ジン・スペンサー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2016年7月9日 (土) 11:49時点における旋風 (トーク | 投稿記録)による版
Jump to navigation Jump to search

ジン・スペンサー(Jin Spencer)

ウェーブのかかった髪型が特徴の新米軍人で、主人公であるアニエス・ベルジュとは同じ孤児院で育った。出自ゆえか(本人曰く「ムシケラのような生活」)上昇志向が非常に強く、功を焦るあまり突出して自分や味方を危険に晒したり、視野が狭くなりがちになり相手の事を一方的に誤解してしまうという欠点を持つ。士官学校を首席で卒業し北米方面軍に配属され、アーニーと共に新型機「ライオットA」のテストパイロットとなる。ライオットのテスト中に出現したスクラッグを撃退した功績を認められ、アーニーと共にグラハム・エーカーを隊長とする対地球外生命体部隊の一員に抜擢される。

傭兵部隊であるUXに対しては過剰なまでの対抗心と嫌悪感を抱いており、彼らとの戦闘でアーニーが撃墜されて以降、憎悪するようになる。後にライオットシリーズの開発者であるノーヴル・ディランによりライオット部隊の隊長に任命され、階級も中尉に昇進。連邦の流したUXに関する偽情報を鵜呑みし、アーニーの仇も討たんと怒りの感情のままにUXに攻撃を仕掛けるが、その戦場でUXの一員となっていたアーニーと再会し、今度は彼が自分達を裏切ったと誤解してしまう。その対決の際にライオットAの素粒子エンジンが暴走しそうになり、アーニーにより撃墜。ノーヴルに助けられ、九死に一生を得るものの、アーニーからは死んだと思われてしまう。

そしてノーヴルの娘である謎の少女アユルと邂逅。程なくしてUXの実態と火星開拓局の不正が暴露され、アーニーやUXを誤解していた事とそれまでの自分が情勢に踊らされるだけの「道化」でしかなかった事を知る。その後、ヴィジャーヤのパイロットに任命。アーニー達の前に立ち塞がる事となる。この時以降、それまでの上昇志向の激しい面は成りを潜める事となり、代わりに世界の運命を覆すためにアユルを覚醒させようと命をかけて戦いに臨む。中盤以降の発言や各版権作品への戦闘セリフなどを見ると、ノーヴル博士から世界の真実以外にも様々な知識を教えてもらったと思われる。

根は悪い人間ではないのだが、視野が狭く上昇志向が強い粗暴な性格で、軍上層部の暗部を知らずに捏造された情報に踊らされてUXと敵対する等、いかにも小物臭く滑稽な印象のキャラだった序盤と、世界の真実を知り野心を捨てアユルの為に戦う覚悟を決めた中盤、己の運命を受け入れ親友との死闘に身を投じる終盤とで印象がガラリと変わっており、アーニー同様成長が著しく目立つキャラであるとも言える。ただ直しようのない欠点として最悪な対人運がある。UXとのぶつかり合いやアーニーとの離別はもちろんだが、最たるものは部下になった人間が全員死ぬというものである。初陣では3人とも戦死、ヒトマキナ戦では率いてきた部隊が全滅、挙句にアユルもヨグ=ソトースの向こうでジンを庇って戦死、と壊滅的に運が悪い。

なお、アーニーがライオットB暴走時に死亡していた場合、UXの中心人物になっていたのは彼だったという。パートナーのアユルも本来この世界のヒロインになるはずだった人物(サヤは前の世界でのエルプスユンデ)なので、言ってみれば「主人公になり損ねたキャラ」といえる。過去のループで、彼が主人公だった時があったかも知れない。51話でナイアが九郎に見せた夢の中では少佐に出世しており、さらに自伝を出しているうえにそれが映画化されるという「子供たちのヒーロー」状態だった。

登場作品と役柄

携帯機シリーズ

スーパーロボット大戦UX
松風雅也氏は本作でシリーズ初出演。PV2の段階ではあまり大きく取り扱われず、乗機であるライオットAの利き腕が左になっていた事から「こいつは裏切る」と多くのユーザーから予想されており、実際敵側に回ってしまうのだが一連のやり取りは捻られており、アーニーが成り行き上ジンにとっての敵側に回る事となり、誤解のまま戦わざるを得ない状況を作り上げてしまう事となっている。
なお、本編で殆ど使えない反動か、キャンペーンマップで使える機会がある。

