「ビルトファルケン」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
(カスタムボーナス)
(登場作品と操縦者)
65行目: 65行目:
 
;{{参戦作品 (メカ)|スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター}}
 
;{{参戦作品 (メカ)|スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター}}
 
:ヴァイスリッターとの空中戦を展開。両機の勝敗は不明だが、互角の模様(但し、エクセレンは手を抜いている)。
 
:ヴァイスリッターとの空中戦を展開。両機の勝敗は不明だが、互角の模様(但し、エクセレンは手を抜いている)。
 +
 +
=== 単独作品 ===
 +
;{{参戦作品 (メカ)|スーパーロボット大戦X-Ω}}
 +
:XΩスキル初実装機体として[[ビルトビルガー]]と共に実装。
  
 
=== その他 ===
 
=== その他 ===

2019年5月30日 (木) 16:38時点における版

ビルトファルケン
外国語表記 Wildfalken
Wilder Falken
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 金丸仁
分類 パーソナルトルーパー
ATX計画
生産形態 試作機
型式番号 PTX-016R
PTX-016L
全長 21.7 m
重量 50.0 t
動力 プラズマ・ジェネレーター
浮揚機関 テスラ・ドライブ
フレーム Hフレーム
OS TC-OS
開発者 カーク・ハミル
マリオン・ラドム
開発 マオ・インダストリー
主なパイロット ゼオラ・シュバイツァー
テンプレートを表示

概要

アラド・バランガのパートナー『ゼオラ・シュバイツァー』の搭乗機となった、マオ社の最新パーソナルトルーパー

高い機動力を誇る遠距離砲撃用の機体で、主兵装は実弾とビーム兵器を使い分けられる『オクスタン・ライフル』。近接格闘用のビルトビルガーとの同時運用を前提に設計された。OGシリーズでは、PTX-007Cヴァイスリッターのコンセプトを受け継いで、ヒュッケバインシリーズのHフレームを使用して開発されたユニットであるとされている(その為、エクセレン・ブロウニングはヴァイスリッターの腹違いの妹という表現をした)。ヒュッケバインシリーズのようなEOTは使用されておらず、機体はヒュッケバインヒュッケバインMk-IIIに使用されているHフレームを採用しており、ユニットの性能は高い信頼性を持つ。また、テスラ・ドライブを使用している為に単独飛行が可能で、機動性と運動性が共に高く、オクスタン・ライフルの長距離射撃を活かした一撃離脱を可能としている。

背部にはテスラ・ドライブ用のウィングがあるが、ビルトビルガーと違ってテスラ・ドライブのフルドライブを利用した「ビクティムビーク」は、機体の特性やビルトビルガーとの連携を考慮して、通常時の武装には無い。その為、PTX-015RビルトビルガーとPTX-016Rビルトファルケンとのパターンアタック「ツイン・バード・ストライクパターンTBS)」以外ではこのウィングをエネルギーコーティングする事はない。なお、砲戦仕様の機体ではあるが、ロシュセイバーを2本装備しており、近接戦闘でもそれなりの戦闘能力を持つ。

ゼオラが使用した青色のPTX-016Rと、赤色のPTX-016Lの2機がロールアウトされているが、PTX-016LはOG2ではヴィガジの乗るガルガウのアイアンクローで握り潰された。詳細は、下記の『タイプL』の項を参照されたし。また、どちらの作品でもビルトビルガーより先にロールアウトした為に即敵勢力(αシリーズではティターンズ、OGシリーズではノイエDC)に奪われ、しばらくは敵ユニットとして現れる運命を背負ってしまった。

OG2ではビルトファルケンは汎用PT扱いだが、合体攻撃が重要な同作品では乗り換えると「ツイン・バード・ストライク」が使用不可になる為、ゼオラをそのまま乗せておく事が多いだろう。

マリオン・ラドム博士が開発を担当しなければこうなるという実例。非常にバランスよく堅実な造りをしており、砲戦仕様にも拘らず接近戦でも充分戦える汎用性を持っている。Hフレームのコスト問題が解決出来るかどうかが、次期主力量産機となれるかどうかの課題であろう。

