「ゴーカイイエロー」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
74行目: 74行目:
 
:金銭にがめついルカだが、元盗賊という出自故にそれらの大切さも身に染みているなど現実的な面が伺える。
 
:金銭にがめついルカだが、元盗賊という出自故にそれらの大切さも身に染みているなど現実的な面が伺える。
 
;「「ここどこ…? 真似しないでよ!」」
 
;「「ここどこ…? 真似しないでよ!」」
:劇場版『ゴーカイジャー ゴセイジャー 199ヒーロー大決戦』にて、黒十字王たちの策略により一行は分断。ジョーの他、ゴセイブラック / アグリ、ゴセイイエロー / モネらと共に江戸時代へと跳ばされた。
+
:劇場版『ゴーカイジャー ゴセイジャー 199ヒーロー大決戦』にて、黒十字王たちの策略により一行は分断。ジョーの他、ゴセイブラック / アグリ、ゴセイイエロー / モネらと共に江戸時代<ref>と、思われたが実際は「'''ヨゴ映'''映画スタジオ」という単なる時代劇スタジオだった。</ref>へと跳ばされた。
 
:その際、モネと台詞が見事にハモっており、さらにこの後も台詞が互いにハモっていた。
 
:その際、モネと台詞が見事にハモっており、さらにこの後も台詞が互いにハモっていた。
 
;「「二度と真似しないでよね!…と思ったけど、私達」」<br />モネ「びっくりする程シンクロしてるよね?」<br />「一緒にやった方が効率が良くない?」
 
;「「二度と真似しないでよね!…と思ったけど、私達」」<br />モネ「びっくりする程シンクロしてるよね?」<br />「一緒にやった方が効率が良くない?」

2020年8月2日 (日) 17:32時点における最新版

ゴーカイイエロー
外国語表記 Gokai Yellow
登場作品 海賊戦隊ゴーカイジャー
俳優 市道真央
蜂須賀祐一(スーツアクター)
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
本名 ルカ・ミルフィ
種族 宇宙人
性別
所属 海賊戦隊ゴーカイジャー
主な搭乗機 ゴーカイオー
テンプレートを表示

ゴーカイイエローは『海賊戦隊ゴーカイジャー』の登場人物。

概要[編集]

ルカ・ミルフィが豪快チェンジした姿。ザンギャックからかけられた懸賞金は30万ザギン→75万ザキン→150万ザギン→300万ザギン。

お金に目がない元女盗賊でサバサバした姉御肌な人物。

戦闘ではゴーカイピンクと武器を交換してゴーカイサーベルの二刀流を使い、ワイヤーを振り回す荒業もこなし、歴代のイエロー戦士に変身する。『ジャッカー電撃隊』『電撃戦隊チェンジマン』などイエロー戦士が登場しない戦隊の場合、歴代のホワイト戦士やオレンジ戦士に変身する。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2019年4月のイベント「激突!宇宙海賊×地獄」から登場。ゴーカイオーサブパイロット

人間関係[編集]

ゴーカイレッド / キャプテン・マーベラス
船長。互いに強く信頼している。
ゴーカイブルー / ジョー・ギブケン
仲間。同じく剣を主体にした戦い方だが戦法はだいぶ違う。
ゴーカイグリーン / ドン・ドッゴイヤー
仲間。ヘタレな彼を舐め腐っているがいざとなったときは仲間として頼っている。
ゴーカイピンク / アイム・ド・ファミーユ
仲間。女の子同士仲がいい。
ゴーカイシルバー / 伊狩鎧
仲間。彼からはゴーカイジャーの一員として強く尊敬されている。
カイン
かつての友人。現在は疎遠になっていたが…
リア
妹。貧しい境遇の中で共に育ったが、病弱な彼女を助けることが出来ずに衰弱死させてしまう。
木下小夜
ビバブーによって人形に変えられた弟と鎧を助けるために共闘し、囮になって人形にされたルカに変わり、ただの一般人でありながらゴーカイイエローに豪快チェンジした。

レジェンド戦隊[編集]

ゴーピンク / 巽マツリ
『救急戦隊ゴーゴーファイブ』のピンクで、現在前職の救急救命士に復帰している巽家の末っ子(長女)。妹の事で偶然アイムとイメージが重なることになったが兄弟の大切さを教えてくれたことで悩みを吹っ切りゴーゴーファイブの大いなる力を受け取る。
ゴセイイエロー / モネ
前年の戦隊『天装戦隊ゴセイジャー』のイエローで、『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』で共演。最初は犬猿の仲だったが、徐々にお互いを認める。
ブルーバスター / 岩崎リュウジ
次作の戦隊『特命戦隊ゴーバスターズ』のブルーで、『ゴーバスターズVSゴーカイジャー THE MOVIE』で共演。
イエローバスター / 宇佐見ヨーコ
同じく『ゴーバスターズ』のイエロー。ヨーコ自身は凱とビート・J・スタッグ(スタッグバスター)と共に行動していた為、共闘はなかった。なお、『動物戦隊ジュウオウジャー』ではイエローバスターのレンジャーキーを使い、イエローバスターに豪快チェンジしている。
ワシピンク / ラプター283
『宇宙戦隊キュウレンジャー』のピンクに変身する女性型アンドロイドで、演者(声のみ)が同じ。『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』にて共演。声が似ていることをハミィ(カメレオングリーン)に指摘されるも、二人そろって否定している。
ガイソーグ
『4週連続スペシャルスーパー戦隊最強バトル!!』にて登場の意思持つ鎧(後番組となる『騎士竜戦隊リュウソウジャー』からの先行出演)。体を乗っ取られ、本来彼女の使うワイヤー戦法を真似ていた。