パイロットステータス設定の傾向

能力値

アーニーとちょうど反対の能力値を持ち、射撃・回避に優れる。また、命中も非常に高く、ヴィジャーヤの高い照準値と合わせてガシガシ当てて削って来る。

精神コマンド

UX
直感突撃狙撃気迫熱血
かなり攻撃的な精神コマンドが揃っている。特に気迫は狙撃とともにLv13という早さで取得するが、本編で使用する事は最序盤での参戦なので殆ど無い。逆にキャンペーンマップやツメスパロボでは殆ど覚えているため使いたい場合はそちらで使おう。

特殊技能(特殊スキル)

UX
底力L7、援護攻撃L4、全体攻撃L3、指揮L3、ヒット&アウェイ
指揮はヴィジャーヤに乗り換えてから習得。ライバルにしては技能が平凡に過ぎ、見切りもガードもないため実はかなり戦いやすい部類。ただし、射程の長さに物を言わせてガンガン寄ってくるため、MAP兵器で吹っ飛ばされないよう配置には気を付けるべし。

人間関係

アニエス・ベルジュ
同じ孤児院で育った親友。序盤の遣り取りを見る限り、上昇志向が強く前に出がちなジンを温厚なアーニーが諌め、アーニーが迷いを抱いている時はジンが発破をかけるという持ちつ持たれつの関係だったようだ。共に運命に翻弄され殺し合うことになってしまうが、お互いに譲れない意思と信念をかけて何度も激突する事になる。
リチャード・クルーガーサヤ・クルーガー
当初は傭兵集団である彼らUXを「金で命をやり取りしている」と評すなど露骨に毛嫌いしていた。後にやむを得ない状況だったとはいえ、ライオットBを撃墜した事でリチャードに明確な憎しみを抱く事となる。
ノーヴル・ディラン
ライオットの開発者。後に彼女の指名によりヴィジャーヤのパイロットとなる。
悪い言い方をすれば、彼女はジンがアーニーに劣らぬ過酷な道を歩むことになった元凶であるとも言える。
アユル・ディラン
ノーヴルの娘で第2部以降のパートナー。アーニーにとってのサヤに対応する存在で、ジンにしてみれば何にも代えがたい存在。最終的には彼女を「命の始まり」へと導くため、アーニーを相手に本物の「殺し合い」を演じることに。
ジンの背負った「部下になった人間が全員死んでしまう」というジンクスには彼女も含まれており、ヨグ=ソトースの門での決戦にて離別してしまう。
ジャクソン、キャメロン、バークレー
ライオット隊を率いた際の初めての部下。しかし初陣でいきなり全滅してしまった。プレイヤーが落とさなくてもフェンリルの爆発に巻き込まれて死んでしまうので助かる道はない。
ナック、コービィ
ヴィジャーヤが乗機となってからの部下。共にかつての愛機であるライオットに乗る。
第45話で戦死。プレイヤーが撃墜しなくてもヒトマキナ襲来時に死んでしまうので、こちらもやはり助かる道はない。ちなみにコービィは撃墜時に陽子ジェネレータが暴走したため、対消滅を阻止するためにジン自身が撃ち落としている。
上記の部下5人はいずれも自軍であるUXに機体を撃破された場合、撃破された段階では生存していながら、脱出装置のトラブルや陽子ジェネレータの暴走が原因で死亡している。これは、言い換えれば「UXの者達はパイロットを出来るだけ殺さずに仕留めようと努力していた」とも言える(実際、専用の戦闘台詞でコックピットは外そうとしている人物は多い。またライオットCのパイロット3人に関しては、3機全てを落とした際に総士が仮にも最新型であるライオットCの脱出装置が3機とも働かなかった事に疑問を抱いている事から、意図的に脱出装置が壊されていた可能性もある)。
そう考えると、部下を殺されてUXに憎しみの目を向けるジンの思考が、まるで逆恨みにしか見えないのにも納得がいくというものである(とは言え、部下をUXに殺されたのは事実なので別に逆恨みでもないし、ジンがブチギレるのも当然ではある)。その一方で、通してみるとジンの部下になった人物はたとえプレイヤーが手を出さなくても必ず死ぬ(アユル含む)という死亡フラグのような惨状になってしまっている。

版権作品との人間関係

グラハム・エーカー
憧れの人物で、一時期彼の部下となる。グラハムからはかつての自分のようにならないかと心配されていたが…
マスターテリオン
アーニーとの離別には彼が大きく関与していたため、彼にも怨みを抱く事となる。