ビルトファルケン・タイプL

形式番号は『PTX-016L』。アラドが搭乗し、無茶なBMセレクト(アラド曰く、『BMセレクト、おれ好み!』)をしたせいで、砲戦仕様の本機の長所を無視した突撃仕様に変更された挙げ句、インスペクター四天王の一人・ヴィガジの駆るガルガウのアイアンクローによって破壊され、使い物にならなくなってしまい、そのまま破棄されてしまった。

上記の一件が原因で、本機と対になるビルトビルガー・タイプLは、『パターンTBS(=ツイン・バード・ストライク)』が使えなくなってしまった可能性がある。

登場作品と操縦者

αシリーズ

第2次スーパーロボット大戦α
リアル系男性主人公ルートに登場するゼオラ・シュバイツァー専用の後期ユニット。ビルガーが接近戦の一対一に対し、ファルケンは遠距離の集団戦。ビルガーとセットで運用して雑魚にはファルケン、ボスにはビルガーと使い分けるもよし、二機を別小隊にして合体攻撃を二連発するもよし。
第3次スーパーロボット大戦α
リアル系男性主人公ルートのみ登場。ゼオラ専用機。基本的に第2次αと代わらないが、序盤から合体攻撃ツイン・バード・ストライクが使えるので、基本はこれを中心に。2話「血の狼煙」で参戦した後一切離脱せず、登場作品ではもっとも長く使う事が出来る。援護攻撃が基本。

OGシリーズ

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
汎用パーソナルトルーパー。ラトゥーニ・スゥボータがタイプRのテストパイロットを務めていたが、運用試験中にゼオラ・シュバイツァーに奪取される。その後はそのままゼオラの搭乗機となる。ゼオラの味方加入が遅いため、本領である合体攻撃が使用可能になるのはだいぶ先。なおタイプLがルート限定のスポット参戦で使用可能。
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
リメイク前とほぼ同様。運用に当たってはゼオラの高いレベル援護攻撃を生かしたツイン・バード・ストライクでボス戦闘のダメージアップに。
スーパーロボット大戦OG外伝
安定して使える機体であるが、同傾向であるフェアリオンとの出撃枠の取り合いとなるのが問題。但し、単機での性能はフェアリオンより上。
また、本作のフリーバトルでのみファルケンタイプLとビルガータイプLの共演が見られる。ファルケン側はアラドしか指定出来ないため、ビルガー側はゼオラでも乗せてみよう。当然ながらというか残念ながらというか、タイプL同士のTBSは見られない。
第2次スーパーロボット大戦OG
姉妹機だけあってライン・ヴァイスリッターとほぼ同じ特性。陸への攻撃が苦手なのも一緒なのでスロットの1つはほぼAアダプターで固定だろう。
ビルガーとの連携の都合上常に前線に配置しなければならないが、元々回避率は高めなので事故に備えて装甲アップのパーツを装備したほうが結果的に生存率は高くなるだろう。
移動後に中距離へ攻撃できるP武器を持っていないのでスラッシュリッパーなどを装備させると使い勝手が増す。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
立ち絵が頭身が高いものに修正された。弱点である主力武器の地味に陸適正が悪い点や移動後攻撃のデフォルトが格闘武器など問題点が据え置きだが、マシンガンやスラッシュリッパーの装備+A-アダプターでお手軽に問題点を解決できる。
本作から強化パーツスロットが3つに増え、Wゲージも第2次OGから40増えて140になったため、カスタマイズ性が大幅に上がった。
パートナー選びも前作、前々作同様にライン・ヴァイスリッターとの姉妹機ペアで鉄板。安定した戦闘力を発揮してもらおう。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
ヴァイスリッターとの空中戦を展開。両機の勝敗は不明だが、互角の模様(但し、エクセレンは手を抜いている)。

単独作品

スーパーロボット大戦X-Ω
XΩスキル初実装機体としてビルトビルガーと共に実装。

その他

アイドルマスター シンデレラガールズ
OGシリーズとのコラボイベント「スーパーロボット大戦CG-奏鳴の銀河へ-」にて登場。
搭乗するアイドルはサオリ(奥山沙織)。

