セルリック・オブシディアン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2019年7月1日 (月) 18:35時点における153.221.128.228 (トーク)による版 (登場作品と役柄)
Jump to navigation Jump to search
セルリック・オブシディアン
外国語表記 Celric Obsidian
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 真殿光昭
デザイン 八房龍之助
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
異名 黒曜石の術士
種族 アル・ワース人
性別
年齢 27歳
所属 魔従教団
称号 法師→導師(困難ルート)
テンプレートを表示

セルリック・オブシディアンは『スーパーロボット大戦X』の登場人物。

概要

魔従教団の法師を務めている青年。ステッキを持ち、モノクルと黒いロングコートを身に着けている。

理知的で温和な紳士で、術士達から尊敬を集めている。ドグマの腕前は教団始まって以来の才能と言われる程で、教団の悲願である教主の座に就くことを期待されている。

教団の真実には薄々感づいているが、結果的には教団がアル・ワースの平穏を維持していたことに加え、導師以外の教団員に例外なく施された精神操作の影響からその疑念を表に出してはいない。内心では教主の座に就くことへの強い野心を隠し持っており、そこに付け入った魔獣エンデに精神を侵食され狂気を増していき、導師キールディンをその手にかけ自身が教主の座に就いたと宣言することで術士たちをその支配下に置く。

増幅した狂気はやがて己の肉体をも侵食するほどになるが、最終的には教主という既存価値への執着心が仇となり、自分の心に従い自由な意思を求めた主人公の「破壊の意思」に敗れることになる。決着がついた後、浄化のドグマ「LAVATIO」によりエンデの支配下から解放されるも、ワース・ディーンベルの爆発とともに生死不明となる。

登場作品と役柄

VXT三部作

スーパーロボット大戦X
ライバルキャラクター。上記の後に、通常ルートでは魔獣エンデにその存在をコピーされ、最終話で集団で出現する。全滅させても特に台詞がなく、自軍からのコメントもないのが哀れ。
一方、困難ルートでは生存が確認されており、エンデの存在から解放された魔従教団の新たな導師に就任。通常ルートにおける聖龍妃に代わってエクスクロスの面々を送り返す為の異界門を開く役目を請け負う。
スーパーロボット大戦T
エキスパンションシナリオに登場するが、セルリック本人ではなく魔獣エンデが完全復活するための仮の器として復元したもの。

パイロットステータス

『X』の敵中ボス格として、確かな実力を誇る。後半に魔獣化するとさらに能力が強化されるため、対策を怠らないように。

精神コマンド

X
てかげん集中閃き分析直感

特殊技能(特殊スキル)

X
底力L6、見切りL3、気力+(DEF)闘争心L2、サイズ差補正無視L1
通常時。魔従教団系の敵はただでさえ硬いのに、それに輪をかけてくる内容なのが厄介。機体にはオールキャンセラー搭載のため、EN-100以外の「力場のPALAS」デバフ効果が無効化される。
2回行動底力L8、気力+(DEF)闘争心L3、サイズ差補正無視L1、気力限界突破L3
終盤の憑依時。2回行動や極など洒落にならない技能が追加され、底力レベルも高いため、さらなる強敵となる。
底力L5、見切りL3、気力+(DEF)闘争心L3、サイズ差補正無視L1、気力限界突破L2
最終話通常ルートのワース・ディーンベル量産型搭乗時。流石に2回行動は持たないが、それでも強い。

エースボーナス

気力130以上で与ダメージ1.2倍、最終命中率+10%、最終回避率+10%。
X』で採用。

人間関係

キールディン・エンデ
上司であるが、彼の意図を掴めないでいる。最終的にはエンデの狂気に飲まれ彼を用済みとして抹殺する。
イオリ・アイオライトアマリ・アクアマリン
かつての部下に当たる。元々は彼らに認めてほしいがために努力をかさねていたが、成長の末キールディンに次期教主候補と目されたことで強い対抗心を抱きだす。
アマリ編の場合、愛が欲しかったと女性として好意を持っていたような台詞だったが、困難ルートのEDでも特にそれについて語られる事はなく、残念ながら(?)他二名との四角関係とはならなかった。
術士
教団の主構成員である部下達。
魔獣エンデ
教主の座に対する執着心を持っていた為、そこに付け入った彼に精神を侵食される。

他作品との人間関係

リアル系

ルルーシュ・ランペルージ
空虚な笑顔がとある人物と似ているとして、初対面から警戒されているが、一方で内に秘めた野心にはある種の好感を抱かれている。後にホープスの密告から、彼に異界人召喚の事実を暴露されたが、その時は本当に知らなかったため一笑に付していた。
アンジュ
彼女からも上述のルルーシュと似た理由で警戒されている。一方セルリックは、アンジュに対して面白いと評している。なお、敵対した後でもアンジュリーゼと呼んでいた。

搭乗機体

ワース・ディーンベル
セルリックの乗機。