名台詞

第1部

「ああ、やった! やったやったやったあ!」
「俺たちが、あのグラハム少佐と一緒に飛べるなんて!」
第2話「エンカウンター」より。グラハム配下の部隊に転属される事が決まった際に。子供の様に無邪気な喜びようである。ジンやアーニーにとってそれだけグラハムは憧れの存在だったのだろう。
「なに寝ぼけたコト言ってるんだ! 人の命がかかってるんだぞ!」
同上。タマ相手に弱気になるアーニーを一喝。上昇志向の強いジンだが、人の命を救おうとする良心も持っていることが窺える台詞…のだが。
「クッ…! 傭兵風情がしゃしゃり出やがって!」
「し、しかし少佐! ここで倒さなければ、連中はますます…!」
「クッ…りょ、了解しました!」
同上。リチャードがオルフェスで援護にやってきた直後のグラハムとの会話。直前にアーニーを叱咤しておきながら、傭兵であるUXを見た直後タマを無視してリチャードに攻撃を加えようとしている。グラハムに注意されその場は収まるが、嫌々従っている事が感じられる。
「よ、よくもアーニーを……俺のダチをッ!!」
第4話「舞い降りる翼」にて、ジェネレータの対消滅を防ぐためやむなくアーニーを撃墜したオルフェスに激昂して。この後怒りのままに襲い掛かろうとするが、グラハムに一喝されて撤退することに。
「そ、そんな! 俺の部隊が……初めて出来た俺の部下達が!アンノウン・エクストライカーズ!! 貴様らぁぁぁぁぁっ!!!!」
同ステージで僚機が全滅すると完全にブチ切れてこの台詞が出る。なお、この時点で「気合」「必中」「熱血」がかかっているため、迂闊に手を出すと撃ち落とされる。それ以前に、部下三人を落とすと専用の会話イベントを残して戦死するため、かなり後味が悪い。しかも、ジン撃墜後だとイベントそのものは消滅するが撃墜されて死亡した扱いになり、放っておいてもクリア時の爆発に巻き込まれて死亡してしまう。
「いろいろさ。アーニーのこと、俺自身のこと、そして世界のこと…今までの俺は、所詮道化に過ぎなかったんだな……」
1部終盤、人類軍基地(この時点ではまだ正式発足前)にて、ノーヴルからUXの真実と世界の秘密を知らされて後のアユルとの会話にて。自分の来し方を振り返り、これからどうすべきかを己に問うジンだが、そんな彼にノーヴルは新たな「役柄」を与える。

