ビッグシューター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2019年7月17日 (水) 14:53時点における忠犬キャット (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search
ビッグシューター
外国語表記 Big Shooter
登場作品
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 鋼鉄ジーグ支援用航空機
全長 28 m
重量 250.0 t
所属 ビルドベース
パイロット 卯月美和
テンプレートを表示
スペック
(鋼鉄神)
分類 鋼鉄ジーグ支援用航空機
所属 ビルドベース
パイロット 珠城美和
テンプレートを表示

ビッグシューターは『鋼鉄ジーグ』『鋼鉄神ジーグ』の登場メカ

概要[編集]

鋼鉄ジーグ用の支援、及びパーツ射出機。ジーグパーツを数体分格納しており、瞬時に換装が可能。

武装はミサイルのみだが、マグネットパワーを使用しているらしく「ブレイクアウト」の掛け声で機体を3分割して緊急脱出したこともある。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
初登場作品。鋼鉄ジーグが一定範囲内にいるとジーグの武器が増え特殊換装ができるようになる。同一小隊に入れて運用したいが、パーンサロイドが使用可能になるまで移動適正が合わないのがネック。どちらかに強化パーツを付けてフォローしたい。鋼鉄ジーグはパーンサロイドを装着すれば空を飛べるので、わざわざ数が少ないミノフスキークラフトを与えるのは勿体無い。余りがちな防塵装置を本機に付ける方が現実的。
第3次スーパーロボット大戦α
前作に引き続いてジーグとコンビ扱いなのは間違いない。相変わらず地形適応のミスマッチは続くため、強化パーツでのフォローは忘れずに。前作同様、防塵装置を本機に付けるのがお手軽かつ現実的。今作ではジーグが小隊長能力で小隊の全員にサイズ差補正無視をつけられるため、以前に比べれば小隊攻撃要員として扱いやすくなっている。また、予備のジーグパーツを搭載しているため本機がMAP上にいればジーグがジーグヘッドになっていても1MAPに一度だけ再ビルドアップ可能。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
「ビッグシューター(旧)」表記。鋼鉄ジーグとセットになる方はビッグシューター (新)を参照。:こちらは磁偉倶専属で、強力な合体攻撃狙いで磁偉倶とのペアユニット運用が基本。ただし、磁偉倶の主戦場となる地上への地形適応が悪いため、磁偉倶にフライトモジュールを装着させるか、ビッグシューターにランドモジュールを装着させる、もしくはフル改造ボーナスなどで地形適応を合わせることを忘れずに。
スーパーロボット大戦L
『K』と同様、「(旧)」表記。磁偉倶との合体攻撃要員でPUにされる事が多い。
ただし『K』と違って、「PUのメインが陸にいるとサブの移動適正に陸が無いユニットでも陸に降ろされる」と言う仕様がなくなったため、陸適応を気にする必要が無くなり、気軽に使えるようになった。ただし移動のためにこちらをメインにすると、ボーナス効果で磁偉倶も飛行してしまい陸適応Sを生かせなくなる点には注意。
ジーグと組ませなくても、EN+のボーナスと補給装置を併せ持つため、補給装置持ちサポートユニットの中でも燃費の悪いパートナーのEN事情をフォローする能力は頭一つ抜けている。空を飛べて加速持ちで足の遅いユニットのフォローにも使えるため、何かと引っ張りだこ。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

連射式ミサイル
ミサイルを連続で発射できる兵器。
磁力光線
磁力を集中させた光線を放つ。
SRWでは運動性ダウンの特殊効果

特殊能力[編集]

補給
小隊制の作品等ではEN回復と同じ効果も持つ。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体ボーナス[編集]

L
  • 初期:経験値+10% EN+50
  • 5段階:経験値+20% EN+100 地形適応:空A
  • 10段階:経験値+30% EN+150 地形適応:空S バリア2000

機体BGM[編集]

「鋼鉄ジーグのうた」
第2次α』、『第3次α』で採用。TV版『鋼鉄ジーグ』のOPテーマ。
「Dead or Alive」
K』、『L』で採用。『鋼鉄神ジーグ』の挿入歌。

関連機体[編集]

鋼鉄ジーグ
ビッグシューター (新)