「ドンゴロ」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
(単独作品)
9行目: 9行目:
 
{{登場メカ概要
 
{{登場メカ概要
 
| タイトル = スペック
 
| タイトル = スペック
| 分類 = [[分類::魔神]]
+
| 分類 = [[分類::魔神 (ワタル)|魔神]]
 
| 全長 = [[全長::6.45 m]]
 
| 全長 = [[全長::6.45 m]]
 
| 重量 = [[重量::34.00 t]]
 
| 重量 = [[重量::34.00 t]]
17行目: 17行目:
 
'''ドンゴロ'''は『[[魔神英雄伝ワタル]]』の[[登場メカ]]。
 
'''ドンゴロ'''は『[[魔神英雄伝ワタル]]』の[[登場メカ]]。
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
[[ドン・ゴロ]]が搭乗する、彼自身と同じ名を持つ[[鬼]]型[[魔神]]。単体での大きさは、作中に登場する魔神の中でも最大を誇る。
+
[[ドン・ゴロ]]が搭乗する、彼自身と同じ名を持つ[[鬼]]型[[魔神 (ワタル)|魔神]]。単体での大きさは、作中に登場する魔神の中でも最大を誇る。
  
 
赤い鬼の姿を模しており、胸部から腹部にかけて、大きな眼と口を持った顔が象られている。頭部には鋭い角「'''首領冴狼角(ドンゴロホーン)'''」や青い髪が生え、腰には「'''首領剣(ドンソード)'''」を装備している。背部に備えた雷太鼓からジェット噴射することで[[飛行]]も可能。
 
赤い鬼の姿を模しており、胸部から腹部にかけて、大きな眼と口を持った顔が象られている。頭部には鋭い角「'''首領冴狼角(ドンゴロホーン)'''」や青い髪が生え、腰には「'''首領剣(ドンソード)'''」を装備している。背部に備えた雷太鼓からジェット噴射することで[[飛行]]も可能。

2019年6月14日 (金) 22:54時点における版

ドンゴロ
外国語表記 Dongoro
登場作品 魔神英雄伝ワタル
デザイン 中沢数宣
初登場SRW スーパーロボット大戦X
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 魔神
全長 6.45 m
重量 34.00 t
所属 ドアクダー軍
パイロット ドン・ゴロ
テンプレートを表示

ドンゴロは『魔神英雄伝ワタル』の登場メカ

概要

ドン・ゴロが搭乗する、彼自身と同じ名を持つ魔神。単体での大きさは、作中に登場する魔神の中でも最大を誇る。

赤い鬼の姿を模しており、胸部から腹部にかけて、大きな眼と口を持った顔が象られている。頭部には鋭い角「首領冴狼角(ドンゴロホーン)」や青い髪が生え、腰には「首領剣(ドンソード)」を装備している。背部に備えた雷太鼓からジェット噴射することで飛行も可能。

悪鬼の化身と呼ばれており、今まで百体以上もの魔神を撃破し、一度たりとも本気を出したことがない程の実力を秘めている。

登場作品と操縦者

VXT三部作

スーパーロボット大戦X
初登場作品。

装備・機能

武装・必殺武器

如意棍棒(にょいこんぼう)
ドン・ゴロの意志により制限無く延び続ける棍棒。
首領剣(ドンソード)
腰に装備している剣。一度引き抜けば、必ず死人が出ると云われる。
邪鬼牙(じゃきが)
股間にある牙。ギーガンのブラッシャージョーズに似ているが、破壊力はこちらの方が格段に上。
本編では、ミサイルを装備していた。
力士闘肩(りきしとうけん)、金剛闘肩(こんごうとうけん)
鬼の頭部を模した左右のショルダーアーマー。強力な結界を発生させる。
魔牙宝珠(まがたま)
髪飾り。勾玉を製作する際に削ぎ落とした魔骸で出来ている。
凶鬼眼(きょうきがん)
胸部にある大きな眼。催眠光波を放つ。

必殺技

ドンゴロビーム
凶鬼眼から発射する破壊光線。
『X』では、発射時にドン・ゴロの顔が般若のものに変わる演出がある。

特殊能力

対精神攻撃指揮系統中枢

移動タイプ

設定上は飛行可能。

サイズ

M
魔神は殆どSサイズの機体が多いため、魔神としては大型サイズ。
全長が数値上としてはオーラバトラーパラメイルよりも小さい部類なのだが、一般的な魔神との体格差を表すための処置と思われる。

余談

  • パイロットと区別するため、書籍によっては「魔神ドンゴロ」と表記されている。