ツインメリットコーティング

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2017年1月23日 (月) 10:10時点におけるナイス (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search

ツインメリットコーティング(Twin Merit Coating)とは、『重戦機エルガイム』に登場するヘビーメタルの装甲に施された特殊なコーティング技術。

これが施された装甲は、ビーム等の光学兵器によるダメージをある程度軽減可能となり、更に太陽光からエネルギーを取り入れて自機の動力へと変換できる優れた能力まで持っており、技術名の「ツインメリット」という名に恥じないものとなっている。

SRWでは長い間大半の作品で、似たような能力であるビームコーティングが代用として採用され、この技術がゲームに登場する事は無かったのだが、『リアルロボット戦線』ではビームコートとEN小回復を同時に持たせることで再現しており、それを経て『スーパーロボット大戦Operation Extend』で単独の特殊能力として登場した。『OE』では設定通り、ビーム兵器のダメージを軽減し、自機のENを回復する特殊能力として登場している。

主な所持機体[編集]

エルガイム
バッシュ

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
ヘビーメタル専用能力。レベル制の特殊能力として扱われており、レベルの上昇に応じて軽減できるダメージ量と吸収するENが増える。

関連項目[編集]

ビーム吸収
こちらはHPを回復する。
ラプラスウォール
ラッシュバードの特殊能力。ビーム兵器などのエネルギーを吸収する。

余談[編集]

  • 現実に実在した技術として「ツィンメリットコーティング(Zimmerit Coating)」というものがある。第2次世界大戦の頃のドイツで開発された技術で、戦車に対して磁石で直接貼り付けて攻撃する「吸着地雷」を防ぐため、車体に非磁性のペーストをコーティングするというものである。
    • 元々吸着地雷もドイツ軍が開発したもので、連合軍が模倣した時の防御策として考えられたが、戦車に直接近づいて貼り付ける爆弾は非常に使い辛いため模倣されることはなく、その後も遠距離から攻撃する対戦車ロケット(バズーカなど)の台頭もあり早々に廃れる結果となった。
    • なお、吸着地雷による肉薄攻撃は『機動戦士ガンダム』14話「時間よ、とまれ」でジオン兵ガンダムに対して行っており、破壊する寸前まで追い詰めている。