「ストナー」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
(タグ: モバイル編集モバイルウェブ編集)
(パイロットステータス設定の傾向)
35行目: 35行目:
 
:劇場版設定。今回はR606が召喚攻撃扱いのためNPCとして登場。ハップ同様死ぬ事はないが出番は殆ど無い。
 
:劇場版設定。今回はR606が召喚攻撃扱いのためNPCとして登場。ハップ同様死ぬ事はないが出番は殆ど無い。
  
== パイロットステータス設定の傾向 ==
+
== パイロットステータス ==
 
=== [[精神コマンド]] ===
 
=== [[精神コマンド]] ===
 
;[[スーパーロボット大戦Z|Z]]
 
;[[スーパーロボット大戦Z|Z]]

2019年6月14日 (金) 19:55時点における版

ストナー
外国語表記 Stoner
登場作品
声優 松本保典
デザイン 吉田健一
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
生年 11975年
年齢 30歳(TV)
17歳(劇場版)
所属 ゲッコーステイト
役職 戦闘記録
ray=out 発行人
テンプレートを表示

ストナーは『交響詩篇エウレカセブン』および『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』の登場人物。

概要

ゲッコーステイトの一員で、細い口ひげを蓄え、赤いベレー帽と緑のジャージを着用。

ゲッコーステイト参加前は戦争写真家であるが、彼自身が戦争孤児というのが理由。ホランドの目的を知り、その壮大な目的を写真のフレームに納めるべく参加。ゲッコーステイトの戦いぶりやその目的を雑誌ray=outに掲載している。その記録のためマシューターミナス type R606の複座に座っている。

TV版の平行世界が舞台となっている劇場版では、ハップ共々ニルヴァーシュがパージした装甲に押しつぶされて死亡する、という悲惨極まりない末路を辿っている。

登場作品と役柄

Zシリーズ

スーパーロボット大戦Z
初登場作品。TV版設定。ターミナス type R606サブパイロット。精神コマンド分析かく乱などもつ。ゲッコーステイトメンバーでも彼の存在は際立っており、混沌とした世界観を語る上で欠かせない存在。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
劇場版設定。今回はR606が召喚攻撃扱いのためNPCとして登場。ハップ同様死ぬ事はないが出番は殆ど無い。

パイロットステータス

精神コマンド

Z
偵察根性分析激励かく乱

人間関係

ホランド
リーダー。良い付き合いで、雑誌の編集はストナーに任せている。
タルホ・ユーキ
彼女のグラビア写真をフレームに収めていては、表紙を飾っている。
マシュー
戦闘時はコンビを組んでいる。
レントン・サーストン
彼曰く「フレームに収まらない奴」と表現したが、エウレカとのリフボードに乗ったときの写真をフレームに収めたとき、最高の写真が撮れたと感激した。
劇場版では自分達の目的のために利用しようとするが、ハップ共々ニルヴァーシュに引導を渡されることに。
エウレカ
彼女の行動を撮る為に行動を共にする。

名台詞

「音楽とか映画とかってその中身が…って言うよりも、その時の記憶って言うかさ…その時の人と人との関係を思い出すことが多いだろ?」
「そう…つまり記憶というものは決して、それ単体で存在せず…それを取り巻く環境に支配されているというわけだ…。…誰の言葉か知っているか、マシュー?」
第1話「ブルーマンデー」より。ちなみに、この後「知るかよ」とつれない返事をしたマシューに対して、「俺の言葉だ」と付け加え、彼の思考の深さを示している。
スパロボではZ最終話にてこのセリフが登場する。
「分かっていねぇ……あいつはフレームに収まらないやつだったけどさぁ…」
「とうとう俺達のフレームを飛び越えていきやがった……」
最終回にて、レントンがエウレカのいる司令クラスターへ向かった際に。過去を乗り越え、現在を飛び越えて未来に羽ばたくレントン。その存在は、すでにゲッコーステイトでは収めきれないという事をストナーは感じ取っていたのであった。

搭乗機体

ターミナス type R606