装備・機能

OGシリーズでは、換装武器の装備が可能。

武装・必殺武器

固定武器

バルカン砲
頭部に内蔵された固定武装。使用頻度は少ない。
スプリットミサイルH
両肩と両膝に搭載されたヴァイスリッターのスプリットミサイルの強化型。牽制用の多弾頭ミサイル。マップ兵器版もあり。
OGシリーズではマップ兵器
オクスタン・ライフル
ヴァイスリッターのオクスタン・ランチャーの発展型。銃身が2つ重ねられた、槍のように長い武器。「オクスタン」は、馬上槍(ランス)と歩兵槍(スピア)の中間として開発された槍であり、本武装の特徴に相応しいネーミングとなっている(先端に付いている銃剣らしき物はその名残だと思われる)。
なお、Lタイプのこの武装はアラド・バランガが操縦した際に「おれ好み」の設定にされた結果、射撃武器なのに極端に短い射程になってしまい、Wモードの最長射程が1という事態が発生した(反面、移動後攻撃可能になったため、一概に弱体化したわけではない)。非使用時は背部にマウントされる。
オクスタン・ライフルE
下段の砲身から、ビルトファルケンのジェネレーターに直結させたエネルギービームを発射する『Eモード』。遠距離に特化している反面、懐に潜り込まれると使えない弱点がある。
OGSでは全体攻撃となっている。
オクスタン・ライフルB
上段の砲身から特殊徹甲弾を発射する『Bモード』。飛距離を代償に高威力を誇る、中距離向きのモード。ちなみに、αシリーズではB・Eの区別がなく、「オクスタン・ライフル」という一つの武器として統合されている。

必殺技

オクスタン・ライフルW
オクスタン・ライフルの両モードを連続使用する場合は、便宜的に『Wモード』と呼ばれる。
OGシリーズでは改造費がかなり高いが、ツイン・バード・ストライクの威力に反映される。弾数制。

換装武器

ロシュセイバー
本機唯一の格闘武器。OGシリーズでは換装武器扱い。

合体攻撃

ツイン・バード・ストライク
ビルトファルケンと対になる、アラド・バランガビルトビルガーとの合体攻撃。事前にプログラムされていたパターンアタックではあるが、ビルトビルガーがアラド用に仕様変更されたにも拘らず、ぶっつけ本番で成功させた事を考えると、戦闘において、如何にアラドとゼオラの息が合っているかが分かる。

特殊能力

剣装備
ロシュセイバーによる切り払いを発動。OGシリーズでは切り払いが実装されていないので、所持しない。

移動タイプ

テスラ・ドライブによりデフォルトで飛行可能。

サイズ

M

カスタムボーナス

固定武器の最大弾数+2
OGシリーズで採用。武器の弾数がかなり少ないため、増えるのは2発とはいえ恩恵は大きい。
固定武器の最大弾数+1、機体の地形適応「」を「S」に変更
OGMD版。増える弾数が半減したが、今作ではオクスタン・ライフルの弾数が増えているので前作よりも最大弾数は増える。
空適応Sは相方と同じ内容であり、両者のエースボーナスの都合上ツインを組むことが多いことから有益。終盤では宇宙戦と屋内マップなので、フル改造なら序盤から行いたい。

機体BGM

「ACE ATTACKER(Ver.W)」
OGシリーズではデフォルトBGM
「WILD FLUG」
αシリーズてのデフォルトBGM。OGS以降では「ツイン・バード・ストライク」使用時の専用BGM。

関連機体

ビルトビルガー
対となる機体。2機揃って両機共に本当の性能を引き出すことが出来る。
ヴァイスリッター
OGではほとんど姉妹機と言っても過言ではない機体。初参戦であった第2次αではそれと匂わせる設定はなかったものの、武装や外見からファンには一目瞭然だった。エクセレン曰く「腹違いの妹」。
ヒュッケバインシリーズ
この機体のフレーム「Hフレーム」を使用。Hフレームは稼動領域のバランスに優れてるため、長身銃を使うには適している。
...「ビルトファルケン」についてさらに詳しく
21.7 m +
PTX-016R +  および PTX-016L +
Wildfalken +  および Wilder Falken +
50 t +