名台詞[編集]

「派手にいくよ!」
ゴーカイジャーの決め台詞「派手にいくぜ!」のルカバージョン。彼女がメインの回はこれを言っている。
「うっさいバーカ!」
ルカの口癖。彼女に絡んできた相手には大抵こう返しており、最初にザンギャックに啖呵を切った時、そして最終決戦時にも発している。
「バッカじゃないの? お金がなきゃ出来ないことなんて一杯あるのよ! お金がなくても幸せなんて、ただの綺麗事! 簡単に言わないでよね!」
第6話。金が成る木を手に入れた事で貧乏な生活から一変し金持ちになるも性格も変わってしまった父・春日井高蔵に嘆く娘・小牧に対しての反論。
金銭にがめついルカだが、元盗賊という出自故にそれらの大切さも身に染みているなど現実的な面が伺える。
「「ここどこ…? 真似しないでよ!」」
劇場版『ゴーカイジャー ゴセイジャー 199ヒーロー大決戦』にて、黒十字王たちの策略により一行は分断。ジョーの他、ゴセイブラック / アグリ、ゴセイイエロー / モネらと共に江戸時代[1]へと跳ばされた。
その際、モネと台詞が見事にハモっており、さらにこの後も台詞が互いにハモっていた。
「「二度と真似しないでよね!…と思ったけど、私達」」
モネ「びっくりする程シンクロしてるよね?」
「一緒にやった方が効率が良くない?」
で、戦いが続く中で隙を見て相手を攻撃するという戦法までも見事に一致。互いに反発したのも束の間、むしろあまりのハモりっぷりに一気に仲良くなる。
そしてジョーとアグリも互いの距離が縮まった事で4人揃っての見事な連携を披露する。
「せっかく男になったんだもん。楽しまなきゃね」
第27話。行動隊長レガエルにより身体をハカセと入れ替えられるも、程なくして馴染んだ。困惑していたハカセとは対照的にかなりポジティブな反応。最もハカセの方はルカの身体を気遣っていたという事情もあった。
「この星にはね、私達海賊でも手が出せない大きな宝があったのよ!」
最終回。他のメンバーと共に切った啖呵。そう、この星には今までこの星を守ってきた、そして、これからも守っていく『スーパー戦隊』と言う宝があったのである。

迷台詞[編集]

「え~毎度お騒がせいたしております。海賊戦隊です。皆様のお近くに何かすっごい銀色の方はいらっしゃいませんか?」
第17話。ナビィからの「凄い銀色の男を探せ」という案内を聞いてわざわざゴーカイオーの手の平からメガホンで屋上休み中のサラリーマンたちから聞きまわった。豪快な合体の無駄使いである。
「ゴーカイイエロー…じゃなくって、ゴーカイグリーン」
第27話Bパートでの戦闘での前口上。入れ替わった事でグリーンなのにイエローと名乗ってしまったため、咄嗟に言い直した。
「人間を改造するなんて…悪趣味にも程があるのよ」
第30話。著名な格闘家たちをさらってバリゾーグ量産計画の素体に使おうとしたザイエンに向けての一言。その通りではあるのだが、歴代戦隊にもサイボーグ戦士がいるのだが…。

搭乗機体[編集]

ゴーカイオー
5台のゴーカイマシンが合体した巨大ロボット。

余談[編集]

  • 「ルカ」という名前は本来ヨーロッパ圏での男性の名前ながら、音の響きからか日本ではこのキャラクターのように女性の名前として使われやすいが、ルカ(ゴーカイイエロー)の場合は色の担当上タイガーレンジャーなどのオリジナルでは男性の戦士にゴーカイチェンジすることが多々ある(スーツは女性型に改変される)ため、そのことを意識させる形になっている。
  • ゴーカイイエローを演じた市道真央氏はその後「M・A・O」名義での声優活動を行っており、現在はそちらでの活動が主になっている(上述されているワシピンク/ラプター役も声の出演のみであるため、この名義でクレジットされている)。
    • 俳優としての活動は現在でも「市道真央」名義で行っている。
  • 本編終了後の客演でゴーカイジャーのメンバーはマーベラスが皆勤で客演しており、ルカは「スーパーヒーロー大戦」、「動物戦隊ジュウオウジャー」、「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」、「スーパー戦隊最強バトル」とマーベラスに続いて客演回数が多い。
  • と、思われたが実際は「ヨゴ映映画スタジオ」という単なる時代劇スタジオだった。