第2部~第3部

「ようやく見つけたんだ…生きる意味を!」
「そうだ…今までの俺に、魂はなかった…野心や憎しみにとり憑かれ、それを己のプライドとはき違えていた、ただの道化だった…だが、今は違うッ! 今の俺には、為すべき使命が…! 決意が、誇りが、魂があるッ!」
「アーニー! 貴様は俺にとって、乗り越えるべき最後の過去だッ!」
(本当の命の意味…その向こうにある答えは、恐らく……)
「桜花嵐」のエンドデモにて、ヴィジャーヤとドラウパの強化を始めるショットをよそに。「命の始まり」について常々考えているジンだが、この時点で大まかな答えは出ていた様子。
「コービィ…お前、運がなかったな…」
「すまん、コービィ…」
45話「ユダ」にて、コービィが撃破された際に。陽子ジェネレータが暴走し、制御できなくなったコービィをジンは自ら撃墜する。コービィはここで撃墜されなくても、ヒトマキナ出現時に撃墜されるのだが、この時はジンに落とされない。ジンとしてはある意味こっちの方が良かったのかもしれない…
ちなみにこのセリフの元ネタは新谷かおるの漫画「エリア88」。パニック状態のまま基地に帰還しようとして基地に大損害を与えかけている部下に引導を渡した際のセリフだが、こちらはすまないと思いつつも謝ることはなく「俺は自分が生きるためなら味方でも撃つ」と覚悟の程を示した。
「フン、ナメるなよ!俺にだって… 本当の戦うべき相手ぐらいわかる!」
「アユル! UXには構うな!俺たちの敵は、ヒトマキナだ!」
45話「ユダ」にて。部下を失い、自身の命を削りながら、かつての親友と激突する。そこに現れる人類の敵。本当の敵を前に二つの意志は、ほんの一時同じ道を歩む。
「い、言ったはずだ…過去には…決して戻れない…俺たちの運命が…交わることは…」
「さよならだ、アーニー…」
「だけど、目を背けちゃいけないんだ」
「すべてが無駄だとわかっていても、それでもなお、絶望に立ち向かう…それが人間の気高さだ。誇り高き、命の尊厳なんだ…行こう、アユル。俺達の、始まりへ…」
51話IMにて。この直前、ジンはマスターテリオンに対して「必ず勝って生き残る」と断言したところ「運命を持たぬ貴公がか?」と痛烈な切り返しを喰らっている。大導師いう所の「運命」とは、この輪廻する世界において次なる物語へと受け継がれる可能性のことであり、それをジンが持たないということは……。
「もはや、使命も運命もいらない…一人の男として…人間として!お前に最後の戦いを挑むぞ! アーニー!」
51話戦闘中。自らを庇い、「命」を知るのと引き換えに虚空に消えたアユルを見送り、ジンは全てを擲った大一番に挑む。
この場面で、ジンのアイコンが初期の苛烈なものに戻るのが印象的。
「視えるか、アユル! この俺に宿る命の輝きが!この俺の血が、誇りが、魂が!お前と共に、こんなに煌めき燃えているぞ!」
最後のイベント戦闘直前。文字通りに全てを燃やし尽くそうとするジンに応え、ヴィジャーヤが最後の咆哮を上げる。
「貴様に見えるか!? 俺達の、命の輝きが……!!アユル……君の『目覚め』、確かに俺は見届けた……!もう遅いかも知れないが……次は俺の! 『命』を見せる時だあああッ!!」
イベント戦闘台詞。限界を迎えながらも、乗り手の「命」に応えるかのごとく、ヴィジャーヤの一撃がオデュッセアを襲う。だが、撃墜には今一歩届かず……。
「フ…フフ…後悔は…していない…きっと、これが…俺たちの…始まり…」
全力を出し尽くした激突は、紙一重の差でアーニーの勝利に終わった。それでも、ジンに後悔などはない。今この時、確かに彼もアユルも、「命の始まり」へと辿り着いたのだから……。
「はは、ありがとう」
「けど、俺がここまで来られたのは、何もかもアユルのおかげさ」
「今までずっと俺を支えてくれた。君がいてくれたからこそ、俺は今ここにいる」
「ありがとう、アユル…」
ナイアが九郎に見せた夢の中で登場した際の台詞。
ジン「相手は神に等しい宇宙の意志だ。だが……!」
アーニー「ああ! 僕達の、全ての命をぶつければ!」
カリ・ユガとのアーニーの戦闘台詞の一つ。最後までぶつかりあっていた二つの道がようやく重なり、四つの「命」を乗せた一撃が世界をリセットする「神」を襲う。
ちなみに、歴代でも結構珍しい「死亡したキャラクターが参加する台詞」でもある。

迷台詞

「何言ってやがる! グラハム少佐だって、戦場の戦いに勝って、出世したんだ!」
「フフ・・・手柄を立ててしまえば、こっちのもんさ!」
「昔から言うだろ? 敵を倒すには、早いほどいいってね!」
第1部第1話「ビギニングより。初っ端から連発する迷台詞の数々。元ネタは『機動戦士ガンダム』第1話の名前の似ているこの人
アユル「でも、私はこのゲームから、多くの精神を学びました。特に…」
ジン「愛、だろ…?」
アユル「!? スペンサー大尉…!」
ジン「一番大切なものは、愛…。 それはゲームでも、現実でも同じことだ」
中断メッセージにて、ノーヴルの勧めた戦闘訓練――スパロボをプレイしているアユルにやや呆れながら、大胆なことを言ってのけた。確かにその通りではあるが、世の中にはその「愛」を持っていながら本編では彼女が出来なかった主人公がいるのもまた事実である。

搭乗機体

ライオットA
ヴィジャーヤ

余談

  • アユルと出会って以降、それまでの苛烈な性格が嘘の様に悟りきった状態になった(ついでに中断メッセージで愛について語り始める)ため、プレイヤーからは「変な宗教に目覚めた」「ロリに目覚めた」などネタにされる事もある。
    • アユルは外見年齢16歳なので、外見的には3歳しか離れておらず、別にジンがロリコンという訳ではない筈だが……
  • 苗字のスペンサーは「スペンサー銃」から取っていると思われる。