。

登場作品と役柄

携帯機シリーズ

スーパーロボット大戦BX
台詞が追加収録されている。隠し要素の条件を満たせばグレートジャークサタンのサブパイロットとして自軍に参入。

単独作品

スーパーロボット大戦GCXO
初登場作品。ジャークサタンのサブパイロット。戦闘時に会話する。
スーパーロボット大戦NEO
味方加入時にはジャークサタンのサブパイロット。戦闘開始時のSPが40と結構多い。戦闘台詞が追加収録されている。

パイロットステータス

精神コマンド

NEO
かく乱 閃き
BX
偵察ひらめき直撃追風祝福

人間関係

ベルゼブ
半身であり、従者でもある。
タイダー
部下。ベルゼブ以上に彼には辛辣な言葉を浴びせることが多い。
日向仁
ライジンオーの基地を探していた際、彼の頭に隠れていた。
白鳥マリア
ベルゼブがゴクドーに捕らわれていた際、仕方なく彼女からメダルを取り上げた。本編では顔を合わせていないが、仮想企画で「再会ファルゼブ」という話があるので面識があったのかもしれない。
キャロル
陽昇学園に迷い込んだ際、追いかけられる。「化物」と呼んでいた。
ゴクドー
五次元人。OVAにて、彼に仕方なく従う。
シャテイ
ゴクドーの双子の弟。ドラマCDにて共演。

名台詞

「ジャークパワー照射!」
邪悪獣を強化する際の力を放出する時のセリフ。顔が怖い。本編ではベルゼブと一緒に発声するが、『BX』では「照射!」のみファルゼブのDVEになっている。
「まったくここは何たる不愉快な惑星だ」
第38話より。ライジンオーの基地を探るため、地上に降り立ったが、人にぶつかったり、虫と間違われたり、散々な目に遭った後の台詞。普段の冷徹な彼女とかけ離れた姿をみせる。
「三次元人がここまで愚かとは思わなかったわ」
同上。算数の問題に頭を悩ませる仁に答えを助言。「超能力で問題を解いてしまった」と舞い上がる彼に呆れ果てての一言。
『BX』では、算数の問題をツメスパに差し替え、中断メッセージで発言する。
「お主、ライジンオーのことを知っておるのか?私に教えてはくださらぬか?」
同上。仁がライジンオーのことを口走ったため、こっそりと聞く。和服を着ているだけに古風な喋りである。しかし、取り次いではもらえなかった。
「この根性なし! よくそんな事が言えるわね!」
第42話にて、地球防衛組が小学生と正体を知った後も、基地が見つからず、「もう諦めるダー」と口走ったタイダーに某光の戦士の如きポーズで突撃して一撃を食らわし、髪をグシャグシャにしながらの台詞。一度失敗したため、相当腹に据えかねていたようだ。
「待っていてベルゼブ…あの子達ならきっと・・・」
OVA1巻より、ベルゼブ救出を地球防衛組に託すモノローグ。
「ベルゼブ…良かった…」
OVA3巻にて、ベルゼブがゴクドーから開放され、再会した際のセリフ。指に止まる仕草が可愛らしい。
「何だこの本、地球人の女の裸が載っているだけではないか!」
『ドラマCDスペシャル 絶対無敵の玉手箱(トウトウココマデヤッチマッタ)』より。シャテイから有害図書を手渡されて、しかもわざわざ音読する。同作は元々子供向けとは思えぬ危険なネタが多い。

スパロボシリーズの名台詞

ベルゼブ「いくぞ、ファルゼブ」
「ああ! 我らも地球の仲間のために戦おう!」
味方時の戦闘台詞。
ファルゼブ「あいつの声、あなたとそっくりね」
ベルゼブ「ふん、冗談ではない!」
『BX』に於ける対闘士ダブルゼータ特殊戦闘台詞声優ネタ

搭乗機体

ジャークサタン/グレートジャークサタン
ベルゼブと共に搭乗。